炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2021年10月26日

■食糧危機をいやしろで乗り切る

世界のパンデミックがどう収束してくれるか?!

と地球上の皆さんの共通の願いは一つに向かってますが、そんな中でも、今なお飢餓に悩む人口も多くあります。

SDFGsで継続できる開発目標をどういう入り口で実践するかと、世界の潮流となていますが、飢餓という厳しい現状は対岸の火事のように遠い世界ではないと思います。

ガソリンが値上がりする根源、金融パンデミックの引き金になりかねない事情。

去年は、この石油問題で逆鞘のマイナス価格での取引が行われていたのが嘘のうように根底がひっくり返っています。

バッタの大量発生による、食糧の壊滅的被害。

公共料金が軒並み上がってる現況は?

再生エネルギーの頭打ち、そして国際間の紛争による輸送機関の崩壊。

自然災害の激象化と復興の遅れ。

キリなく続く悪条件は、我々の食糧危機を帯屋買う要因が積み重なります。

輸入が止まればわが国の食糧危機は半端でなく、餓死という現象が決してありえない話しではないのです。

相似象には、数十年前にこの現象を予知したものを考察した対処法も示唆されています。

自給自足というと古代人や古の文化のように聞こえますが、決して他人事ではなく、自分たちの日常制圧で補うべく準備や予見が大切になっています。

いやしろの文化には電子農法も根源に存在します。

いつでもどんな危機管理も対応できるいやしろの叡智を学んで備えましょう。

 

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2022年6月
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-