炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2021年11月11日

■安全な食文化は保てるか

世界てパンデミックの嵐が吹き荒れ、コロナ禍をどうやって克服するか?が今の世界共通の優先順位の一番だとは、思いますが、SDGSでも盛んに、各方面の重油課題をとりあげています。

コロナがこれほど流行する前は、エネルギー問題や、環境問題、外交問題、石油問題、難民問題や宗教に関する問題までひっきりなしの重要課題が上がっていましTが、

コロナ期に限らず、連続して解決の方向を探らねばならないのは食料問題でも合います。

昨年まであれほどバッタの大量移動の問題も、幾度となく報じられていたのが、子の一年以上話題には登ってこない気がします。

が、間違いなくどの問題も、なりをひそめることなくむしろ密かに拡大しているところもあります。

私たちのできる努力で、良き方向へ向かわせたいのが食料問題です。

海の向こうでは、EUを始め確実生の高い、安全安心の対策を練ってますが、日本は。アメリカの政策に追従するかのように、安全性に疎く、自給力を高める方向にも消極的です。

30年後の目標を「緑の食料システム戦略」と名を打って目標をあげていますが、とても達成不可能であり、それも10年後、20年後には技術革新が生まれ、実現できるとでも言うようなグラフに織り込んでますが、、

技術革新が20年後始まって、発展できるという根拠は何もありません。

しからば、その根拠なり、技術革新が発祥する根拠も、その方向性を匂わせることすら感じません。

実は!あるんですよ!とでも、嘘でもいいから言ってほしいですが、考えるまでもなく、答えは無理なことばかりです。

まずは、現行の農業の安全性の高さや、それの根拠を、示していただきたいです。

安全性とは危険が潜んでいない証明ができて、それを信じることにつながると思います。

それまでは、自分たちでできる、安全性を、イヤシロチかして進めるほかはないのかと、思います。

さらに、安心をもたらせるはずの生産量の拡大策が、安全性を脅かしてきたのです。

その一点でも私たちのイヤシロチ化を進めるしかないのでしょうか、?!

いやしろ農法の確実な成長を自分たちでやってまいりましょう!

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-