炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2020年2月25日

■もう一人の天才、宇野多美恵先生

カタカムナ文献を解読し、相似象として世に『イヤシロチ』を始めとする叡智を数多残してくださった天才が故楢崎皐月翁であることは、皆様の知るところですね。

しかし、この方に肉薄する程の天才がもう一人おられて、それは一番弟子の宇野多美恵先生と私は確信してます。

なぜ天才だと想うかと言えば、カタカムナ文献の文字を解読された楢崎先生のコトバを、更に現代のコトバに解り易く(ちょっと始めてでは難しいですが)説明してくれてますし、具体的事例が楢崎先生の受け売りではなく、ご自身で確立された感覚や手法、再現性のある技術や情報が満載です。

楢崎先生の提唱された物事の摂理を更に掘り下げられた方です。

一般に天才は、理論を中心に展開される方と、実践を中心に活動されるタイプに分ける事も出来ると想いますが、宇野先生は、両側面お持ちです。

私は物事を論より証拠で捉え、理論を現実に再現されるコトワリの方が好きですが、正にその点でも見事に実証されます。

その、宇野先生が長年カタカムナやイヤシロチに触れ、知り尽くしたであろう価値観をもってして、面白いお話をされています。

一寸、ご紹介します(相似象 創刊)

『私は、近頃私の知的活動が、極めて活性に働く場所を発見した。その場所は私にとって、何か新しい事がらの情報を生み出し易いところである。言い換えると、新たな知恵とか新たな思考法や思想が湧いてきて、人々にも解り易く叙述することが出来る場所である』

これを先生は、『Uno聖域』と呼ばれています。

さらに、『その聖域に位置すれば、私は一種の美的恍惚の心情となり、二重思考の、この瞑想に到達して心身爽快となる。天然のスガタを知る事ができた。』

さらに

『私はUno聖域を自己革新と自己鍛錬の場と考えている』とされ、この聖域に当たる上古代語が『イヤシロチ』と呼ばれているものだと、解説を続けられています。

この天才にして、改めてしるイヤシロチはどんなところだったのでしょう。

この、イヤシロチの見つけ方はあなたにも可能です。

天才の残してくれたイヤシロチの再発見をご一緒に果たしていきましょう!

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2022年8月
● 2022年7月
● 2022年6月
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-