炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■磁場計測の意味

磁場がいいとか、磁場が悪いって言うのはほとんどの場合まちがった捉え方をしておられる方が多いです。

学術的には、磁場って磁束密度なんですね。

その磁束密度は先にお話した、直流の磁場測定器で計測します。(3軸でないと意味はありません)

その地磁気って計測する前に、概ねの磁場は理科年表で確認できます。

理科年表01.jpg

日本各地の磁場を確認できます。

なぜ3軸の計測器でないといけないかは、磁束密度の値を求める公式は、下記の図のようにX軸、Y軸、Z軸の磁束の二乗を合計した平方根ですので、1軸では求めることが出来ませんし、仮に3台の機種を組み合わせても、その瞬間の誤差も生じるのです。

地磁気縮.JPG

そこで、3軸の計測が出来た後その値をどう分析するかが問題なんです。

ですから、専門家で無い方がその値の絶対値を知る事が出来てもその値の(経年変化の意味)変遷がどうなるかが解からなければ、正に宝の持ち腐れです。

しかし、この地磁気の単位時間の変化は見ていると非常に面白い動きなんです。

この値の読み方は、ビジュアル的に見ることで一層楽しく見入ることも出来ます。


詳しくはいやしろ教室にてご案内したしてます。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2012年03月
● 2012年02月
● 2012年01月
● 2011年12月
● 2011年11月
● 2011年08月
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-