炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2013年02月19日

■結界を作る

いやしろとは、本来大和民族が創りだし、永い間封印されていたものです。

これを故楢崎皐月翁が、戦後研究中に神戸の山中で再発見したもの(凄く短縮しています)で、そのお弟子さんである故宇野多美恵先生が残された『相似象』のなかで、その顛末を記したものです。

イヤシロチもいやしろも同義語ですが、明確に簡潔に定義された言葉として統一したものはこの中にはありません。

色々な角度から見た現象をまとめたもの、理想的な状況の土地が環境を物語っているものです。

これを後継のお弟子さんや先達が、わかりやすくまとめたものです。

優勢地とか、理想的な磁場の環境とか、説明する方の解説しやすい方法で表現したものを、相似象に記された方法や、後述で伝承された技法を元に、再現されたものや、それを更に進化発展されたものや、現象をいつの頃からか一般用語として使われたものです。

ただ、その解説は諸説ありまた、創造する手法も無限にあって良いとは思いますが、その目的に有ったものでないとならないと私は想ってます。

私どもでは、その目的を一言で言うならば『結界を作る』と言うことにしています。
勿論これは私たちお中間の共通用語です。

その結界とは
①運気を逃さないバリアを作る
②邪気や不要な不純物を入れないバリアを作る
とも言えます。

更に言い換えると、運気向上の場を創るとも言えます。

運気が向上するような場は、動植物が元気になる効果をもたらせるのは当然です。

そのメカニズムも解りやすく解説できます。
これは、いやしろ教室でお話しています。

人がもっと幸せになるために、より豊かになる為に、自由自在に人生を謳歌できるように・・

イヤシロチで暮しましょうね。

2013年02月12日

■イヤシロチに佇む

炭素埋設をして磁場の安定を図り、土地のお祓いを済ませ(結界をはりました)究極のイヤシロチ化したお客様の炭埋直後のご感想をいただきました。

炭埋完了01宿10%.JPG

炭素埋設の後、埋め戻す前に炭の上に佇んでいただきました。とにかくジワーっと地熱が伝わってくるように暖かくて、頭がすっきりします。⇔クリックして下さいね。

体中にしみ込むほど空気が精妙でいつまでもそこにいたいような快感です。

今なら、まだ体感できます。


是非一度お越しくださいませ

2013年02月03日

■いやしろの恵方は?

早いもので今年もひと月が過ぎあっという間に2月を迎え、今日2月3日は節分ですね。

いつの頃からか、恵方巻を食べる習慣が根付いてきましたね。
image.jpg

恵方(えほう)とは十干(じっかん)により、その年の幸運を招く方角のことで、歳徳神(としとくしん)のつかさどる方角とされています。

恵方は毎年変わり、2013年は南南東の方角とされてます。

恵方に向かって、恵方巻きを食べて開運を願う。

自分の気を高めることととしては素敵なことですね。

ところでイヤシロチの恵方ってどの方向かご存知ですか?

磁場が良い悪いを判断するには、その磁場の方向性にもよるのです。

磁場とは、地磁気であり、地磁気は磁束密度、つまりベクトルです。

ベクトルは力と方向性があります。

すべての事柄に通じると思いますが、意識も行動も方向性が正しくなければ目的を達することができません。

『いやしろ』ではこのベクトルが一番大事なことにつながります。
本当はむつかしくないし、肩に力の入らないお勉強です。

ヒント!これは地球上どこに行っても一緒です。しかも毎年一緒。

一緒に考えましょうね!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2013年03月
● 2013年02月
● 2012年11月
● 2012年10月
● 2012年09月
● 2012年08月
● 2012年07月
● 2012年06月
● 2012年05月
● 2012年04月
● 2012年03月
● 2012年02月
● 2012年01月
● 2011年12月
● 2011年11月
● 2011年08月
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-