炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2020年7月28日

■いやしろのあるべき姿

梅雨あけが待ち遠しい昨今。

どうやら八月にづれ込む模様も呈しているが、本来早ければ2週間程はやく宣言はでると踏んでいた。

と言うのも、コロナ禍にあって、ウィルスの活性が湿気によって左右さえ易いからです。

湿気に強く、熱や乾燥には弱いとされるウィルスにとっては蔓延しやすく、この長雨は残念ながら、日本の環境には被害の大きさを助長した事になる。

本来、ウィルスが繁殖しにくい状況で、又免疫力の高い健康状態であえば、政府のGOTOキャンペーンも、経済的効果を発揮しやすい筈なのに、この気候では皮肉にも想いとは逆の方に働いている。

本来イヤシロチでは、雑菌が繁殖しにくく、動植物の免疫力が高くなるため、多少の気候の変化は充分に対応できるものであるが、なにせ、イヤシロチの特性も、作り方も、効果もまだまだ知らない方や、擬似的にでも体感できる事も、知らない方が多い中、いくら声高に訴求しても、理解して欲しいと言う方が無理なこと。

イヤシロチの豊かさ、イヤシロチの作り方、そこに住むメリットの多さも、論より証拠で、体感してみないと解りにくい。

あるべき姿として、事前にその凄まじい効果を体感できる、疑似体験の方法や利便性をもっと伝承し、啓蒙すべきと感じるこのごろ。

イヤシロチ化が進めば、コロナ禍になやまされる方も、少なくなる筈だが、もっと分かりやすい方法論を考えて参りたいと想ってます。

いやしろ教室では、実体験を基にして頂けるのですが、ご自身で、あるべき姿を見出して欲しいと願っています。

是非、ご自身であるべく姿を見つけて欲しいと願っています。

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-