炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2012年07月30日

■回復力をバックアップ

この炎天下、二日続けて草刈に・・ わずか1時間もしないうちに汗だくでへばってしまうほどの体力を奪われてしまいました。 お昼すぎになると、意識もモウロウとするくらいにフラフラ。 呼吸も背中で『ハアハア』と言ったところ。 午後からは、30作業しては10分の休憩なしにはいられない。 仲間がポカリスエットや、オロナミンCドリンクをたくさん冷やしてくれてましたが、相当の汗で追いつかない感じです。 こんな時は、体の中と外から電子を供給することが一番ですよね。 酸化された組織を還元するために電子の補給は当然です。 するとどうなるのか? 瞬間的ですが、シャキーンと心も体もリフレッシュです。 しかし、電子を簡単には補給できないと思われがちですが、そこで電子水を頭からかぶり、ガブッと電子水を飲み干せば半端ない心地よさ、還元状態を体感できます。 まあ、作業するときは10L容器が一本あれば十分です。 よかったですね、これで心置きなく草刈もスポーツも、頑張れます。 まあ、十分な水分補給と細胞に電子のチャージを同時にできるので当たり前と言えば当たりまえですが。 とにかく、夏は電子水を頭からかぶれば回復力も自信も蘇ってきます。
2012年07月20日

■火傷もなんのその・・・電子水の威力

http://www.iyashiro.com/water/ec.html皆様美味しいお水、身体にいい水を飲んでますか?

身体にいい水は、飲んでも良いし、皮膚にも美容にも良いって知ってますか?

この電子水はクラスターが半端なく小さくて、エネルギーが高いのです。
このエネルギーを注ぐ為に、エレクトロンチャージャーからのエネルギーを受け止める電極代わりに『高電導の備長炭』が必要になります。

いやしろでは、すべての備長炭を一本ずつ電子水で丁寧に洗浄し、電子水で煮沸して、エレクトロンチャージしながら乾燥させます。

これは、純粋にエネルギーを高く保持させる為のものです。

で、昨日はその煮沸作業をしておりました。
この炭を洗ったり煮沸する作業は、口で言えば単純なのですが、この作業をするだけでとても気持ちがいいのです。不思議と癒されるのです。

ところが、なれたものとは言いながら!
やってしまいました・・・。

つい油断したのか、指と掌を少し火傷してしまったのです。

煮沸718縮02.JPG

熱そうでしょ?

そうですこの煮えたぎるお湯に・・

しかし!しかし!私たちは日常的なことの様に、こんな時は電子水に暫く浸けておくのです。

流石に昨日は少しひりひりしていたのですが、今朝起きるともう何事も無かったように手と指が蘇ってます。

火傷にも速効・・肌の回復力も蘇る=美容に良い!

と言う事でしょうか?

そうですよね、皆様も手軽に造れる電子水さえあれば怖いもの無しです

良かったですね。

貴方も美容と健康の達人になれますね。

2012年07月15日

■頑張れ日本。九州頑張れ!

目覚めると少し蒸し暑い。

しかし、鳥や蝉の声が元気よく聞こえ、夏が来た予感・・

それにしても昨日までの豪雨が嘘のようです。

凄まじい量の雨、執拗な長さの降雨。

溜まりに溜まった水は川のように氾濫し復旧の目処すら立たないエリアは数知れず・・

これからが楽しみな農作物は、流された儘。
積み重ねの苦労は何処に行くのでしょうか?

只でさえ、夏の野菜の数量が減っていて心配だったのに

このままでは九州から野菜が消えて行くのでは?
日本の食卓に、安心の九州野菜は並ばないのか?

そんな心配も、現実性のある心配事です。

しょんぼり.gif

しかし、嘆いてばかりもいられない。

更に、次の大雨も否定できない。

しょげている場合ではない。

今や、日本全国被災でない場所はないくらい天変地異の餌食になってしまっている。

でもでもでも・・

頑張れ日本!九州の食材なくして安心な食卓はカバーできません。

頑張りましょう!九州!

九州男児の底力はこれからが、本番ばい。

2012年07月04日

■炭の高騰もご心配なく

一般に炭が、環境にも、健康にもいい効果をもたらせ、更に燃料等でエネルギーに代わるものと言うことで自然界にはなくてはならない物になって来ました。

ここで、炭がにわかに高騰している事はご存知ですか?

原因の一旦は、中国で生産された炭が輸出禁止になっている事です。

炭は素材によっても、産地によっても、製法によっても万種万段階に及ぶ様々な目的による効果が異なります。

一般的にこの中国の炭は、燃焼用に用いられ『本格備長炭』と書かれたものがありますが、燃焼用以外には余り適切とは想ってません。

いやしろでは、イヤシロチの創造や電子水の製造をはじめ水の浄化用に日本の産地(紀州・土佐・日向)を限定してその素材を高電導にしつらえ、いやしろ高電導備長炭に仕上げております。

ですが、これらは、電子水やお水の浄化に最適で、併せて健康増進・お部屋の浄化にはもの凄い威力を発揮しますが、燃焼用には余りに勿体無い気がします。

それは、コストの問題です。

では、高電導の炭が勿体無くしかも中国産が輸入禁止の状態に時には、問題が難しく感じますね。

しかし、いやしろネットワークには全国の窯元や産地を電子以外のつながりを持っているのをご存知ですか??

勿論、お茶道専用の炭(クヌギ)から、国内産の馬目樫(一般に備長炭といわれる素材)も相当数揃えているのです。


良かったですね。

貴方も、電子水やお部屋の浄化以外の目的でリーズナブルな炭を求める事ができます。

御用の際は、なんでもお問い合わせくださいね。

お問いあわせはこちらからです!

2012年07月02日

■イヤシロチの薦め

もう7月ですね。

そしてこの数日の雨で、蒸し暑く疲れが溜まりやすいですね。
いっそ、凄く寒いとか暑いとかであれば、それなりの気合の入れ方も違いますし、空調の方法も考えますが、ジワ~ッと来る変化はいつの間にか、疲労感が溜まっているように感じます。

こんな時の対処方法はお持ちですか?

ジャズを聴きに行く、サウナに行く、歴史小説をイッキ読みする・・・
と言うのは、個人的に大好きなストレス解消法ですがこれって、意外に時間がかかるのです。


でも速効で効くいやしろ方法もあります(私の場合)

かっぱの説明.jpg

①電子水を半端なく沢山飲む・・・老廃物が抜けて行って元気が蘇る
②電子風呂に入る・・・・・これは体中の毛穴からエネルギーが入ってきて、ついでに老廃物のすべてを排除してくれる感じでもう相当快感です。
③電子水で腸洗浄する・・・・これこそ、体中の余分なガスが抜けて身も心もスッキリです。
④いやしろエンザミンを飲む・・・これはなんでかは知りませんが、私の場合なんか急に元気が出てきてやる気に置き換わります。納豆菌の力が効果的らしいのですがそのメカニズムは良く解かりません。御酒を飲む前に飲んでおくと悪酔いしないので肝臓の働きが活発になるのかなと想ってます。

いやしろの技術はイヤシロチ化する方法論ですが、ひとことで言えば酸化抑制技術なのです。

その場の空気の鮮度も増し、動植物が元気になるのは酸化した細胞が還元されてくる事です。

他にも、簡易的にいくらでも対処方法はあります。

良かったですね。

簡易的にイヤシロチと同じ効果を貴方のお部屋で実現できれば、今日から貴方も元気モリモリ!

これからやってくる、暑い夏を乗り越えましょう!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2012年08月
● 2012年07月
● 2012年06月
● 2012年05月
● 2012年04月
● 2012年03月
● 2012年02月
● 2012年01月
● 2011年12月
● 2011年11月
● 2011年08月
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-