炭素埋設で、イヤシロチ計画
いやしろ 炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2020年10月12日

■バクテリアうなぎ

先に、電子水と電子チャージしたうなぎのご案内をいたしましたが、この電子うなぎに加えて、さらに見事なものがバクテリアうなぎです。

一般に天然のうなぎは自然界の川で育ち、成魚になっていきますが、全国どこにいてもそこに存在するバクテリアを摂取して成長しますが、養殖の場合、必要なバクテリアが不足します。

そこで、養殖の元水が川の流れを引き入れたものであろうと、水道水を持ち入ろうと、そこの場所に存在すべきバクレリアを増殖し、天然の環境かそれ以上の豊富なバクテリアの存在する状況に誘う技術があります。

特に、岡山のR社はその権威で実証例も全国的であり、どこにいてもその地域に存在すべくバクテリアを増殖させる技術は目を見張ります。

その、育成法で成魚になったものは、捕まえてもヌルヌルしないのです。そして、掴んでも臭みも匂いも全くしないのです。どうなっているのかわからないくらい不思議です。←動画解説

うなぎの皮の周りのヌルヌルはストレスを感じて発散する症状らしいのですが、このヌルヌル成分が分泌されません。

そして、肝心なその味は、天然物とまったく区別がつかないほど旨い!

そんでもってこのうなぎを食べると、うなぎの魅力に対する感覚が変わります。。つまり、美味しさと食味が違うのです。

コラーゲンの豊富さに加え、皮の部分の味がうますぎ!そして肝心の肉質が柔らかホクホク。

うますぎて、ほっぺ落ちそうとはこのことか?!とうなずきっぱなし。

そこで、楽しみな話が、電子バクテリアうなぎはどれだけ旨いのだろう?想像ができればあなたの感性もプロなきです。

もちろん、私たちは養殖の許可も持っていますので、実際にやってみました。

で、想像通りの満点うなぎです。

さあ!電子バクテリアうなぎを日本の新しい食文化に誘いましょう!

トピックスカテゴリー
● いやしろ物語(イヤシロチ)
● 報徳の精神
● 帆柱権現山と花尾山 の相似象
● 炭埋情報&コラム
● 肩が凝らない、お知らせです
● 実は面白い相似象物語
● 電子水(微細クラスタ-)・高電炭
● 電子水・百人の実証
● 高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2022年4月
● 2022年3月
● 2022年2月
● 2022年1月
● 2021年11月
● 2021年10月
● 2021年4月
● 2021年2月
● 2021年1月
● 2020年11月
● 2020年10月
● 2020年8月
● 2020年7月
● 2020年6月
● 2020年5月
● 2020年4月
● 2020年3月
● 2020年2月
● 2020年1月
● 2019年5月
● 2019年4月
● 2019年1月
● 2017年2月
● 2017年1月
● 2016年12月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-