-
いやしろ 株式会社エレクトロンコミュニティ いやしろ ホームへ 会社概要 お問い合せ
-
炭と暮らす「高伝導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「万能洗浄水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高伝導炭 商品一覧 お客様の声
-
---
2010年03月30日

■桜満開です

待ちに待った春到来ですね。

十数年前まででしょうか、
この時期になると桜の木の多い公園や、桜の名所などで昼間から花見で夜遅くまで盛り上る団体や、家族連れが多かったのですが、最近は夜遅くまで騒ぐようなことが少なくなりましたね。

これは、不景気も去ることながら、飲酒運転の撲滅効果が効いている様にも感じます。

お花見は、さっとお昼間に済ませ、夜は早く帰っているようです。

飲酒運転は絶対にいけませんが、夜遅くまで騒いでいた時代が懐かしい様にさえ感じます。

日本の文化と言うか、桜の花びらを見ながら陽気に騒いだり、美しさに見とれたり、色々な出来事を思いに重ねて懐かしんだり、これからの人生に希望を膨らませたり・・


日本の文化には、花見って習慣がありますが、
楽しく気分転換し、人生を益々盛り上げて行きたいですね。

人生の盛り上げには、環境改善も大切です。


春の装いに相応しい、お部屋の空気を入れ替えて見ませんか?


2010年03月20日

■春の足音がそこまで

三月の後半にさしかかると、外の出るのが凄く楽しくなりますね。

街を歩くと、皆さんの装いも一見して変わって来ます。

若い方など、少し早いくらいの薄着になるのは羨ましいくらい・・

プロ野球の開幕も間近いところ

心も身体も、衣替え出来そうですね。


運気も高揚しそうです。

心と身体の安定をはかり、仕事もやるべきことを片付けて、春を満喫できる準備に取りかかりましょう!

2009年04月24日

■いやしろ教室を卒業して

先般”イヤシロ教室”を終了されて、お店に電子のエネルギーを導入される
”Keiko社長の・・・セイラム”です。

■いやしろ教室の卒業生です

先般、受講されたKeiko社長は、自然農法で取れた新鮮野菜を中心にした
へルシーなショップと、ヒーリングやリーディングのご案内もされていて、
全国から、ゾクゾクとその癒やしを求めてこられます。

今度、エレクトロンチャージャーを活用して更にパワーアップを図ります。

http://www.youtube.com/watch?v=rqtwunojOIg

ご様子は順次ご案内させて頂きますが、電子水や、フライヤーなど
その準備もご多忙の中進めておられます。

一度覗いてみてください。

2009年03月27日

■今月の”いやしろ教室"終了

昨日と、一昨日の2日間で今月最後の、イヤシロ教室を開催しました。

今回は、北九州市小倉北区で、レストランとヒーリングを行う、若手女性経営者の方の個人レッスンでした。

目的は、自然食(野菜食を中心にした、薬膳食)のイヤシロ化と、店舗のイヤシロ化を図りたい。
来店客に、身心共に癒やしと、ヒーリングで、幸せを届けてこられたものを、もっと形ある大きなもので、幸せを味わって戴きたい、と言う高邁なところです。

そのために、自分自身で、イヤシロ化の技術を身に付けてお客様のお役に立ちたいと仰せでした。

このイヤシロ教室では、
食文化や、人体に好影響をもたらせる為のコースと、
磁場を改善し幸せを呼び込む為の環境イヤシロ化コースとに分けおり
更に、両側面を身に付けて頂く為の総合講座とあります。

今回、この社長様は当初、食文化や、健康ににまつわることを中心に学ぶ講座を選択されての、受講でしたが、初日に、是なら総合的に導入し、電子を本格的にマスターしたいとのことで、途中総合講座への
変更をご希望され、急遽カリキュラムを変更し、昨日第一回目の受講を一旦終了し、再度補講を行うように致したのです。

これは、私どもの目指す、いやしろプロジェクトに沿うものですので、一つのお店で、総合的にご相談できる窓口を作っていただき大変嬉しい限りです。

この講座を、終了し実感したことですが、平素心も体も感性を高めておくと、新しい知識でも、自分の経験と照らし合わせ、普段描く夢や、願いを実現する為の材料へと瞬時に置き換えることが出来るのだと、私自身が改めて想った次第です。

一つの情報が、目標への起爆剤にもなり、実行への決定打にもなりうる事もあるし、そのためには、いつもいつも必ず、願いを叶えさせると言う、自分を信じる力の大きさを感じました。
あくなき目標への、意欲を掻き立てる為、この経営者の方は日々、お客様の心の癒やしをなさる傍ら、自らの邪念を振り払う、瞑想をされているらしく、その為か想像性が逞しく、とても穏やかな顔で、映像が目に浮かぶそうです。

心を落ち着かせ、邪念を振り払う清らかな場・・・其れが、イヤシロチであり、浄化された空間でもあります。

この方を見ていると、自分で自分の周りの空気を浄化し、環境面の条件設定が自動的に整うように、意識で持って形成してるようにも見えました。

この方にとっては、イヤシロチ化、イヤシロ化も当然の流れのようでした。

初日の、講義の後、電子を総合的に導入されているお店でお食事会を致しましたが、この女性経営者は
自信のブログに感想を記されてますが、まあ前向きな方は何処までも明るく環境を整えて行かれるのですね。*ご参考までに以下、URLを記してます。
http://ameblo.jp/sairamkei/

次回は、3月です。

いやしろ教室も個人の講座と、集合講座を振り分けるようになって、私自身も楽しくなりました。

また、色々な情報を取り混ぜ、楽しいご報告になるよう精進します。

2008年04月20日

■ビンテージで癒し

EMT001.JPG
趣味の話で恐縮です。

が、これがイヤシロチを学ぶ上で極めて大切なのです。
イヤシロチとは、故楢崎皐月翁の創造した学術用語ですが、
その用語としてのの説明は別にして、
意味や、意義のことを考えることが先決です。

戦争中だとか、とんでもない局面でない限り人は、自ら癒しを
求め、其処へ(癒してくれる場所)行きたいとの欲求があると
思うます。

つまり、理想の精神状態、理想の身体の体感や実現してくれ
るような、自分にとって恍惚となる程リラックスを実現してくれ
るところ・・・

しかし、場所は変えなくてもそれに似た、時間帯を手に入れる
ことも出来ますね。

それは、心から掻き立てられるような時間を与えてくれる程の
趣味や、興味・・マニアックになれる時間と、環境に引きづられる
世界。そう、ご自身だけのの世界観。
その世界に入れるモノや価値。

思うだけで、わくわく、もっともっと深い知識や、体験をしたい、
そのモノを手に入れたい。見てみたい、触れてみたい、そして
醸し出している雰囲気の奥にある価値を理解したい。
その周辺のものを、揃えたい、、、、
そのことを考えるだけで、時代を乗り越え、空間を超越し、空想
ながらもその世界で、泪が出るほどの感動。
趣味や興味を深めて行くと、どこまで行ってもキリが無いですが
是非、このご興味の世界を深めてみませんか?

私は、そう言う世界がいくつかあります。
その中で一番捨てがたいのもが、写真でもご察しの通り
オーディオとジャズです。
まだまだ奥は深く、私にも何段階か上の師匠も居られますが
この世界に入るともう異次元の感動が、どうしようもなく湧き
起こりどんどんどんどん、ファンタジーは膨らむのです。

ちなみに、乗っているアルバムはキースジャレット。
本当は、マイルス・デイビス、ソニー・ロリンズ、リー・モーガン
が大好きなのですが、今日はなぜかキース・ジャレット。
他に好きなアーティストを、あげればキリが無いのですが、
1950年代後半のオリジナルレコードを、真空管のビンテージ
と呼ばれるアンプや、スピーカーを繋ぎ、アナログのアルバムに
針を降ろす瞬間のあの感動。
流れ出す音の調子で、又一喜一憂。
調子が悪いと、もう食事ものどを通らぬほど悲しくしょげてしまいます。

そんな世界もあります。

特に、ビンテージは、再現することも難しくなりましたが、
この製造された時代に、世界のトップレベルの技術者たちが
一つ一つ丁寧に、手塩にかけるように作っている姿が、目に浮かび
そう思って泪。
その部品一つ、総合的な設計をした方のどんな、目的や、意図が
隠されているか想像し、たどりつきそうになると又泪。

この話は、自分のことだけにいくつかに分けないといけませんね。

イヤシロチは、そう言うことを掻き立てて、湧き起こってくるエネルギー
に自信と勇気を与えてくれるほどの、理想の空間、場所なのです。
心から落ち着いて、体の痛みも、寄せ付けない安全地帯のことです。

その安全地帯は、動植物・人体、物質を問わず平等に作用してくれます。

そして何がどのように安全なのかも別にお話します。

自分にとっての癒しを、掻き立ててくれる世界を通じ、共通の感性を
五感を通し、確認できる場所探しも、面白い勉強法です。

当社の事務所には、このビンテージのオーディオでお茶を飲みながら
理想の空間であるイヤシロチを、学ぶスペースで皆様をお迎えします。

一度是非、お遊びに来てください。

私にとっても、最高の癒しですが、あなたにもこの癒し、おすそ分けできますよ。

2006年06月28日

■いやしろち化・料理、電子料理のレシピです。是非やってみましょう!

電子を使って食材をいやしろち化~電子さつま揚げのレシピ
★材料(4人分)
白魚のすり身・・・・・300g   卵・・・・・1個    豆腐(電子水に浸けた後水切りする)・・・・・1/3丁
塩・・・・・小さじ1/2       砂糖・・・・・大さじ1    みりん・・・・・小さじ1
揚げ油・・・・・適量     ごぼう・・・・・1/3本     にんじん・・・・・1/2本
ねぎ・・・・・2本     紅しょうが・・・・・大さじ1

★作り方
①材料は予め1時間チャージする
②野菜(にんじん、ごぼう)を千切りにして電子水に浸し、チャージしながらへどろ抜きを1時間行う。
*ねぎは小口切りに、紅しょうがは、千切りにしておく。
③調味料、卵、白身魚のすり身をすり鉢でするか、スピードカッターに入れてかくはんする・
④③をボールに入れて、ごぼう、にんじん、ねぎ、紅しょうがを手で混ぜ合わせる。
⑤たねを8~12個ぐらいに分け、小判型にまとめる。
⑥約60℃に熱した油で、ゆっくりとチャージしながら揚げる。

2006年06月16日

■食生活をいやしろち化、電子チャージャーの利用にて

これまで、食文化にエレクトロンチャージャーを利用し、信じがたいような美味しい食材の完成、食べてみてしつこい油濃さや、カラットした天ぷらや、さくさく豚カツ、食べても食べても幾らでも入るパスタ等々そんな成功自事例は枚挙に暇がありませんが、生活の中でこれ等を活用し、且つ、健康にも大きな効果を発揮するには、これまで、当社では業務用にも利用可能なTUタイプをお勧めしてました、だけど少し価格的に手が届かない、しかし、家庭用のHUSでは、もう少し能力を高めたいと仰せのお客様の声が少なくありませんでした、其処で、長年待望の、RXタイプが登場します。価格はHUXに近く、能力はTUタイプの80%可能と言う、夢の新型チャージャーが誕生します。現在、モニター活用中です。間もなく、皆様に振るってお届け出来ます。業務用の成功事例を家庭で実践し、美味しくてしかも健康管理に大いに貢献する、ノウハウを揃え、RXのモニターも、お取引条件さえクリアーできれば、皆様にも対応できます、ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さい。業務用のモニターも検討中です。詳しくは、メールにてお問い合わせ下せれば幸甚です。

2006年06月14日

■ピカール君について

容器の仕様変更のため、納期が1週間ほど掛かります。現在、1l用の容器の仕様を変更中です、従いまして大変ご迷惑をお掛けしますが、ご注文を戴いた場合、一週間ほどお時間が掛かってしまいます。そのような状況の為、今しばらくご不自由をお掛けします事、ご理解とご協力お願いします。

2006年03月29日

■春の特別キャンペーン!!

電子水ご愛用の皆様に、煮沸・洗浄済み備長炭9キロ(そのまま使えます)のキャンペーンを行ってます。期間は3月25日~4月30日までです。更に!素敵なプレゼントをもれなく差し上げます。先着50名様には、更に更にお得なプレゼント。

●続きを読む "春の特別キャンペーン!!" »

2006年03月25日

■いやしろ化された料理を満喫!致しましょう!

処は、北九州市八幡西区黒崎に、究極と言って良いと思える、電子の創作料理が誕生しました。その名も”バルサモ”さんです。ネーミングの謂れは、存じませんが、兎に角料理が無茶苦茶旨いので、一度は、いやしろ化した料理の真髄をご堪能下さい。

●続きを読む "いやしろ化された料理を満喫!致しましょう!" »

2006年03月24日

■繊維炭入り 掛けパット シングルサイズ★新入荷★

特殊製法による「綿炭」を使用。マイナスイオン、遠赤外線効果に優れ、血行促進、冷え性、肩こりに効果的です。綿炭パワーでぐっすり安眠。マイナスイオン&遠赤外線、波動効果で不眠症、肩こり、腰痛などに効果的。倦怠感、イライラ・ドロドロ血にも。

●続きを読む "繊維炭入り 掛けパット シングルサイズ★新入荷★" »

2006年02月22日

■水や食材の品質をアップさせる「電子チャージ」

電子チャージのメリット

酸化物質が中和され、品質が向上する
野菜・果物・魚の鮮度が甦る
魚介類の臭みが取れる
素材本来の風味が甦り、食味が良くなる
老化を防止し、日持ちが良くなる
酸素作用が促進され、酒類の味が向上
風味が甦り、まろやかな味になる
米の炊き上がりがふっくらとツヤが出る
弾力性と粘弾性が向上する
油の酸化を防止し、揚げ油が長持ち

※炭素埋設との相乗効果により、より大きな効果が期待できます。
※厨房のガス器具類への電子チャージは素材の持つ風味を引き出し、食味が一段と良くなります。調理時間の短縮や燃費の削減などのメリットもあります。

●続きを読む "水や食材の品質をアップさせる「電子チャージ」" »

2005年11月20日

■「高電導炭」の秘密

古くから生活の中で活用されてきた「炭」。
火をおこす、そして料理に使う、保温性や調湿効果から、食料の保存や豊富なミネラル分が程よく溶け出すことから、知らず知らずに昔の人は「炭」をしようしてきたんじゃ。。

●続きを読む "「高電導炭」の秘密" »

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-