炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2012年09月16日

■炭の材質はどう影響するのか

自分自身で土地の地場を改善したいのですが、材料はどんなものが良いのでしょうか?


と言う、ご質問をよく頂きます。

結論から申しますと、土地の磁束密度をあげる事が目的ですので、通電性も高く蓄電性も高い性質であれば良いのですが、ではどのくらい高いかが問題です。


土地の磁束密度を高めるから、においや湿気の吸着力を高めるだけでなく土地全体の電気的、磁気的特製が安定し、その環境の酸化抑制効果がたかまり、その場の空気の鮮度が高まるのです。


その効果が得られないレベルのものでは、磁束密度を高め、かつ安定させるにはいたリません。


そして、その前に炭の材料と言っても沢山の種類がありその様々な特製を生かすべくブレンドする事がベストです。

現在のように天変地異が続いているような時代はなおさら磁場変動を受けやすいので、単純に炭を埋設すればその効果が得られると言うものではありません。

正しい知識と経験があって初めてその土地にあった磁束密度の適正な向上が得られます。


イヤシロ教室ではその基本的概念を解りやすくレクチャーさせて頂いてます。

風土の状況を知り、今、住んでいる風土の中にあってどのレベルの磁束が適正かは、しっかりと風土と周りの環境を把握する事も大事です。


体験や知識、経験で判断をする事も大切ですが、しっかりと環境の磁束を調べる事も大切です。

測定器も持たず経験則だけでは、専門家でないかぎり非常に危険を伴う事もあります、磁場変動を起こす為です。


適切な材料は、その環境にあったものでなければ適切とは言えません。

しっかりと環境を調査して、最適な材料を選んで参りましょう!

2012年09月02日

■縁結び神社

昨年の震災以来、環境面だけでなく、経済的にも大きな影響が表面化し来てきた実感がします。

東日本の一時的な復興というレベルでなくて、これは構造的に日本の全体の斜陽をも感じさせ、一体回復の見込みはあるのだろうか?
と不安に思うほど、社会全体としては先行きに希望のある話を耳にすることが少ない今日このごろです。

そんな時代ですが、それでも独自の技術やノウハウを創造し、新しいマーケットを想像したり多くの皆様から指示を受けている方がおられます。

福岡にもいく人か、素晴らしい活躍や、経営上の発展を遂げている方がおられます。

私の周りにもいて、その秘密を探ってみたのですが・・・

面白いことに、人には見せないご努力や研鑽を積んでおられ、単純に運がいいとかの問題ではないのはもちろんです。

が、もっと面白い一面を発見しました。

人も羨ましがるような活躍を見せる彼らに共通することがあるのです。

それは、運気をもたらせ、掴んだ運気を逃さないようその方の目的にあった、神社にもお参りしているのです。

阿恵老松神社縮.JPG

そのお宮やその土地の力を象徴するものが、そのご利益として言われてますが。金運神社、縁結びの神社とか、その土地の力を存分に自身のご努力と併せてその目的を揺るぎないものにされています。

この数ヶ月、その有名な神社をまわりまして地場調査とうまくいっている方の動向を探り、間違いなくそのご利益を受けておられるなと確信しております。

写真の神社は、縁結びの神として地元では知られていますが、ここに来られる方のご商売は、素晴らしいご縁がどんどんどんどん、広がっておられる事例をたくさん見られましたし、私自身この調査を始めて以来、会いたい方や、出会いたかった方の輪がどんどん広がっています。

この閉塞感が漂う日本の中で、冷静で客観的な判断を促してくれ、これから進みたい方向へ向かっての必要な努力や行動を促してくれる『イヤシロチ』は、捨て置けません。

運気を高める場を身の回りに作っておきましょうね!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2012年10月
● 2012年09月
● 2012年08月
● 2012年07月
● 2012年06月
● 2012年05月
● 2012年04月
● 2012年03月
● 2012年02月
● 2012年01月
● 2011年12月
● 2011年11月
● 2011年08月
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-