炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2021年10月12日

■有機農業の普及

JAチラシA

今年の3月にJA福岡さんの主催で、東京大学大学院の鈴木教授の講演を拝聴し、現在の日本の現状がこれほどまでに恐ろしい状況に心底震え上がったのですが、世界の潮流はSDGsに沿ってどこの国も環境や、食料問題、医療や福祉、教育や人権問題に至るまで足並みをそろえている。

中でも、食料危機の問題は世界の人口問題にも比例し、未来を揺がすほど深刻です。

カタカムナは、1949年に楢崎皐月によって発見と解読されたのですが、その具体的な叡智は、相似象学会発行の相似象に示されてるが、なんとそこにはその時点で予測される問題点として。現在の様子を彷彿させるレベルの予測が締めされていて、驚くことにその解決方法にも触れているのです。

環境は、寒冷期の問題や、地球温暖化のお問題にも両側面で対応し、さらには解決方法のヒントまで予知している。

その主体となるのが、いやしろちと、イヤシロの叡智であり、電子農法にて解決の糸口を示しているのです。

私たちも、国策の方向性をサポートすべく、国民運動に、県民運動にも提言を果たし、できるお手伝いをしていこうと思っています。

そのためにも、教育現場での有意義な活用法を願っております。

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-