炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■邪気をはらってファイト100発!

店長の横尾です。

昨日は、新しいパンフレットの撮影会でした。

松下専務理事が、お子様を連れてこられまして楽しい雰囲気のうちに撮影も終了しました。

いや、それにしても流石プロの世界は違いますね。(勿論プロのモデルの話です)
プロはただ絶世の美人と言うだけでなく、ファインダー越しに見つめるとその表情もいっそう凄味が増し、表情の一つ一つが生まれかわるようにイキイキとしてきます。

もうまるで水を得た魚って感じですね。

あらゆるリクエストにも敏感にその表情を変え、巧みな表現力には感心するばかりでした。

お陰で程よい緊張感の中予定時間通り撮影会も終了し、しばしコーヒータイム!

ココでは、ある方が満を持しての『いよっ!真打登場!』って感じなんです。
その主役は、そう松下専務理事のご長男のY君です。

まだ年齢は2つに満たない程幼いのですが、あっと言う間にお部屋をバラ色の世界に替えてくれました。
そうですね、まるで魔法使いが魔法の杖で、笑いの世界にいざなってくれたかの様に・・

Y君の無邪気な笑い声が、それまでの緊張感は勿論、そこの40日あまりの重苦しく切なかった日々の積り積った疲れと暗い空気を一度に吹き飛ばしてくれました。

震災が発生して以来、松下専務とは幾度も幾度も何をすべきかを論じ合い、役所に向かい~その動きの悪さに愕然とし、それならばと二人で被災地に向かい『除菌と消臭のお手伝いと、物資のお届け!』のつもりが、現状の惨さと、自分たちの無力さ、そして何かが出来るとお思いあがりで、本当に落ち込んでいたのが改め自分たちの吸っている空気を重くしていたことを改めて感じたくらいです。

子供さんの無邪気さって凄く大切ですね。

で、Y君は何故無邪気に笑い続けてくれたのでしょう!

実は、コーヒータイムのテーマは、これまで私たちが感動したり、喜んだ事例を挙げていたのです!

『ええっ!本当!!』
『凄い!』
『うっそー!!』
『信じられない!』
と言った感動と、驚きの状況を再現するかのように話していただけなんですが・・・・感動する瞬間って、大人も子供も無い様で、その話と会話の弾んでいる内容にY君はただ純粋に反応しただけなんだと思います。

でも、その笑い声が半端なく楽しいのです、元気も、明るさも、そして邪気のない純粋なこころを見せてくれたようでとっても楽しかったです。

緊張感も、余談を許さないぞと言う意気込みも必要な時ってありますね。特にいつまで続くのか解らないほどの非常事態の時・・・今がそうですが。

どうしてもこわばりがちな表情、そして積極的とは言いながら決して心の隅々まで前向きになれないでいたのも偽らざる今の状況でした。

あのY君の笑顔と無邪気な笑いは、凄く励みになります。堂々と一生懸命働き、正々と復興支援に邁進していけそうです。

無邪気さを見て、必要以上に慎重になっていて帰って邪気に包まれていた事を振り返ることが出来ました。

Y君の笑顔を思い浮かべ、今できる最高のパフォーマンスで一つ一つ目の前のことに全力投球していけそうです。

いや、子供さんの笑顔と声ににココまでパワーをいただけたのは久しぶりです。

また今日も元気良く、感動をお届けできるように、ガッツ満タン!頑張ります!

ファイト~~!100パ~ツ!!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-