炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■炭の材質はどう影響するのか

自分自身で土地の地場を改善したいのですが、材料はどんなものが良いのでしょうか?


と言う、ご質問をよく頂きます。

結論から申しますと、土地の磁束密度をあげる事が目的ですので、通電性も高く蓄電性も高い性質であれば良いのですが、ではどのくらい高いかが問題です。


土地の磁束密度を高めるから、においや湿気の吸着力を高めるだけでなく土地全体の電気的、磁気的特製が安定し、その環境の酸化抑制効果がたかまり、その場の空気の鮮度が高まるのです。


その効果が得られないレベルのものでは、磁束密度を高め、かつ安定させるにはいたリません。


そして、その前に炭の材料と言っても沢山の種類がありその様々な特製を生かすべくブレンドする事がベストです。

現在のように天変地異が続いているような時代はなおさら磁場変動を受けやすいので、単純に炭を埋設すればその効果が得られると言うものではありません。

正しい知識と経験があって初めてその土地にあった磁束密度の適正な向上が得られます。


イヤシロ教室ではその基本的概念を解りやすくレクチャーさせて頂いてます。

風土の状況を知り、今、住んでいる風土の中にあってどのレベルの磁束が適正かは、しっかりと風土と周りの環境を把握する事も大事です。


体験や知識、経験で判断をする事も大切ですが、しっかりと環境の磁束を調べる事も大切です。

測定器も持たず経験則だけでは、専門家でないかぎり非常に危険を伴う事もあります、磁場変動を起こす為です。


適切な材料は、その環境にあったものでなければ適切とは言えません。

しっかりと環境を調査して、最適な材料を選んで参りましょう!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2012年10月
● 2012年09月
● 2012年08月
● 2012年07月
● 2012年06月
● 2012年05月
● 2012年04月
● 2012年03月
● 2012年02月
● 2012年01月
● 2011年12月
● 2011年11月
● 2011年08月
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-