炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2020年10月31日

■波動の調整

イヤシロチの目利きは、相似象や静電三法に基づいた電子物性の調整を果たされた師匠よりご教授いただいたのですが、イヤシロチとは、美観電位が優勢化していると知り、土地の状態をはかる、電位の比較テストでその電位差の変動を、国の測定方法を鑑み各処の特性を調査してまいりました。

電位の状態以外に、磁場と呼ばれる磁束密度をフラッグスゲート方式で測定しています。

この方式は、0点のドリフトが非常に小さいことがその利点です。地磁気の次回は体感できるレベルでは極めて小さな変動磁界を測定する必要があります。

この方法以外にも色々な測定方法があり、ホール素子方式も有名ですが、これは強い磁界の測定に向いていて、この地磁気の測定にはまったく意味がありませんので、一般的な土地の測定には不向きです。

私たちは、この磁場の特性と電位差の特徴から、イヤシロチの目利きに科学的根拠を付け加えて判断しています。

この、イヤシロチの測定の経験を生かし、日常生活の中で人の健康や心の安らぎに、そして癒しにつながるものを長年模索しています。

まだまだ奥深くて、興味も探求もつきませんが、研究の成果はどんどん広がっています。

体内磁場にどう影響するか?

そんなテーマも面白いですよね。

電子の状態が安定し、より優勢度が高く、粒子が細かいものを電子水と名付け、その摂取することで血液サラサラになり、心身の安定と自然治癒力の向上にもつながっている事例は山ほどあります。

食材や、厨房機材に電子を供給し、その結果食材そのものが粒子が細かく浸透性が高まることの事例もその効果の一つです。

また、磁場の改善のために炭素埋設を施工することは皆さまご存知の通りですね。

古来よりの英知として有効な物性の安定の驚くほどの効果をもたらせます。

その炭の遠赤効果を繊維に織り込み、さらに電子物性の安定度を増す施術等を加えて人体の癒しにつながる方法も事例としてかなりあがってきました。

癒しのための、波動調整って面白くて、こんなに効果があるのかって驚かれる方も多いです。

是非お試し下さいね。

2020年10月12日

■バクテリアうなぎ

先に、電子水と電子チャージしたうなぎのご案内をいたしましたが、この電子うなぎに加えて、さらに見事なものがバクテリアうなぎです。

一般に天然のうなぎは自然界の川で育ち、成魚になっていきますが、全国どこにいてもそこに存在するバクテリアを摂取して成長しますが、養殖の場合、必要なバクテリアが不足します。

そこで、養殖の元水が川の流れを引き入れたものであろうと、水道水を持ち入ろうと、そこの場所に存在すべきバクレリアを増殖し、天然の環境かそれ以上の豊富なバクテリアの存在する状況に誘う技術があります。

特に、岡山のR社はその権威で実証例も全国的であり、どこにいてもその地域に存在すべくバクテリアを増殖させる技術は目を見張ります。

その、育成法で成魚になったものは、捕まえてもヌルヌルしないのです。そして、掴んでも臭みも匂いも全くしないのです。どうなっているのかわからないくらい不思議です。←動画解説

うなぎの皮の周りのヌルヌルはストレスを感じて発散する症状らしいのですが、このヌルヌル成分が分泌されません。

そして、肝心なその味は、天然物とまったく区別がつかないほど旨い!

そんでもってこのうなぎを食べると、うなぎの魅力に対する感覚が変わります。。つまり、美味しさと食味が違うのです。

コラーゲンの豊富さに加え、皮の部分の味がうますぎ!そして肝心の肉質が柔らかホクホク。

うますぎて、ほっぺ落ちそうとはこのことか?!とうなずきっぱなし。

そこで、楽しみな話が、電子バクテリアうなぎはどれだけ旨いのだろう?想像ができればあなたの感性もプロなきです。

もちろん、私たちは養殖の許可も持っていますので、実際にやってみました。

で、想像通りの満点うなぎです。

さあ!電子バクテリアうなぎを日本の新しい食文化に誘いましょう!

2020年10月11日

■電子うなぎ

日本の食卓を飾る美味しい主役は数々あれど、中でも庶民にとって大人気なのが《うなぎのかば焼き》ですね。

うなぎと言ってもいろいろな料理法や食べ方がありその楽しみ方も万種万段階あろうかと思います。

そのうなぎですが、絶滅危惧種にも指定され、一時は食卓から消えるのではと大きな心配が取りざたされた時期もありました。

一方で生産者や食材提供の立場にある方々のご苦労もあり、純日本産や外来種の供給でかなりの保管が窮地を救ってくれています。

今年は、純日本産のジャポニカという品種も豊漁のようでしたが、ピンチの時はかなり外来種の補完がなされたようです。

素材としては、なんと言ってもジャポニカの天然物に叶う対抗馬はいませんが、料理方法等で相当に追いつけるようになりました。

養殖技術も向上し、ジャポニカ以外のビカーラやパシフィカ等も肉質は向上してきました。

しかし、養殖ものには生産性を向上させるため、成長を早く促す成分の餌も少なくなく、私たちの感覚でも、臭みや、食感を損なわせるものもあり、がっかりすることも中にはあります。

そんな中、養殖のうなぎでも。本当にエグミがなく、ふわふわとろとろで皮はサクッと香ばしく、程よいコラ^減の旨みを向上させる技術もあります。

そこで、目を引くものがあり、その名も電子うなぎ。電気うなぎではありません。

養殖場より仕入れ、1週間ほど電子チャージされた水槽につけるだけで、先の旨みがドパット引き出され、とっても美味しい電子うなぎの誕生です。

匂いもまるでなくて香ばしい焼き上がり。お口の中でふわっととろけるように染み渡ります。

中でもうざくにしただけで、超人気店になったお店も多いです。

電子には、デトックス効果もあり(不純物を出す効果)、ストレスも少なくさせるため、元気で天然もののような食感です。

ぜひお近くのお店でご賞味くださいね。

 

2020年10月7日

■心と体のα波化

昨日瞑想のお話しをしたところ、

《精神を整えるためのグッズとかはありますか?》

とのご質問をいただきました。

体調のイヤシロチ化については、色々と方法論はあります。

まず、血液がサラサラになる方法。

そして、イヤシロチに佇む実感を持てる方法。

アドレナリンが上がることを体感できる方法など、様々な手法や英知が相似象に記されています。

しかし、手っ取り早く体感をしてみるためには、物質変性法の体感が面白いと思います。

物質を変性すると言う体感は、味覚や食感を通してわかりやすいものです。

例えば、食べているお肉が柔らかくなったり、お水がサラサラになったり、プリンがよりまろやかになったり、タバコの味が軽くなったりと言った体感です。

そんなことが瞬間的に体験できますか?

と聞かれるのですが、そこは、論より証拠です。

その一つに、《いやしろ浄化炭》があります。

物質の分子構造が変わるというよりはより精妙になるのです。

いやしろには沢山のびっくり現象がありますが、これもその一つです。

あなたにも、簡単に手にすることもできます。

食べ物の味を変えることができるって、魔法使いみたいですね。

手に取った方。

今日から、あなたも魔法使いです。

2020年10月6日

■瞑想といやしろ

ある後輩夫婦は、お二人の娘を高校のインターハイ選手に育て上げ、大学も志望校に誘うと言う素敵な子育て実施中。

次々と人生の目標を、若き日より実践教育されまさに日本の宝と言えます。

奥様曰く、《子育ては国防》

ご主人曰く、《国防は、家庭の平和から。まず日常生活を充実させなくては》

と日本男児の鏡と言える箴言を教えてくれるのです。

実は、彼はたまたま大学の後輩にあたるため、平素よりちょくちょく一献お付き合いを頂いているのですが、本当にどうしてここまで出来過ぎな家庭が出来るのか?感心しきりです。

で、もう一つ彼の素晴らしいところは、朝晩、空いた時間に瞑想を日課にしてそれを満喫しているところです。

これは、もうイヤシロの実践者としての鏡です。と言って彼はイヤシロのことはそんなに深い知識はないのですが、生き方が素晴らしい。

まず、彼は人生の目的を持って明確に抱いています。

そして、あるべき姿を、お仕事にも、家庭にも、地域社会とのつながりにも明確に示しています。

それに対し、現状との比較をし、ギャップがああればその原因を深く掘り下げます。

そして、改善すべき方向性を見出し、あとはギャップを埋めるための作業に取り組まれます。

それには、まず冷静な判断が必要で、その判断を促すためにも、瞑想をし、心と体の安定を図ることが必要なため、毎日の瞑想を欠かさないと仰せです。

そこで!私の立場で言わせていただければ、冷静な判断を促すための思考は素晴らしいけれども、その時の環境が悪ければ冷静な判断にも問題が発生しやすいのです。

イヤシロチとは、外乱を防ぐ素晴らしい環境です。

外乱とは、騒音、振動、気温、湿気等の五感を乱す原因です。

その外乱が少なくて、心も体の宇宙のパワーを浸透できるような環境での瞑想は彼の目指す、冷静な反dなんと必要な努力と行動を促します。

判断が正しくて、それにともなく行動が連動すれば、もう怖いものなしです。

イヤシロチは室内のしつらえでも創ることは可能です。

具体的には、寝室やリビングもイヤシロチ化することができるのです。

その環境を大がかりではなく、みじかな作業でも創ることが可能なのです。

素敵な。イヤシロチをご自宅に作り、心と体の安定をもたらすなかで、瞑想を楽しんでみましょう。

思い通りの人生が手に入るはずです。

2020年10月2日

■気候変動の捉え方

先月は、大きな対風が③回続けざまに襲ってきましたが、事前の予測よりは規模も勢いも弱まったものの。災害や犠牲にあわれた方も少なくなく、今年の後半も油断できない日が続きます。

10年くらい前は、地球温暖化の問題で、京都議定書に調印された批准をどう守るか?と言う話題で持ち切りで、温暖化の影響による災害の激烈化や、温度上昇に共ない、自然界の生態がどう悪影響をもたらすか?と言った危機意識の話題がつづきました。

私も、防災士の資格を取りこの対策の一助にいやしろの技術や情報が役に立てればと色々と対策を講じましたが、この数年の相田に高まった学説では、地球の歴史的流れもあって、寒冷期、ミニ氷河期の流れも浮かび上がり、既に寒冷化の災害も多く事例が出てきました。

これは、どちらの方に流れるのかと言う視点でなく、同時に機構的なものや気象的なものが存在する事も事実です。

では、どうすれば好いのか?

の具体的な方法論は、どちらかに決めつけた対策は矛盾も孕みます。

相似象、イヤシロの考え方は、どちらの状態にも対応できる技術や叡智を活かし、準備を図る事です。

寒い季節に強い対策、暑い季節に強い対策ってあるのでしょうか?と、言うご質問も良くあります。

が、実は、対策の方法はどちらも同じ基本技術です。

土壌をより豊かにし、微生物が繁栄し、や温度変化に対応できる準備は基本的なものが同じなのです。

基本時技術は同じでも、活用法や、応用技術の組み合わせで対応可能です。

気候変動に対する問題も、コロナ禍に対する問題も、バッタの問題も、食料やエネルギーの問題もこれをどう準備するかが大事です。

これからの時代、どう生きるか?何を準備するか?

いやしろも、色々と対策を講じています。

気候変動に対する考え方も、いやしろ教室でご一緒に考察して行きましょう。

2012年10月27日

■いよいよ最終回。イヤシロチのおとぎ話

迎えて、収穫の秋.
ここに。驚きの事件。

何と、毎年米の年貢の計測にきたお役人から、一気に増えた収穫の成果に今までの分をごまかしていたと疑われる始末。

と言うのも、それまで一反あたり4俵、全部で20表しか取れなかった松五郎の田です。

それが何と5反の水田から40俵の収穫になったのです。

その後は、あれほど絶え間なく続いた、病や事故、争いも無くなり、米も野菜も頑張るだけ豊作に恵まれ、今ではけかれちの松(村の意地悪な連中は、ケチ松と呼んでいたのが嘘のよう)が、いやしろちの松と自他共に認めるようになりました。

しかし、この話は秘伝にしているよう爺様にされていたので、村人は不思議でしょうがないのです。

が、性根をすえ素直に爺様に教えを請うものだけが、ひそかに豊かな実りを得ていったのは簡単な想像でした。

後日、報徳爺さんに金次郎さんが、あの時の、地鎮祭前、爺様のお師匠さまのような方は何をされていたかをお尋ねしたのですが、それだけは最後まで明らかにされませんでしたが、報徳式と言うことです。

爺様のお話で許される限りでは、

「この世は、所詮浅ましい人間の我侭で成り立っているように見えるが、さに在らず、天の恵みと、地の恵み、更に言えば宇宙の定めによって成り立っている。わしがそなた方に教えた事は、あくまでも土地の力を少しあげる方法を説いたまでじゃ。」

「土地の奥深く、天高く迄、自然の法則に逆らってありがたい人生など送れる筈も無い事は、よく考えれは当たり前の事じゃ、あの時に行ったのは、松五郎のうちとそなたのうちと、それぞれに結界を張ったのじゃ。」

「人生なんて、目に見える物ばかりで左右されているわけではないと言うことぐらい、われわれは頭では知っているはずじゃが、その結界とは、この世とあの世の境をつける事、平たく言えば、運気をあげるための方法を集中させたのじゃ。」

「邪気を遠ざけ、もとよりある運気を逃さない。あのお手伝いをお願いしたのは、わしのお師匠様とお供の方でその達人ぢゃ。」

「つまり、大きなお力をお借りして、邪気を遠ざけ、運気を逃さない気を入れて貰ったのじゃ。そなた方の、真摯な心は本物と思って特別に頼んだんじゃ。しかし、所詮、人間の真心は、易きに流れやすい故、当たり前のことを一所懸命に行い。間違えても、心に邪気を起こし、つかんだありがたき運気を自ら失う事などとんでもないぞ!」

「日々ひたすら感謝と報恩の心で暮らすのじゃ。この事、生涯忘れるでないぞ!」

と、諭され、金次郎さんは、そのことを深く実行すると共に、松五郎一家にも噛んで含ませるように教えを説き、いつまでも元気で明るく暮らして行ったそうな。

めでたし、めでたし。

2012年10月24日

■完結間近、第9弾(イヤシロチのおとぎ話)

イヤシロチ化の方法(第9話)

その地鎮祭の数日前に、なにやら報徳爺さんは爺さんの知り合いなのか、先生なのか、当地の氏神様とは違う神主のような方を伴い、松五郎の田畑に赴きました、この地鎮祭に際し、前後二日にわたり極めて恐縮した様子でした。

爺様は、気にするなと言っては、その事には触れてはいけないような様子でしたので、一同すべて磁場の改善に集中し、その日の施工にかけるのみと一日千秋の思いでした。

いよいよ、地鎮祭に際し、氏神様を向かえ、地鎮の儀がはじまり、その作法も柏手や玉ぐしの意味まで練習した通り行い皆緊張の中無事終了。

直会は、お供え物のお下がりを頂きます。

お供え物や注連縄飾りの意味、その他昔からの言い伝えかと思っていたありがたいお話も、なるほどと、更に報徳爺さんの博識におシマはすっかり心酔してしまった様子でした。

いよいよ、磁場改善ですが、所定の場所に、所定の穴を掘り、大量の炭や、炭の粉を爺さんの指示通りに埋め、沢山の水を汲み出す作業も松五郎と金次郎一家総出の大仕事になりました。

3日がかりで、5反の水田と自宅の周りの磁場改善を行いました。

これは思った以上に重労働でしたが、図らずも天気にも恵まれきつかった作業も和んだ雰囲気の中進めることが出来ました。

驚いたことに余り疲れが尾を引いていてない事に気付き、あたらめて炭の力が復元力をもたらし、土地の力に左右していることを実感したものでした。

その後、時は瞬く間に一週間が過ぎまして、それからはびっくりしたことの連続の日々です。

その不思議な出来事は松五郎一家だけでなく、金次郎一家にも及び村人も人事でないだけに報徳爺さんの話を思い出しては皆でああでもないこうでもないと、不思議半分ありがたさ半分と言った気分です。

先ず、おシマが驚いたのは、あの日以来幼いその長男のひどい咳がぴたりとやんだ事。

埋設した穴の上に置いたどぶろくがまるで、上等酒のようにおいしい。

じめじめした暗い感じもさわやかさを感じるようになり、日に日にその驚きの話も枚挙に暇が無いほどに膨れ上がります。

これには想い当たる節もあります。

それは、元々いやしろちに住む金次郎さんが、元気で明るい家庭を築いていた事に重なる想いがあるのです。

全く他人事ではない気持ち、松五郎もおタネも日を追って元気も回復し、野良作業も十分ではないにしろかなりの量をこなせるまでになり、秋の収穫に向け、一同希望と元気を取り戻しながら、明るい笑い声も聞こえるまでになりました。

続く・・・

2012年10月20日

■いよいよ後半第七弾(イヤシロチのおとぎ話)

7弾の巻き・・・(ケカレチをイヤシロチに変える。)

そのために必要な覚悟とこれからの生き方を一晩じっくりと夜を徹して話したのです。

「ほら松どん覚えてるだろ、子供のころ松五郎どんに誘われ、裏の爺さまのスイカを食い荒らしたのがばれて、納屋に一晩二人で縄に縛られ、翌朝まで一晩中べそをかきながら、しゃべり通したじゃろ、懐かしいがあれ以来じゃね」
と、夜の明けるころ懐かしく始めた昔話からとっくりと打ち解けあったのです。
「金次郎どん、癒しの土地と言ったか・・・その土地の力の改善とやらに掛けてみようと思うんだ。ほんでわしら全力を尽くして、生まれ変わりたいと思う。だが、報徳爺様の知恵も必要だし、金次郎どんの力もやはり必要と思うで、何から何までかたじけないが、これまでの我侭のすべてを水には流せないだろうが、何とか力を貸しておくれでないかい。」
金次郎さんは、「うん、うん一緒にまた頑張ろう、、」と言うばかり。
「本当に恩に着るが、ひとつ頼むで」
と、松五郎も素直に侘びと願いを込めて苦楽を共にした幼馴染に、微笑ましい笑顔が戻る瞬間であった。

しかし、ことはすぐには進まず、話が進まない事情も出てきた、それと言うのも甥っ子の嫁のおシマが全くしらけてしまっているのだ。
松五郎は病弱なおタネと共に、貧乏と怪我や病気が骨身に沁みて、どうにかして元の元気な生活が出来るようにと、祈るばかりであった。
一家の心からの願いでなければ引き受けないとの、報徳爺さんの話は、決して無理強いはならない事も解っていたので、出来のあまり良くない嫁に対し、
「後生だから信じておくれ」
と一週間の間ほぼ毎日祈りと願いを込めて水と薄いかゆを啜っての生活で、なんとか嫁を口説き落としたにです。
更に子孫にまで及ぼす災いや悪影響をなくすための一時的な浮かれた事としてはならないと諭し続けようやく
「心よりお願いしします。」
と言う本気が伺えたのは祈りと説得をし始めてさらに一月後だった。

2012年10月18日

■第六弾目です!『イヤシロチのおとぎ話』

第六話

松五郎さんの住んでいる家や、水田がけかれち(気枯れ地)と知ったショックも去ることながら、自分の土地がいやしろちとも診断され、嬉しいやら哀しいやら。

しかし、けかれちに住む松五郎さん一家の苦しみを目の辺りにしている金次郎さんは、自分だけでなくて、いやしろの叡智を皆で分かち合いたいとその思いはつのります。
金次郎さんは報徳爺さんに願い続けます。

「爺さま!私の家がみんな健康で、作物も思うように育ってくれて、台風の被害や地震なんかの災害にも、流される事なく穏やかで豊かな生活が、いやしろ地のお蔭様と、ようく解りました、これまで以上に感謝してこの豊かさを積み上げられるよう、一層感謝して精進します。」

「しかし、やんちゃで、我侭に育ったとは言え、松五郎どんは、私の大事な幼なじみです。
今の松五郎どんを見ていると、私ら家族が自分たちだけの欲を突張っているようで、松どんの家族を見るのが忍びなく、何とかできるものなら皆で力になってあげたいのですが、何とかその良い知恵や方法を貸して下さい。お願いします」

「今では松どんも、憔悴しているところですが、何とかもう一度皆で楽しく過ごしたいと、涙を流す毎日に、私も一緒に頑張りたいと思うのです。」

「そうか、流石!金次郎どんじゃ、その、皆で豊かに分かち合いたいと思うその心は、いやしろちに住む者に相応しい、イヤサカ(弥栄)の心と言うものじゃ、大切にするんじゃぞ!」

「まあそれまで言うなら、方法もなくは無い。わしの言う事を信じてその通りに行うと覚悟と約束をするならば、秘伝を教えてもいいが、覚悟はあるか?」

「それから、土地の力の話をしたが、これは只土地の本来の力の事で、土地が災いをするとか、福をもたらすとかの話ではない。そこの点を勘違いするでないぞ。そこに住む人間の心根の方が人生を福にも、災いにももたらすのじゃ」

「だが!もうひとつ!わしが言っているのは誰でも出来る土地の力の改善する方法じゃが、本来土地と言うものは、天と地の恵みのもので、人間が勝手にここは、誰の物だとか言う物でもなければ、その境目なんてありゃせんのじゃ。もうひとつ、高いレベルで見ると、わしごとき者の、目に見える工夫では補えない天の恵み、地の恵みをつかさどる、いわば天照皇大神様の示す宇宙の本来の法則に従った、運気の改善なのじゃと言う事も、考える必要があるが、その点もようく理解が必要じゃぞ!」

「勿論です、そのためにこの人生をかけてもいいです。いや、これからの人生の仕事として取り組みたいのです。どうか、松どんの土地の力を蘇らせるよう改、出来る限り努力をしたいのです。なにとぞひとつ良しなにご指導お願い申します。」
「解った、ならば力も貸そうが、その前に、松五郎どん本人の覚悟と、一家の意思統一が必要じゃ。」
「その決意が固まったら、今一度、声をかけよ。すべてはそれからじゃ!」

金次郎さんは、踊るような心の弾みに、つい歓喜の声を出しそうになる心からの感動を穏やかに沈め、松五郎さんを誘って、金次郎家の裏の炭小屋へ向かったのです。

続く

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-