炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2020年10月14日

■新米の季節

実りの秋ですね。

この季節、そろそろ新米発売のご案内がくるかな?と思う時がとっても楽しみです。

有機米で有名な近くの農家の方の話では、今年は長雨の影響で収穫が上手くいかないとのことでしたが、天候不順んは正直対応もできないので残念でなりません。

そこで、今一度お米を美味しく食べる方法をご案内。

と言っても、特別なことではありません。

単純に電子水でお米を炊くだけです。古米も新米のように美味しく炊きあがります。チョット一手間加えるならば、いやしろ高電導備長炭を添えるだけでまた一層のふっくらモチモチになります。

このいやしろ備長炭は、お米を研いで、20分ほど電子水につける専門の炭と、お米を炊飯器で炊く時専用の炭を加えるといいのです。

新米のモチモチ感が古くなると少しずつパサパサになりますが、これはお米から水分が抜けていく現象の結果です。

そこで、浸透性のある電子水につけることで、芳醇な食感が蘇るのです。

備長炭を併用するのは、お米を研いだ時に引き出される不純物を吸着させるためです。

炊飯器の中に入れるのは、より浸透性を増す効果があるためです。

さらに、一手間を加える方法もありますが。ひとまず電子水で芳醇なお米の味をご堪能くださいね。

 

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-