炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2024年1月24日

■開運の祝詞

カタカムナウタのウタヒは、開運へいざなってくれる祝詞(ノリト=魔法のコトバ)です。

そのコトバの定義は、『もの事や、形・現象を思念しているコトをハッキリさせる表現方法』としています。

一般的に、宮司さんや、神主さんが奏上される祝詞も、その目的によって種類も異なりますよね。

その祝詞に表記されるコトバも異なりますので。当然効果や、結果についてご加護も変わってきますよね。

目的に応じた、祝詞であるべきです。

合わせて、自分自身の願望が本心であったり、切なる願いである必要もあります。

しかも、自分のあるべき姿や目的、目標に向かう努力も、それに相応しいものでなければ、手に入れたい本当の願望とは言えません。

具体的には、お家を建てる時の地鎮の儀に沿った祝詞、合格に向かう受験生の必死の努力が報れる祝詞、元気で健やかに育つための、安産を願う祝詞も、その目的や願望によって内容も異なります。

神主さんも、祝詞を奏上されるときに、どこの誰が、どのような目的で祈願されるというコトを、祝詞とご一緒に謳われます。

では、自分で祝詞(カタカムナウタヒ)を奏上する場合、目的に沿った祝詞ってあるのでしょうか?

ご安心してください。

カタカムナには、多くの目的にあった、ウタヒが整っています。

と言うのも、

カタカムナには80首のウタヒ。

カムヒビキには20首のウタヒ。

カンナガラにあっては120首ものウタヒ(祝詞)が揃っています。

しかも、その内容といえば(上古代に作られたものなのに)、現代にも通じる叡智が込められているのが本当にすごくドンピシャの内容に驚愕します。

カタカムナのサトリは、自然界、天然界である宇宙成り立ちの物理を知り、私たちが人間としてあるべき姿を学ことですが、その学びの結果、直観力が飛躍的に向上することができるので、思い通りの人生を送ることが可能です。

そして、社会への還元を果たし、より安全で平和な理想の環境を整えましょう。

と言うことになります。

相似象の直観力を高めれば、あなたのお名前に相応しく、あなたの人生の目的や、願望を引き寄せるための、あなたご自身のための祝詞を作ることも可能です。

もちろん、たくさんの方が、その自分の祝詞(カタカムナウタヒ)を相応し、金運の向上、お給料の爆上がり、病気の平癒、就職の決定、スポーツ大会での優勝、良縁成就、不運からの脅威的脱却を果たした事例も満載です。

当然ながら、私自身もその一人です。

運気は、気候や気象の変化のように、予兆もなく急変することもありますが、その度に、この祝詞ウタヒを奏上し、いつの間にか、気がついたら、最高の状態に運んでくれたと、いつも感謝の日々を送っています。

祝詞は、読むだけで、相乗するだけでも、効果はありますが、自分自身の可能性を信じることができてその時々に応じた最適な判断と行動に起こし続けることで、さらなる、直観力が高まります。

カタカムナウタヒ(祝詞・ノリト)の達人になれば、今日からあなたも、人生の達人です。

思い通りの人生を送りましょう。

 

 

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2024年2月
● 2024年1月
● 2023年12月
● 2023年11月
● 2023年10月
● 2023年9月
● 2023年8月
● 2023年7月
● 2023年6月
● 2023年5月
● 2023年4月
● 2023年2月
● 2023年1月
● 2022年11月
● 2022年10月
● 2022年9月
● 2022年8月
● 2022年7月
● 2022年6月
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-