炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■浸透圧が高い水?

電子水.jpg

電子水を語る時に、その大きな特徴として分子構造の細かさを一番に揚げたいのですが、
たいていの方が、こう質問されます。

『科学的にそれを証明することは可能なのでしょうか?あるとすれば、どのような方法論があるのでしょうか?』

答えは決まっていて・・・

米国のドナルド・ウエインストック博士が開発したI・H・M社の共鳴磁場分析機(MRA)という測定器があります。このMRAで物質の固有振動数が測定できます。固有振動数の数値が高い程、細かで精妙な分子構造であり、浸透力の高い水と言えるのです。

この測定器で電子水を測定すると、水道水やミネラルウォーターに比べ、電子水は固有振動数が5倍から10倍も高いという結果がでています。

電子水のいろいろな現象面の特性から推察し、クラスターの大小とは別に、水の分子集団の秩序度、分子配列の均整の程度、もっとミクロにとらえれば、酸素原子と水素原子の原子核(プロトン)の配位に関係していると考えられます。
すなわち、水分子の潜在的な活性度(ポテンシャルエネルギー状態)を示しているものと考えられます。

また、波動医科学総合研究所(名古屋市)では、これまで測定できなかった生体やすべての物質から出ている波動を数値化しています。
電子水の測定では、総合的に波動性の高い水と評価を頂いております。

まあ、論より証拠、一度飲んでみてくださいね。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2015年11月
● 2015年01月
● 2014年04月
● 2014年03月
● 2013年06月
● 2013年05月
● 2013年04月
● 2013年03月
● 2013年02月
● 2012年11月
● 2012年10月
● 2012年09月
● 2012年08月
● 2012年07月
● 2012年06月
● 2012年05月
● 2012年04月
● 2012年03月
● 2012年02月
● 2012年01月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-