炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2024年5月30日

■人生をイヤシロチ化

 

梅雨入りの直前、一昨日まで豪雨に翻弄される2日間でした。

 

昨今、数十年に一度と言われるような災害が、頻繁に発生してます。

激甚災害のように大きなものであっても予知できないことが多いですね。

 

加えて地震・雷・火事・親父と言われた諺ですが、カミナリ様も古来恐ろしいものの例えに使われるくらいあの衝撃音は怖いですよね。

 

 

しかし一方、この雷というのは、カタカムナ的には貴重なエネルギー源でもあるのです。

カミナリ様は、稲妻と例えるように田の稲の生育には、とってもありがたいものなのです。

 

 

古来、『雷雨の多い年は豊作』と言われ、五穀豊穣を祈願して神に祈っていたから『カミナリ』と呼ばれた一説もあります。

 

 

これは、雷雲に高電圧(数千万ボルト〜数億ボルト)がスパークすることで、水の分子構造が粉々に砕けるように精妙になり、粒子となったマイナスイオンが地中に浸透し、土の中の美感電位を高めます。

 

まさに,イヤシロチの状態ですので、穀物も植物も深く根を張り、養分をどんどん吸い上げて実り豊かなお米が出来上がります。

もちろん土地の上は、マイナスイオンのが充満し綺麗で精妙な空気は、快適空間をもたらせてくれます。

 

これは、抗酸化空間のバリアを形成するようなものです。

 

穀物や植物はもちろん動物も、我々人間にとっても快適空間なわけです。

 

神社の拝殿の上に設けられたしめ縄は、雷雲と、カミナリを想起させ、カミナリ様が多くあありますようにと祈願したと言われています。

 

自然界において、ありがたいこの物理現象を我々人類は、

その良いところだけを作り出すことは可能なのでしょうか?

 

ご安心ください!

カタカムナの創始者楢﨑皐月は、この原理を人工的に再現する叡智や技術を開発し、現代に、残してくれています。

 

雷様の恵のエネルギーをいただく精妙な水は、電子水と呼ばれその製造装置もあります。

これは、大量に製造できる医療や産業用のものから

 

 

家庭用まで

 

 

各種開発されました。

 

でも、手軽にできる方法もあります。

天然エネルギーをチャージし、精妙で、浸透性やエネルギーの高い水を作る叡智も、わたしたちのイヤシロ教室ではごく当たり前の技術として満喫しています。

 

あなたにも、あなた自身のイヤシロチ化したお水を作ることも可能です。

お水を制するものは人生も制することが可能です。

 

そうなると、あなたの人生も変わります。

 

今日からあなたもイヤシロチ化と稲妻パワーの達人です

 

 

*最後までご覧いただき、ありがとうございました。

カタカムナ・イヤシロ教室のライン登録でお待ちしています。

 

 

 

2024年5月25日

■俯瞰する力

カタカムナ開設者の楢﨑皐月はあらゆる問題や、課題をカタカムナやイヤシロの叡智を活かし、解決してきました。

 

 

難問を解決する際、直観力を生かし、現象(カタ)を潜象(カム)の世界から俯瞰することで、得られるとも言われています。

ちょっと難しいので、イヤシロの磁場観測から例に取りますと。

 

磁場の観測には、核磁気共鳴の方法論を使います。

 

 

磁場とは磁束密度なので、磁束の角度(フッカク)を探し、X、Y、Zの3軸(3次元)のそれぞれの磁束密度を計測し、

それぞれの二乗したものを合計し、さらにその平方根が磁束密度の値で、単位はテスラで表します。

 

 

この観察したものを、さらに高度な次元で客観視し、高い考察をします。

 

観察と俯瞰はどちらも物事を理解するための手法ですが、それぞれのアプローチや視点に違いがあります。

それらの違いを相似象的に説明します。

 

観察とは?

観察は、目の前の状況や物事に注意深く目を向け、詳細を理解するための行動です。

具体的な例を挙げると:

  • 焦点を決める> 具体的な対象や現象に集中します。
  • プロセスを決める> 観察する際には、目の前の事実やデータを細かく見て分析します。
  • 例えば花を観察する際には、その色、形、香り、構造などを細かく見ることなど。

俯瞰とは?

俯瞰は、物事を高い視点から全体を見渡し、広い視野で理解するための行動です。具体的な例を挙げると:

  • 焦点を決める>全体の構造や関係性、長期的な視点に集中します。
  • プロセスを決める>俯瞰する際には、物事の全体像を把握し、個々の要素がどのように関連しているかを理解します。
  • 例えば、街全体を俯瞰する際には、建物の配置、道路の流れ、人々の動きなどを一望に見て、その全体の関係性を理解すること。

観察と俯瞰の違いは3つの違いがあります。

 

✅視点が異なる

・観察とは、 近くに寄って詳細を見ます。例えば、木の葉をじっくり観察する。

俯瞰とは、高いところから全体を見ます。例えば、森全体を見渡す。

 

✅目的が異なる

観察とは、 個々の要素や部分に焦点を当て、その詳細を理解する。

俯瞰とは、全体の構造やパターンを理解し、個々の要素がどう関係しているかを把握する。

 

✅時間が異なる

観察とは、 短期的な視点で、今目の前の状況を理解する。

俯瞰とは、長期的な視点で、過去や未来を含む全体の流れを理解する。

 

人生における観察と俯瞰の違いを、山登りに例えてみると。

  • 観察とは、 山を登っている途中で、一つ一つの岩や木、道の状態を細かく見ること。これは、足元を見て安全に進むために必要な行動です。
  • 俯瞰とは、山の頂上に立ち、登ってきた道やこれから進む道、周囲の景色を一望すること。これは、全体のルートを理解し、次の行動を決めるために重要な視点です。

しかし、人生の目的や大きな目標に向かうためには、両方の視点が必要です。

  • 観察する>日々の生活や仕事において、一つ一つのタスクや出来事に注意を払い、それを着実にこなしていくこと。
  • 俯瞰する>自分の人生を広い視野で見て、これまでの歩みや将来の目標を考え、全体のバランスや方向性を見定めること。

これらを組み合わせることで、現状と理想のギャップを理解し、目的に向かって効果的に進むことができるのです。

環境も、時間も、物質も、運気も同様にイヤシロチ化を図る場合、多角的な視野で解決の方法をさぐりましょう。

 

 

2024年5月23日

■楽しみなイヤシロチ化・結界編

太陽の光を浴びながらセロトニンを捻出し、幸せホルモンを満喫することも楽しい季節になりました。

 

昨日は、さらに幸せを満喫しようと、調子に乗って、お茶の器に、珈琲を淹れてみたのですが、

 

なんとなく美味い!

 

さらに調子に乗って、金粉を淹れているとますます美味い。

 

 

加えてイヤシロチ化した電子水をたらせば、サラサラの精妙な香りと味が口一杯に広がります。

 

まるで癒しの空間に入ったよう!

癒しの空間と言えば、なんといってもお茶室の結界の中ですよね。

お茶室では、結界が特に重要です。
結界は、竹や木で作られた仕切りのようなもので、客と亭主(お茶を点てる人)の領域を分けます。これにより、客は亭主の領域に入らず、亭主も客の領域に入りません。
このようにして、結界は心理的な壁を作り出し、お互いのスペースを尊重するのです。

茶室に入ると、最後に躙口の板戸を閉め、掛金(かけがね)をします。掛金とは、戸が開かないようにする金具のことです。

これで、茶室が俗世(外の世界)から完全に切り離され、守られた特別な空間になります。この空間で、お茶を楽しむことができるのです。

結界は、単なる仕切りではありません。

例えば、古の戦国時代は、いつ何が起こるかわからない不安定な時代でした。そのため、茶室の中だけは、騒がしい外の世界から切り離し、平和で神聖な場所にしたいという思いが強かったのです。このような結界のおかげで、茶室では心静かにお茶を楽しむことができました。

茶室の結界は、心と体をリセットし、新たなエネルギーを得るための大切な場所です。この特別な空間で、自分自身を見つめ直し、心を落ち着けることができるのです。

 

あるお客様は、和室に黄金パネルで結界を設えておられます。

 

 

カタカムナ用語の「いやしろち化」とは、お茶でいう結界の空間にいざなうことです。

 

いやしろち化は、環境を整え、心身を癒し、エネルギーを高めることを意味します。茶室の結界と同じように、いやしろち化も空間を清め、特別な場所にすることです。

 

だからこそ、お部屋やお家のいやしろち化を図ることで、茶室の結界と同じ効果を持つ空間を作り出すことができます。これにより、心地よい空間が生まれ、私たちの生活が豊かになります。家や部屋をいやしろち化(結界の創造)して、癒しとエネルギーを高める特別な空間を作りましょう。

 

イヤシロチ化は、材料を使い、手間がかかることもありますが、簡易的に誰でも作ることができます。

 

カタカムナ教室、イヤシロチ講座であなたも達人になれます。

 

イヤシロの世界へお気軽に遊びに来てくださいね!

 

 

 

2024年5月15日

■幸せホルモン分泌中

開運人生に一番必要なのは、直観力。

直観力を高める方法は数ある中で、私たちは『幸せホルモンの分泌が手っ取り早い』食べ物による方法もたくさんやってます。

その一つに、ドーパミンが多く含まれる食品を摂取することも楽しんでいます。

 

中でも、ムクナ豆はその特級の優れもの!

福岡県有機農業推進協議会の皆さ様と一緒に栽培し、楽しく摂取しています。

このムクナ豆の効能・効果が謳われているのは

✅除草剤の代替品としての利用できる

✅土壌保全や肥料としての利用できる

✅将来の食糧危機の救世主に期待

✅パーキンソン病に効果があり。

✅瀬川病の女性も今は薬を必要なし。

✅うつ症状にはジワジワ効果が表れてきます。

✅体を温めたり、動きを良くしたりする効果があり。

✅疲れやすさを解消。

✅L-ドーパがドーパミンに変換されるメカニズムが明快

 

等々

 

私自身、健康にも、疲労防止にも、睡眠促進にも大いに満足しています。

 

見た目は、藤の花のように綺麗
一粒で8升取れると言われる豊富な生産効率
ちょっと、難点があるとすれば、乾燥に時間がかかる
なんといっても、殻が硬いので、ハンマーで叩いても割れないくらい
機械がない場合は、手でひとつづつ割って豆を取り出す作業が面倒。

 

これは、趣味でないと出来ないほど。私は、作業小屋にミニコンポを持ち込んで

ジャズを聴きながらの作業。

 

このムクナ豆、使い道は山ほどありますのでそれまたその機会にご案内するとして、私自身は、

 

1️⃣豆腐にしてよし!

2️⃣味噌煮してよし!

3️⃣コチュジャンにしてよし!

4️⃣焙煎して珈琲風にしてもさらによし!

5️⃣黄粉にして、直接いただくもなおよし!

 

ってなことで、カタカムナ農法で、完全オーガニックの成果満喫中です。

 

自然食から、ドーパミンを増やし、幸せホルモンも心配ありません。

あなたも今日から、手作りのオーガニック生活して直観力を高めましょう!

2024年5月9日

■腸内のイヤシロチ化

心と体の健康は実感できると本当に幸せですよね。

先月、ついうっかり肋骨を骨折し、その激痛には2週間ほど悩まされ、

痛み止めの薬がどれほどありがたく思えたことでしょう。

この間一刻も早く治したいとの想いから、

イヤシロ健康法以外も素直に取り入れないと!

の思いから、ご近所の知人で、楽しく自然治癒力を促す

ナチュ楽 ☜

を主催するゆいこ先生にご指導を受け、プチファスティングを

行ったおかげで、思ったよりも早く回復しつつあります。

 

 

血液は腸で作られるという千島学説もイヤシロチ化の

原点ですので楽しく学べました。

 

加えて、後輩が作っている乳酸菌のサプリを飲んでますので、

 

 

腸内のイヤシロチ化こそ、血液サラサラのイヤシロ血の出来も実現できます。

 

ゆいこ先生の仰せの通り!

腸の活性は、自然治癒力の効果抜群なことを改めて実感します。

 

全く無関係ですが、今年は、町内の自治委員も仰せつかっていますので、

何となく必然性も感じてしまいます。

 

腸内の活性化は、健康法の基本を学んだ連休でした。

2024年5月7日

■イヤシロチ化の秘伝

カタカムナとは、相似象であり、そこには統一原理として、

宇宙は全てモノで成り合っていると示されています。

 

時間も、空間も、物質も、生物も植物も、目に見えるものも、目に見えないものも全てです。

 

その構成している一番小さな単位が素粒子ですが、

相似象を紐解けば、その素粒子を自在に制御する方法があるのです。

 

楢﨑先生は、時空量子力学とも呼んでます。

 

『しかし、量子を制御するって、そんなことってできるの?』

 

最初に私も、疑問に思いました。

 

でも、自然現象の中には、その動きが常時成り立っているものがあります。

物質をより理想状態に近づけていく方法論として、イヤシロチ化を挙げてみましょう。

 

昔から言われているのですが、

『雷様の多い年は、五穀豊穣になる』

ってことですが、

 

雷雲に帯電している、マイナスとプラスの電荷に、低いところで数千ボルト、高いところで数億ボルトの電位が

スパークすると、雨雲を構成していた雨粒が、粉々に砕け散って、水の分子構造が、めちゃくちゃ精妙になり、

マイナスのイオンを帯び、高いエネルギーが地中に浸透し、地中は素晴らしいマイナスイオンの宝庫になります。

 

 

 

 

当然、植物の根が張り、地中の養分をぐんぐん吸い上げ、地中のバクテリアも元気倍増です。

 

 

 

しかも、雨後の地表はマイナスイン満点で、空気も新鮮です。

 

楢﨑皐月翁が、天才と言われる所以は、これを再現できる装置を発明し、

一般家庭でも利用できる開発にも成功しました。

 

 

これを、カタカムナの用語で、ミトロカエシと言い現在では、

エレクトロンチャージャーとして活用されています。

 

この、半端なく、分子構造が精妙化され、高いエネルギーを持ったものを

電子水と読んでますが、この電子水が半端なくすごい!

 

美と健康にも欠かせないし、農業にも、畜産にも、医療にも、飲食の現場でも

素晴らしい成果を出しています。

 

このイヤシロチ化された電子水は、どこでも手軽に製造することもできますし、

電子風呂にとして活用する際にも転用できます。

 

最初の、量子力学の実証とまでは理解しにくいですが、イヤシロチ化を

生活の中で体験するのは、とっても面白い方法です。

 

このイヤシロチ化の総合的な応用が、意識の変容にもつながり、

開運や、願望を引き寄せる奥義にも繋がるのです。

 

イヤシロチ化の妙技、満喫いたしましょう!

 

2024年5月6日

■文化と歴史の継承

創始以来

『歴史と文化を忘れた民族は(例外なく)滅亡する。』

と、定説になっている言葉ですが、

我が大和民族もその歴史と文化を正しく継承していかねば滅亡してしまう。

 

カタカムナ創始者の楢﨑皐月翁の、その志は凄まじいと言えます。

 

大東亜戦争を挟み、戦前、戦中、戦後を通じて一貫して民族の発展のために

その研究と、実証に生涯を傾けられました。

 

その志を、

昭和45年、カタカムナ研究を世に公表した折に、宣言されました。

 

*カタカムナを世に創出した折(宇野多美恵先生に後継を指名した)

に図象符にも残されています。

 

 

、その凄まじい志を、ですが、

 

『戦死したつもりで、戦死した人々の代わりに、民族の未来のために、純粋に奉仕します』

と仰せです。

 

 

元々、天才研究者だったところ、当時東條英機元帥に、三顧の礼で軍に迎えられ

揺るぎないエネルギー開発や、戦後を想定した日本の平和と安全にも

実用できるさまざまな、対策や技術開発を残されました。

 

『戦死したつもりで、戦死した人の代わりに・・』

なんて、普通の発想では浮かび上がらないことです。

 

高級軍人として、満州にていろいろな研究をする中でも、

多くの部下の方を亡くし、実のご子息もその戦果の犠牲になりました。

 

私も目の前で息子を亡くした経験もあり、どれほどの深い思いかも想像ができますが、

全資産を傾け、命がけの殺人的スケジュールの中、最期までその志を貫かれた凄まじさは。

筆舌にはできないほどです。

 

その後継者の、宇野多美恵先生もその意思を最期まで貫かれ、私たちにも厳しく優しく

残してくれました。

 

もちろん、両師匠通りにはまいりませんが、

その民族の未来を残すためにも、

我が大和民族の歴史と文化は、決してはならないと思います。

 

現在、今のこの世情をもし、ご覧になれば、どれほど嘆かれたであろうかと思います。

 

しかし、今、出来ることに集中して実証する以外なく、

大和民族の歴史と文化、そしてカタカムナの叡智を実証したいと思います。

 

しかし、宇野多美恵先生と両師匠の残された叡智は、

日常生活に置き換えると実に面白く、

楽しく、豊かなものばかりです。

 

幸運の扉に役立てるよう、学んでまいりましょう。

 

2024年5月4日

■見立ての手法

カタカムナの奥義で願いを叶えたり、思い通りにことを運ぶには

持ち前の『直観力』をフルに開発することです。

宇野先生は、『直観力』をフルに開発するためにも、

見立ての手法を使うことを勧めてくださったのですが

私は、先生からこの話を伝授していただく10年以上前に、

世界の誇る建築家の磯崎新先生の講演をお聞きしたのですが、

表現は専門用語の使い方が違うくらいで中身はほぼ同然です。

物事を発想するのも、製造するのも、創造活動や、伝承するにも

表現するにも、本質を抽象するためには、何かに見立てることで、

より鮮明に、その中身が臨場感を持って浮かび上がり、

手に取るように浸透する実感がします。

カタカムナの図象符も宇宙の摂理や、人のあるべき姿を映し出しているのですが

それを、何かの見立てをしながら声音符として表しています。

祝詞もそうですが、お名前も、声音符や図象符に置き換え、

そこに見立てているものが潜んでいます。

あなたの名前も、図象符に置き換えると、数限りない、可能性が引き出せるのは

見立てられた、潜んでいた能力を知ることで、顕在化してくるからです。

今日から皆さんも見立ての手法を活用し

直観力を高め、運気をアップの達人です!

2024年5月1日

■今を満喫する想像力

想い通りの人生とは?

相似象を実証することであり、想い(目に見えない世界)と、現象(目に見える世界)が一致する法則を実証するだけ。

そのコツは、

『今やるべきことを精一杯楽しむこと。』

と、宇野先生より教えていただきました。

が、今やることを楽しむ?

としても、

やりたくないことや、やらねばならないけど辛いこと、嫌なこともありますね。

で!

やりたくないことを、やりたいことに変える想像力や、発想の転換ってあるのでしょうか?

宇野先生は

『沢山あります。それを見つけるのも楽しいですよ!』

ってことで・・・

私は子供の頃よりその天才と思われる方を見習っています。

一番の師匠は、マーク・トウエン著の『トム・ソーヤの冒険』

のトムの発想力の凄さです。

150年も前に作られたものですが、発想の極意は時の流れを問わず、知恵を使ったもの勝!

特に、嫌な仕事を如何にも楽しそうなふりをして、他人まで巻き込んで、いつの間にか、大きな資産まで築いてしまう。

その様は、自分自身に置き換えて何度も上手くいった経験もありがたく思っています。

今を楽しむための養成法は、リラックスと集中。

相似象学会では有効法として瞑想も色々な楽しいやり方を残してくれてます。

カタカムナウタヒの図象符はその大きな武器。

有効に活用し、瞑想することで、リラックスと集中が得られ、直観力も高まります。

今日のスケジュール帳には、嫌なことも書いてますが・・

トム・ソーヤの想像力にあやかり、今を楽しく満喫しましょう!

 

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2024年6月
● 2024年5月
● 2024年4月
● 2024年3月
● 2024年2月
● 2024年1月
● 2023年12月
● 2023年11月
● 2023年10月
● 2023年9月
● 2023年8月
● 2023年7月
● 2023年6月
● 2023年5月
● 2023年4月
● 2023年2月
● 2023年1月
● 2022年11月
● 2022年10月
● 2022年9月
● 2022年8月
● 2022年7月
● 2022年6月
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-