炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2020年4月5日

■自分の命は自分で守る

先週の週末は、コロナウィルスが東京で異常発生しないことや、全国の主要都市でコロナの感染者が増えない事を願っていたことが、遠い昔の様にこの1週間で、大爆発してしまいました。

原因は、自粛と自己防衛に関する意識が余りに低すぎた市民の行動結果と想われます。

どうしても外せないお仕事や用事は仕方ないとしても、遊興や観光目的等、不要不急でないものへの計画的行動は、控えるべきだったと想えてなりません。

そんな中、医療・福祉の従事者の皆様には本当に申し訳ないくらいのご負担ですが、感染者の治療をする危険性にも果敢に立ち向かわれる勇気と行動には頭が下がります。

せめて、私達は自分は既に保菌者かも知れないと言う疑問を持ち、恐れずに今できり防衛策を講じるべきと考えます。

不要な外出は出来る限り慎む、外出から帰ったら先ずうがい。練る前にもう一度うがい。

手洗いは、都度。

マスクの着用、手作りでも充分だと想います。

除菌剤の有効活用。

睡眠と食事は充分にとって免疫力を高める。

等々、日常的に安全衛生上必要と言われている事は、徹底しましょう。

非常事態と言われる毎日ですが、この非常事態こそ日常だと想えば自ずと行動も変わります。

自分の命は、国の宝と想い、今で切り防衛策は全て励行しましょう。

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-