炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2023年9月17日

■カタカムナ文字の読み方

カタカムナは80首のウタヒと呼ばれる祝詞のことで、これを継承していた方々は、原本こそ御神体と大切に保管してこられたそうです。

書かれた図象符を見て得心されてこられたかは解りませんが、時代時代を数百年単位で書き換え保管しながらご苦労もあったとおもいます。

その80首の中でも最も親しまれているのが、5首6首を合わせたもので、48の言葉に訳され現代のカタカナの語源となったと考えられています。

解釈法は、相似象学会誌1〜16号に記されていますが、中でもいろいろな解釈の方法で説明されています。

その一つに、(4号で案内されている一つ)

『ヒフミヨイ マワリテ メクル ムナヤコト』とは、『ヒガシの日の出のところをヒとし、そこから順にヒフミヨイと、マワリながらメクル』と解説しています。

しかし、この下は最も有名ですが、これを唱えるだけで気持ちが軽くなったとか、体の調子が良くなったと言われる方もいますが、そう自称の中では、その原図である図象符にその宇宙の摂理が込められているので、これをじっくり拝察しながら、発音することで、視覚、聴覚、声音の波動で、体内磁場の調整がなされると、師匠である宇野多美恵先生から薫陶を受けたものです。

これが、無限に近いほど、数多あるのです、すごいですよね。

カタカムナの力を是非ご理解いただき日常に活用してくださいね。

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2024年6月
● 2024年5月
● 2024年4月
● 2024年3月
● 2024年2月
● 2024年1月
● 2023年12月
● 2023年11月
● 2023年10月
● 2023年9月
● 2023年8月
● 2023年7月
● 2023年6月
● 2023年5月
● 2023年4月
● 2023年2月
● 2023年1月
● 2022年11月
● 2022年10月
● 2022年9月
● 2022年8月
● 2022年7月
● 2022年6月
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-