炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2021年10月30日

■危険から目を反らせないで

今、食品被害のお話を進めても、あまり抵抗なく聞いてただけるようになたので、コロナ禍での学びは安全安心の環境づくりには良い方向に向かいつつあると思いたい今日この頃です。

良い話ばかりは、聞こえは良いですが、現状の毎日に起きてる、危険な話は、どうしても。国や行政、地方の機関や体制を批判しているように受け止められがちなのは残念ながら、危険な要素を排除するてるには、現状の改善や、回復には耳を傾けてほしいものです。

これは、食品の中に混入されている、遺伝子組けの野菜の物質を動物実験で試験結果です。

今更言うまでもなく、遺伝子操作されたものを摂取っすれば、その遺伝子となる卵は、、遺伝子そのものが組変わっているのですから、正常ではなくなるのは当たり前ですね。

いくら見かけが良くても、いくら安くても危険な食品だとわかっていたら、普通は摂取しませんよね。

しかし、これは安全だという情報が正確に伝わっていればついうっかり信じてしまい、買って食べてしむこともうなづけます。

これを、正しい情報の伝達と、改善方法をしてくのが、私たちが知った者の使命として啓蒙すなければなりません。

オーガニックだけが一番いいとは言えませんが、安全安心の生活を送るための方法手段として、有害な農産物を摂取するのはやめましょう。

だから、安心して安全な素材を選びましょう。

選べなければ、公共機関が責任を持ってこの活動に理解と協力、支援をお円買いしたいのです。

市民の民さまとの共助を実現しましょう!

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2022年6月
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-