炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2021年10月27日

■いやしろパワーはオーガニックパワー

 

r今の時代になってオーガンックの素晴らしさは言うまでもありませんが、持続できる開発目標としてSDGsが世界的の潮流の原点になっているような流れですが、これにはオーガンックの持つ意味合いが色濃く反映されるべきと思っています。

オーガンックの目的の捉え方は、「水汚染や土壌汚染、大気汚染から環境を守り、健全な食物連鎖と、人間の健康を守ることと称されますが、まさにこれはいやしろ、イヤシロチの状態であり、カタカムナの目指すところでもあります。

オーガンック=いやしろ=カタカムナではりませんが、目的に対して同じ方句を目指すのは同一です。

相似象にも、静電三報にも書されていますが、天然界のエネルギーの中でもその素晴らしい効果を得たものがいやしろであり、イヤシロチである。

その最たるものが雷様のエネルギーの凄さや素晴らしさを知り、これを安心安全なレベルに落とし込むことが大事ということです。

雷様のメカニズムを少し覗くと

安全安心に再利用は難しくとも、原理を活用した再生は可能です。

それらを実用化したものがエレクトロンチャージャーであり、その成果物が電子水なのです。

オーガニックの再生にはこれまた必要不可欠と呼ばれる所以です。

電子水の活用で、オーガニックの成果は、食料、食材、健康食品も、動植物にもなば広く活用されています。

オーガニックの活用を日常的に満喫できるように頑張ります。

 

 

2021年4月28日

■食料危機を避けるために

カタカムナの奥義や、技術的な者は楢崎翁と宇野多美恵先生が《相似象》にて詳しく残してくれてますが、その中には当時の未来予測として、《公害の問題》や《食料危機とその対策》にも触れています。

いまから50年も前に、現在のこの状況を推察されるなんてまさに、楢崎皐月翁はカタカムナの神のようです。

それには、すべからく原因と結果の法則でしっかりと脈絡を揃え、エビデンスを先に準備されているかのようで驚きでです。

冒頭の、食料危機に関する提言は、現在の日本の抱える状況と少し違っていますが、迎えたくない悪条件と、理想とすべき姿も推し量ることができます。

先般、JAふくおか主催のセミナーがあり

JAチラシA

JAチラシB

ここに書かれている内容が本当でなるならば、日本の一大事では?と思いつつ確認しまして、腰を抜かしました。

そのセミナー内容はリモートでそれを見ることがデできます。

東大大学院の鈴木教授がわかりやすく説明いただいてます。クリックして下さい。

かいつまんでお話しすると、種子法が廃止され、種苗法の改正がなされると、今まで国や県が大切にしてきた穀物や野菜、果物の種が大手企業に移行され、勝手に農家で作れなくなるというものです。

そうすると、値段も高騰し、農業従事者も生活はままなりませんし、後継者もおらず、農業は崩壊し、現在の自給率は30%しかないのが、さらにsの一割程度まで落ち込むというものです。

ここには、出てきませんが、これに加えてTPPの問題も加わります。そしてなんと恐ろしいことに、日本の食料の安全性が世界のワースト3に入っているのです。

これは、農薬や化学薬品を大量に消費しているので当然かもしれませんが、その影響でさらに土地がどんどんケカレチ化しているのです。

この状況は、絶望的です。

しかし、冒頭に書いたように、楢崎先生はその解決の突破口や、作成の具体策まで教えてくださっています。

カタカムナ恐るべしですね。

これを契機に、我がイヤシロでも、遅まきながら解決に向けて色々と活動を行ってまいります。

ぜひ、皆様もセミナーの動画をご覧いただき、これからの改善策にご理解とご参加をお願いいたします。

 

2020年12月1日

■磁場はエネルギー

よくいただくご質問で

《炭素埋設で磁場を良くしたら、健康や運気も向上しますか》という内容です。

その質問には《もちろん向上します》というのがお答えです。

しかし、その前提条件もあります。

改善した磁場(電気的特性の安定化)に合った、適切な使用方法が必要ということです、つまりふさわしい日常生活や、意識の変容で生活を送ることです。

炭素埋設で、住んでいる環境(土地の特性)の環境は安定し、結果的に匂いや湿気も除去され、動植物が元気に育つ(異常気象の影響や、天変地異位の変化は除く)のですが、同時に人間の生活習慣や、乱れた精神の影響が見られる日常生活では、安定した磁場の影響を適正に受けているとは言えません。

土地にも磁場があるように、生きている動物や人間には血液が流れていますので、そこには体内磁場が存在します。

磁場は、ベクトルであらわされ方向性と力を持っています。

この体内磁場が乱れ、土地のエネルギ−とのバランスがずれていたのでは好影響を及ぼしたとはいえません。

常に、健全な日常生活を心がけ、体内磁場を整える生活がなされていれば、相互のエネルギー交換が向上し、健康面も精神面も穏やかで健やかさを増すことができます。

穏やかな、精神状態は、冷静で適切な判断を促し、正しい行動を生み出すので。目指す目標や、あるべき姿に自動的に進んでいけるのです。

どんな時でも、どんな環境下にあっても問題点は存在します。

その問題とはあるべき姿と現実のギャップにあることが多いですが、その原因を正しく把握し、適切な処置をすれば、物事はあるべき姿に進んでいけます。

体内磁場を大切にして、より豊かな日常生活を過ごしましょう。

2020年11月23日

■勤労に感謝

今日は国民の祝日。

日の丸を掲揚し、国家の繁栄と国民の幸せを感謝と祈りを果たしましょう。

今、コロナ禍にあって、祈りや感謝などは、心も体もゆとりがあってできるものであり、この困窮した時に呑気なことなどやってられないと仰せのかもおられるとは思いますが、だからと言って日本の歴史や文化を忘れてはならず、今、我々を取り巻く環境下にあっても、幸せは足元にあることを温めたいものです。

そうそう呑気になれないのは、私の環境も同じなのです。妻の両親の介護や、看護の状態の自体が芳しくなく、昨日も妻がほとんど眠れなくて、もうどうしていいのかわからない事態にあるのは事実ですが、それでも過去の日本の窮状は、幾度も幾度も訪れては、なんとか乗り越え、国民の力を合わせ、国家の存亡を乗り切ってきました。

幸せは足元にしか住んでいない。という言葉もありますが、まずはこうして勤労できる健康と環境にあることを喜びとするならば、命あるからこそ、喜怒哀楽を感じ、明日への糧に生きていけるのです。

今、目の前にある問題には、原因があり、それを掘り下げればそうなった経緯もあり、その流れうぃ受け止め、改善の方向性を勇気を以って見出すこともできるのです。

白地に紅の、この純粋でシンプルな国旗ですが、国家の象徴を大切にして、この時代が生んだ難局を乗り越えていきましょう。

カタカムナの存在を現代に甦らせたのは、大東亜戦争の真っ只中です。相似現象を紐解き、時代や、環境は、人の心理的様相に相似すると、相似象に認めたのは、楢崎先生が終戦後の荒廃した環境から12年の歳月を費やして、静電三法にまとめたものです。

経済的にも、環境的にも、パンデミックと言われる国難を迎えた今日ですが、いやしろの叡智があれば、心も体も元気回復です。働ける喜びをかみしめ、今できることに集中し、元気を出して頑張りましょう。

 

2020年11月9日

■音楽は癒しの根源

最近、あわの唄と言うものを紹介していただいて、すごく感動し、衝撃的な驚きを覚えたのですが、これはもう偶然というか相似象そのものにある根源に近いものを覚えました。

あわの唄そのものは、それだけで素晴らしいと思います。本当に癒しを感じます。

で、衝撃を受けたのはその本質的な意味です。

いやしろはカタカムナの叡智の一つですが、あわの唄の《アワ》も、唄を《ウタヒ》と捉えるとカタカムナそのものなのです。

というと、あわの唄の作者さんに叱られそうですが、その制作のいとはわかりませんが、いやしろの世界観にもまったく当てはまるのです。

ちなみに、《アワ》と、《ウタヒ》について相似象の解釈の一部をご紹介します。

《アワ》とは、全ての生物がカムから発生し、カムから受け継い で、本能としてもっている生命のチカラ(ヤタノカ)である。サヌ

キは、そのアワ(カ)のから出る実際の生命活動のチカラである。

ウタヒは、80 首に及ぶ八鏡文字の祝詞のことです。 * カタカムナの起源、マワリテテムクルより

《ウタヒ》の音声符や図象符の印された石碑や土器が遺跡から

出土したと言う記録はなく、今現在「カタカムナ文明」を考古学的 にに証明する事は出来ない。

つまり、写本であることやソースの信憑性から、その資料として の評価は「古史古伝」の類いにカテゴライズされている。しかし、「古 事記」「日本書記」にしても、みな「写本」で有る事を想えば、にわ かに偽書と断じる事は出来ないだろう。

寧ろ、偽書か本物かの議論を飛び越えて〈ウタヒ〉の発見自体が 希有な人類的事件だったのである。で有るが故に、世間に知らしめ たいが為の性急な結果を求めた熱意や動機でなく、再び歴史の裏に 匿されてしまわない様公開しておく事が大事である。

* カタカムナの起源、マワリテメクルより

なんとも、不思議ですが私が感動と衝撃を受けたお話しでした。

2020年11月4日

■イヤシロの瞑想

ずいぶん朝晩の冷え込みが深まり、秋というより冬の到来を感じさせますね。

この季節、1日の寒さを読んでどのくらい厚着をすればいいのか外出時に迷うことが増えてきます。今年は特に、コロナ禍にあって風邪やインフルエンザも避けなければならず、慎重に行動しなければなりません。

海の向こうでは、大統領選がおこなわれその結果によって、世界経済にも大きな影響を及ぼすことも予想されるので、アメリカの国民に限らず世界の注目を集めています。

今、健康面もコロナに限らず、環境ホルモンや、食料の品質の問題も、さらにバッタ被害もあって食料そのももの大きな影響も予測されるだけに、いろいろな問題を予測して対策が必要です。

世界経済も大きく揺れ、金本位制などの提唱や基軸通貨への影響まで考えると、この先どうなるのやらと不安材料は後を絶たない世情ですね。

しかし、過去の歴史を振り返えればどんな時代でも一部の方はたくましく生き抜いています。

世の中の状態を俯瞰し、冷静な判断と適切な行動が一はやい対策につながります。

この冷静な判断ができればいいのですが、その判断基準を見つけるには相当の視野と読み解く力も必要です。

でも、カタカムナには相似象の大きな叡智が潜んでいます。また、具体的に心身ともにイヤシロ化される技法・技術も盛りだくさんです。

どうすれば冷静な判断ができるかというと、日々その訓練が功を奏します。その訓練は、毎日の冷静になって物事を考える習慣で養われます。

訓練というと難しく聞こえますが、短時間でも毎日瞑想することでずいぶんと意識の変容がもたらせれます。

瞑想やヨガなどいろいろな方法もあり、それぞれの特徴はその方に近道を教えてくれるとおもいますが、中でおイヤシロの瞑想は簡単で誰でも取り組みやすいと好評です。

冷静な判断と、適切な行動を養うためにも是非、イヤシロ瞑想を楽しんで下さいね。

2020年10月27日

■視力回復

電子水の愛好者の皆様で、眼の体操に役立てておられる方が多いのですが、皆様すごく視力の回復につながったと驚かれています。

視力が落ちる原因の一つに、眼のレンズの周りにある毛様体が硬くなり、視力の調節機能が弱くなることが挙げられます。

これは、筋肉が硬くなるのは老化現象の一つでもありますが、筋肉の柔軟性はストレッチで回復することも多いですよね。

従って、毛様体の筋肉の柔軟性を増せば、毛様体の機能が回復され、結果的に視力が良くなったとおっしゃる皆様がおられます。

毛様体の構造は、下記の図のように、レンズの周りに保護するように寄り添っています。

では、なぜ電子水が役に立つかと言うと、そこには仕掛けもあります。

ごくごく簡単に言えば、電子水で点眼をします。

その電子水が毛様体に浸透するように誘い、特殊なマッサージをします。

その繰り返しで、毛様体の機能が回復し、柔軟性が増してきて、焦点の調節がうまくいくのです。

私も、この点眼マッサージで、視力が0.1から0.6まで回復し、運転免許に眼鏡等の条件が取れた経験があります。

他にも、東洋式で視力回復の事例はあるとおもいますが、是非電子水もお役に立てて下さいね。

2020年10月26日

■コーヒーを精妙に味わう

おいしい水と体にいい水とはその定義が異なります。

カラダにいい水とは、同時に脳にもいい水です。

その三要素をあげると

①油分を溶かす力の高い水(界面活性力=油脂の分解の高い水)であること。

②酵素活性を高める水(体内酵素を活性化し、抗酸化物質の力を低下させない水)であること。

③水分子の集団(クラスター)の小さい水である事。

知らず識らずのうちにカラダにたまった毒物を洗う流すこと(デトックス)は、カラダにいい水、脳にいい水なら可能です。

今朝も、おいしいコーヒーを頂いてスタートしましたが、カラダにいい水はコーヒーを立てても表面に油が浮きません。

ですから、喉越しもすっきりして細胞に沁みていくように口の中でまろやかに広がります。

電子水や、炭陶器などで作った水は、その効果を体感できます。

是非、朝の目覚めの一杯で、精妙な脳の活性に役立て爽やかにお過ごし下さいね。

2020年10月25日

■癒しの地

イヤシロチってどんなところですか?

と聞かれるのが一番多い質問ですが、細かく言うといろいろありますが、一言で言えば「心も体も、魂まで癒されます」

というのが、伝わりやすいイメージだと思います。

森林浴をしたり、雨上がりのほのかな酸素が立ち上る様を肌で感じるときって、なんだかホッとしませんか?

霊験あらたかな神社や、山の頂上など、外界からの余計な情報や、環境を阻害する要素がまるでなイメージはそなたも体感されたことがあると思いますが、まさに心も体もリラックス状態にいざなわれる感じです。

そそには、原因も物理的条件も潜んでますが、そこに生息する植物を見るだけでも体の癒しが体感できる情報が潜んでいます。

ご自宅の庭などはまさに、癒しの地に変化させることは比較的簡単ですし、その施工をしている時から心と体の癒しが始まります。

今日は、先般イヤシロチ化した方のご自宅にお邪魔しますが、そこには多くの方が集われます。

海の近くで眺望がもう最高なのですが、ついつい癒されて長居してしまいます。

物質には全て固有の振動数が潜んでいますが、その振動数がα波状態です。

ぜひ、日常的にいやしの場、癒される地を訪れて、心のリフレッシュに役立ててください。

また、そのいやしの地の見分け方などもお伝えしますので、楽しみにしてくださいね。

2020年10月15日

■楽しいイヤシロチ化

この数日、空き時間を積極的につくり、我が家と事務所の環境面のイヤシロチ化に勤しんでいるのですが、これがまた実に楽しいのです。

本来生活や業務を普通に送っているだけで、いつの間にか整理整頓がおぼつかなくなり、お掃除や簡単な片付けではおぼつかなることってありますよね。

モノは本来あるべきところに収納し、次回使いやすい状態で綺麗に戻す。

これも当然わかっているのですが、忙しさや疲労具合に応じてついつい溜まってしまい、いつの間にか元の状態がわからなくなり、いつの間にか本来の収納場所や、モノのカテゴリーも複層して混雑してしまいます。

つい最近まで、このような状況が続き、お掃除や片付けをしてもなんともしっくりこない。

そうこうしている時に、また新しい荷物や資料などが増え、尚更面倒になる。この悪循環は、油断しているとすぐに襲ってきます。

そうなると、憂鬱というか、億劫な気分を溜めてしまう。

そこで、あるべき姿と現状のギャップを冷静に解き・・・というとか良い言い方ですが、少し考えました。

《よし!思い切って根本からやり直そう!

と、腹をくくるとあとは行動するのみ。

こんまりさんも、整理収納をしっかりすれば人生がワクワクすると言うことで世界中の注目を浴びましたが、イヤシロチ化も全くそうです。

私も、イヤシロチ化を深めるため、整理収納アドバイザーの2級までは所得してますが、これが役に立つ時はこんな時だけ・・・

まず、工房と、倉庫と、納屋にあるモノで、バラバラに置いてあるモノのリストを全て(大まかな種類別)洗い出し、納屋の整理から始め、バラバラに有ったモノをカテゴリー別に集合させている途中です。が、長年の業務の中で積みあげたモノは半端でない。

月日が経つのはこんなに早いモノかと、整理しながら思い出すのは、意外なところにいとも簡単に置きっ放しにしてあり、その一つ一つに心当たりがあるのです。

ってなことで、まだまだ時間はかかりそうですが、収納の前のカテゴリー訳の段階ですが、処分すべきモノが出るわ、出るわ。

こんまりさんの仰せの通り、ワクワクするモノ以外は全て捨てる覚悟でやっていますが、商品や部品の在庫となるとそうは簡単に降ろしてくれず悩みながら、覚悟を決めてやってますが、一旦覚悟が決まれば早いモノ。

時間が限られているだけに、夜眠る時にまで次の作業や、捨てるモノ、並べる順番などが次々に浮かび上がってきます。

早く、一箇所でも綺麗にすっきり片付き、快適な出来上がりのあるべく姿に持っていける様子が垣間見れるたびに、ワクワク、ドキドキ。

いや、一刻も早く、環境面のイヤシロチ化を完成しなくては!

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-