炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■イヤシロ魂は奇跡も起こす!

想い一念!想いは叶う!奇跡も起こる!~と感じた話です。

一昨日は、誕生日でしたので、ご挨拶がてら花尾山~権現山へ行って来ました。

目的は、父が生涯を通じて大事にしてきた『花尾山城址の公園清掃』をするためです。

亡き父は
『誕生日と言うものは両親に感謝する日』と言っては『この世に生んでいただいた事を母と父に感謝しろ!』と言うのが口癖でした。
これには、正直素直になれず、父の生前は少し以上抵抗感を持っていました。

しかし、いざ父が亡くなると異常に両親が恋しくなり、親父に会いに行くような感覚で平素はこの山に登りたくなるんです。
元論誕生日となると、生んでくれた事への感謝する気持ちは十分ありますから・・

それにしても思い切りいい天気でしたので爽やかな汗を流し山頂へ・・

すると近くの子供会の方々が大勢こられていて楽しそうに和気あいあいって感じでとっても楽しそうな雰囲気です。

その後、父の跡を継承して続ける公園愛護会の役務である記念碑のお掃除と片づけを済ませ、東コースにて下山です。

誕生日と言うこともあり、忠魂塔を拝み大和魂を忘れないように気分一新いたします。

ここでは、毎回気になるのが『草木塔』を建立するのことです。

草木塔.jpg


父はこの北九州の土地に草木塔が一つも無い事を嘆き、絶対に後世に残し、この城跡に文化の大事さを伝えたい言うのが口癖でした。

父の友人達にも『絶対に建てる、花尾山に死んでも建てる』と言い放ってまして、死の直前でも言っておりました。(父にとっては、最高のイヤシロチであり母なる大地に帰って行く場所です)

死ぬ前にそんなことを言うなんて!

それは『お前が建てれ!』と、私に言っているようなもの、、と、不安一杯。しかもこれが遺言になってしまうともう私は胸が苦しい。

父の葬儀のあと、そのことが気になり親族にその旨を相談したのですが、『そんな莫大な費用をかけてする必要は無い』と、皆口を揃えて言います。
半ば、私の思いつめたその意志を強制的に忘れさせるような感じでした。

その塔は本格的に建立しようとするならば、当然莫大な費用が掛かります。こんな山の上に建立するとなると当然ですね。

以来、私は長い年月をかけてでも必ず建立する事が今後の自分の夢になってしまいました。

でも、それはどれだけの長い歳月を要するかは解りません。

テーマの奇跡はココの部分です。
せめて、記念樹でも植えておきたいと想い、父が長い間懇意にしていただいた団体の会長さんに、まずは委員会を作る事からはじめますので是非ご協力をお願いしますと、ご挨拶していたのです。

しかし、費用の事ばかりでなく公共の場所にて行う事ですので簡単には行くはずも無く月日はあっと言う間に3年半経ちました。

そのことで胸を痛めながらも、絶対に諦めないと想いもあり、忠魂塔にて入魂を誓ったんですが・・

奇跡は起こったのです。それは登山口へ下山し、いつもの場所で山へ向かってご挨拶をしようと想った瞬間

『なおっさん!なおっさん!』
と何処から聞こえるのか、大きな声がするのです、振り返ると当地のSさんのご一行が私に手を振ってくれてます。

このSさんは現在四期目の市会議員をしておられますが、先ほどの会長さんのブレーンでもあり父の後輩でもあります。

『なおっさん、久しぶり!丁度電話しようと想ってたんだよ、あれが決ったんだよ!』

『ご無沙汰してます。で、あれって!?なんですか?』

『記念碑の樹たい、まずは木を植えようと言う事が○○会で決ったんよ!』
私は耳を疑いましたし、にわかに信じがたき事です。

『え~~!ありがとうございます!』
と言って、早々にご挨拶を済ませ、車に乗りました。

その後は感極まって、、涙が溢れ、言葉にはなりません。

これって、正に死んも実現すると言った父の執念ですね。

執念の石.jpg

草木塔へと続く記念樹は、私にとって執念の石に感じます。

勿論これが私の父との約束を果たす第一歩ですが。

いやしかし、想い一念岩をも通すと言いますが最高の誕生日でした。

正に、親に感謝すべき一日であると感動の日でしたし、生涯忘れられない思い出になりました。

人生すべからくこのくらいの執念を燃やし、物事に取り組めばいいのでしょうが、今後の人生に活かしたい素晴らしい教訓にもなりそうです。

本当に望みを叶えると言う事は死んでも諦めたらいけないんだと強烈に想う出来事でした。

夢に向かって、目標に向かって、もっともっと執念を燃やし、今出来る事に則行動!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-