炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2021年11月8日

■イアシロチ化できる未来

かつて日本は資源の少ない中でも食料自給率100%で国民の食を賄い、しかもすべてがオーガニックであり、天皇陛下自らも新嘗祭などの行事で田植えや稲刈りをされるなど、深く自然農を中心とした安心で安全食文化に親しんできました。

そこに加え、職業も年齢も超えて教育は行き届き、礼儀を重んじる質実剛健な素晴らしい教育と、精神文化が根づいていた。19世紀より西洋文化との交流が始まって以来いつの日がこの素晴らしい文化が、図らずも崩され、現在に至っては非常に危険な事態にさらされているのです。

特に、JA解体、種苗法の改正に始まり、TPPの幕開けとともに、さらなる食料を積んだ黒船が、日本の食文化と古代種を脅かすことは間違いない状況にある。これからの日本の食文化においても、古来温めてきた、豊かで懐かしい文化や思想を思い出し、未来へ向けた文化を創造していかねばならないのです。

これらの考察は、相似象にも大まかではありますが著されていて、数十年前にこのような予測までしていたとは本当に、楢崎翁の洞察というか直観力には恐れ入ります。

イヤシロチ化というものを、住環境、食材を生み出す農業環境、商品を生み出す生産環境など、それぞれの立場で実践すれば未来は、安心安全な状況に置き換える事も可能なのです。

イヤシロチ化について、今一度考えてみましょう。

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-