炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2023年9月7日

■奇跡のスイッチ

先般広告に載っていた「奇跡のスイッチ」っていうフレーズが頭から離れずにいたのですが、なぜ離れないかというと、カタカムナやイヤシロ、そして相似象、静電三法には日常的にはないほどの不思議な出来事が山ほどあって、スイッチを押すような簡単な作業で奇跡的な現象に遭遇できるからです。

瞬時に食べ物が変化するとか、長年悩んでいたアトピーが快癒したとか、糖尿病の方の血糖値が正常に戻ったとか、怪我で出血した傷が瞬時に止血したとか、古米が新米のように美味しく炊けたとか、自動車の燃費が伸びた等びっくり現象が夥しくあります。

しかも、誰でもすぐにできるのです。

その理論を理解し、第三者の方にわかりやすく説明するレベルには時間もかかりますが、実際に使うだけならば最も簡単に適応できます。

事例の数は山ほどありますが、瞬時に活用できるものも、数多くあります。

自由自在に、このノウハウを使って不思議な体験をしてみませんか?

カタカムナを使った奇跡のスイッチは誰にでも押すことができます。

イヤシロ教室でそのスイッチの押し方を学んでみましょう!

2023年8月28日

■問題解決力

現在の世界情勢はかつて人類が経験したことのないカオスの状態が続き、全く明るい未来像を描けません。

人口問題、エネルギー問題、食料問題、気候変動は世界共通、無条件に悪化の方向に陥る中で、国家間の約束事も、平和と安全からすると脅威の材料ばかり。

その根本的原因は、資本主義の間違った発展の推移につながります。

カタカムナの原書である、相似象学会誌には、上古代人は、人間の脳が発達し、知性や技術だけではやがて限界を超えて、収束に向かうと示されていますが、一方、生物的に備わった直感力を成長させれば、そのような崩壊の方向性を避け、成長発展する方向転換も可能と示されています。

一体,上古代のカタカムナ人の叡智はどれだけ優れた知性や予知能力をその和えていたのだろうと思います。

現状は、現状としてどのような時代も、あるがままを受け入れ、その現状にあっても、あるべき姿は見えるはずです。そのために、その時々の問題点を探り、原因を掘り下げ、改善点を見つけなら、短期的、長期的な視野を合わせま落ちながら、行動することが求められます。

イヤシロチの叡智では、その問題解決能力を向上するために必要な直感力を鍛え上げる方法も沢山残されています。

直感力を高めると、問題解決能力を高めることもできますし、運気を向上させる力も体質的に改善されます。

イヤシロ教室では、これらの叡智を、目的や意図に合わせてカリキュラムを作り、習得できるシステクがあります。

日々不安要素がつきまとう毎日ですが、問題解決能力を高め、自ら幸運体質を作り上げる力をつけていきましょう。

2023年8月23日

■電子水の効能

電子水とは、通常の水に特定の電子チャージャーを通じて電子を供給した水のことを指します。

この夏も、元気いっぱいエネルギーの高い水で抗酸化体質にして、厚さを乗り切りましょう。

電子水は抗酸化作用を持つとされています。抗酸化物質は、体内の酸化ストレスを減少させ、細胞を酸化ダメージから保護する役割を果たす可能性があります。これにより、慢性疾患のリスクが低減する可能性があるとされています。

驚くべき特徴の一つは、止血効果があることです。

そして、驚くことに傷も残りにくいです。

その効能の理由はいくつかありますが・・・

  1. 水の酸度・アルカリ度の調整: 電子水は、水の酸度(pH値)を調整し、体内の酸性状態を中和するのに役立つと主張されています。酸性体質は様々な健康問題の原因となる可能性があるため、アルカリ性水の摂取は健康に良いとされています。
  2. 水の浸透性の向上: 電子水は、水分子のクラスターを小さくし、細胞膜を通過しやすくすると主張されています。これにより、体内の水分補給が効率的に行われ、細胞に栄養分が効率的に供給される可能性があります。
  3. 毒物排出の支援: 電子水が体内の代謝を活性化し、有害物質の排出を支援するという主張もあります。これはデトックス効果と関連付けられています。
  4. 飲み水の品質向上: 電子水は、通常の水道水を浄化し、不純物を除去するために使用されることがあります。これにより、水の味や品質が向上し、安全な飲用水として提供される可能性があります。

論より証拠、まずは沢山飲んでください。

チャージャーをお持ちでないけど、一度使ってみたい方には、モニター制度もありますので、お気軽にお声がけくださいね。

2023年1月20日

■非の打ち所

カタカムナは、上古代人が宇宙の摂理を八咫鏡の文字にして記したものを、近代に楢﨑皐月翁が解読したものですが、現在でいう量子力学的な見識で著しています。

私の場合、イヤシロチ、いやしろについて、その後継の師匠に学んだのですが、師匠の教えは厳しく

「宇宙の摂理は、尊く気高く、崇高なもので、人としてのあるべき姿もなぞっている。そこで、この宇宙の摂理から見ると、現在の人間社会には、理不尽で合ったり、非条理であることも多い。そこで、人としては、不平や不満、愚痴なども言いたくなるのも、ものの道理だが、目的に向かって学ぶためには、人様や、世情の批判をする前に、自分自身が【非の打ち所のない努力を果たすべし】」

と仰られ、厳しいながらもその方向の努力は、してたものの,自分自身では解らないことばかり。

一つ理解できたかと思うと、それ以上の分からないことが見えてくる。

理想やあるべき姿を明確にするほどに、身近なところに、不条理と思えることが増えてくる気がする。

非の打ちどころのない世界って、どれほどのものだろうか?

そう思いながらの、毎日。

しかし、偶には思いきり羽を伸ばしたい気がして、自由な時間を過ごしてしまうこともしばしば。

そんな長年の生活の中で、見えてくるというか、カタカムナ文献に示されたことや、師匠から薫陶を受けたことが理解出来てくると、実に面白い。

カタカムナ文献の八咫鏡の文字を、楢﨑翁の解読法によって読んでくると、その意味が見えてきて、解読法の具体的解読が見えてくる。

2022年の終わりに、あるところが意識に引っかかり、その解読を掘り下げていると、自分の努力の中に非の打ちどころがたくさん見えてきた。

この一月、年末年始を挟み、その非の打ちどころを解消する、イヤシロの再現に努めてみると、正直意識の調整ほど難しいものはなかった。

しかし、その中で静電三法を駆使していると、まあ、イヤシロの生活の面白いことを沢山再発見出来た。

イヤシロに秘めたものや、静電三法に記されたあるべき姿はこそ、「非の意打ちどころのない世界」に見える。

実際の生活には、その打ちどころは満載だからこそ、その問題解決にイヤシロの叡智は遺憾無く発揮できることも再発見。

自分自身、まだまだ学びのゴールは見えないのですが、この楽しさや、凄さはさらに探求し、この不条理な世情にも十分に活かせるよう、イヤシロ教室にてお伝えしていきたいと思います。

自分で学ぶにはまず、意識の調整はカタカムナ瞑想からです。

 

2022年12月16日

■波動のイヤシロチ化

波動って、良くわからないけど精神的にも肉体的にも良いものだろうって

感じの捉え方をされる方って多いのだと思いますが、波動の言葉どおり

周波数と振動の事です。

物質の最も小さな単位は原子と言われてましたが、最近では素粒子と言い換えていますが、

物質も、精神の放つエネルギーも周波数を持っていますので、その特性を

より精妙にすると良い波動にいざならわれることになります。

 

環境にも、食べ物や、飲み物にもその波動は存在しますので、良い波動の環境で、

より精妙な波動の食じと、心の持ち方を精妙にしていれば、良い波動の生き方が

できます。

 

より精妙な波動を維持することが、より豊かな人生や環境を高めることになるのですが、

決してスピリチャルな世界観の話しでは有ません。

 

目で見てその波動の清らかさを確認するには、酸化する速度を見ればわかり易いのです。

 

同じ条件下で、植物が長持ちしたり、早く枯れたりとかの現象の差が見かけられると思いますが、

やはり長持ちする環境は、波動が精妙ですので、イヤシロチに近いと言えます。

 

この環境下で、安全安心に過ごすことで、豊かで思い通りの生活ができます。

また、思いがけず災難に出会っても、より冷静な判断で、より具体的に必要な処理を促せます。

 

豊かな人生は、イヤシロチ化された環境で、イヤシロチ化された食事と生活を送り、

この大変化の時代を豊かに過ごしていただきたいと思います。

 

イヤシロチ化の方法論は、イヤシロ教室で行っています。

是非ご一緒に学んでまいりましょう!

 

2022年12月11日

■いやしろの食糧対策

この一年間本当に、心配していた事が全て顕在化し、安心して快適な生活がどんどん脅かされれきますが、これから日本のあるべき姿を考察しても非常に厳しいものしか見えて来ません、

随分前から、食料問題はなんとかしなきゃと、国際的にも叫ばれていた問題です。

この非常事態は、気候変動の視点からも短期的に対応できるものでは有ません。

温室効果ガスの排出を止められず温暖化に進んでいる問題もありながら、反面地球のバイオリズムから氷河期(寒冷期)に入っていこうとしている事実も挙げられます。

どちらの視点に立っても、矛盾している難題が共存する不思議な状況です。

しかし、大事なことは、どのような状況にでも予測できる対応策を考察し、無駄になってもその準備は必要です。

寒さに強い食糧対策とは?

暑さに強い食糧対策とは?

カタカムナの目指すあるべき姿には、叡智があり電子農法はどちらにも対策はあります。

もちろん食料問題は、個人では解決できるレベルでもありませんが、少なくとも個人や家庭生活を安心して送るための準備は可能です。

イヤシロ教室ではその設備も素材も十分にご用意しています。

ぜひこの機会に、学び、非常事態の対策を行っていきましょう!

お問い合わせはこちらまで!

2022年11月23日

■カタカムナ珈琲館

本日は国民の祝日、勤労感謝の日

働ける喜びを感謝します。

と言うことで、今日はカタカムナ珈琲館をOPENです。

お客様のリクエストはなんでもOK。

レコードとCDの在庫があるものはよりどりみどり。

珈琲も、本日はどれも均一価格でサービス。

個室の貸切も(この場合、時間制限はあります)空いていれば超OK.

今朝早く一件、ご予約済み。

リクエストは、ジャズ、クラシック、ポピュラー、ロックと幅広いお方です。

コーヒーは「まちこの杜」と!なかなかご趣味がおよろしい方。

電子水もフルサービス。

電子ベッドで休息もオッケーです。

お気軽にお立ち寄りくださいね。

 

 

2022年11月18日

■覚醒体質へ

体質で片付けられる表現って多いですよね。

そもそも、「体質」の定義は

(からだの性質。遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。)と、辞典には表現されています。

この時代、運がいいとか、悪いとかで、幸せの尺度を変えられることも多くあります。

例えば、あの方は「幸せ体質だから」とか、「苦労体質」とかなどの言葉ですが。

では、それぞれにその特徴を捉えると、

私の周りにも多く見えますが、前者の方は、常に喜びと感謝に関することを口にされます。

一方、後者に見える方は、常に不平や不満をこぼしています。

心の投影が立ち居振る舞いや習慣を物語っていると思います。

他人のせいにする方は、愚痴や不満が多く、うまく行ったことに感謝や喜びを環境や周りの方々のおかげと評される方はやっぱり、日常生活でもうまく行っているようにしか、見えません。

今朝の、ウェブサイトの報道を見ると、他人批判や、個人攻撃が見えました。

我が日本の平和と安全は、政府にお任せでできるのでしょうか?日常生活が、地方の行政の批判でうまくいくのでしょうか?

今こそ、自分の身の回りのことを自分でしっかり守り、何が起きても自分自身で生きていける方法を考えて、それに近づける準びは日等ような時と感じます。

カタカムナは、古代縄文よりの「人間のあるべき姿」を文字や記号に置き換えるために、書いたものです。

古くから、自分のことは自分でする。これは当たり前です。

自分の周りのことを整える、これが自分の国のことを国民が守り、創造する意識が今求められているのではないでしょうか?

ナショナリズムと言う表現もありますが、自分の国に残された大切な文化を守り、継承することも立派な、ナショナリズムと思います。

自分を守る日常生活へ、自分の幸運になれる体質になるように覚醒をしていきましょう!

 

 

2022年11月9日

■瞑想で運気高揚

昨日の皆既月食は442年ぶるとか?

私はずっと見ていましたが、やっぱり天体や宇宙の神秘は凄いですよね。

果てしなく広がる光の海を、豊かに流れる風に身を任せていると、まるで星座の主人公にもなった気分でおおらかな気持ちにもなります。

世知辛い浮世の出来事に引きずられていると、ついつい目の前の雑事に気を取られ、本当に人生において大切にしていることなどに、焦りや強迫観念に囚われ、至らぬ駆け引きや、他人依存的な考えに至ったり、責任逃れの振る舞いになったりと、いつの間にか望まない結果に翻弄され、ついには悪循環のできほとに振り回されることもありますね。

しかし、天体はいつも変わらず広くて大きな力で包んでくレているのです。

どんなに苦しく辛い時でも、宇宙や天体(天)の法則は私たちを豊かな時間で包んでくれて。自らの力であるべき姿をみつけさせえてくれます。

カタカムナの存在は「相似象」全16巻に示されていますが、そこに書かれている宇宙のその法則がカタカムナにつながります。

ご著者の宇野多美恵先生に直接お聞きしましたので間違いありません。

豊かな心で、豊かな人生を引き寄せましょう。

豊かな心を醸成してくれるのが、イヤシロ瞑想です。

ぜひ、イヤシロ教室でおご一緒に学びませんか?

お気軽にお声がげくだいね。

2022年11月6日

■値上がりの限度

今年になっての価格高騰は予測が不可能なくらいの勢いで上昇しました。

そこには、コロナ禍、ウクライナ問題を始め国際的にもかつてないほどの激動の原因があったとは思いますが、止まるところを知りません。

私どもの炭の世界でも基本は現金取引なので、取引するたびに値上がり分を確認してからでないと気軽に在庫の発注すらできない状態です。

長く据え置いてきた価格ですが、物価の上昇率にまだおぼついてなくこれまで、送料もずっと控えていましたが、先行きと現状を見ながら調整して参りたいと思っています。

しかし、安全安心に勝る大事なことも有ませんので、食事や食べ物に関するものはできる限り据え置いて参りたいと思っています。

送料については市場の動向にもある程度合わさせていただきたいと思います。

いいものを長くご利用していただけるよう、日々度力重ねてまいりたいと思います。

いやしろの叡智と、技術を継承して皆様に安全と安心をお届けして参ります。

今後とも、よろしくお願いいたします。

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2024年2月
● 2024年1月
● 2023年12月
● 2023年11月
● 2023年10月
● 2023年9月
● 2023年8月
● 2023年7月
● 2023年6月
● 2023年5月
● 2023年4月
● 2023年2月
● 2023年1月
● 2022年11月
● 2022年10月
● 2022年9月
● 2022年8月
● 2022年7月
● 2022年6月
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-