炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■やはり目的を絞り込む事が大事ですね。

昨日は、ある異業種交流会の『○塾』に呼ばれまして、不肖私目が90分ほどお話しをさせて頂きました。

20数名の方々の集まりですが、予測に反して女性の方が多い事には一寸した驚きでした。

『マーケティングや、これまでの歩みについて』のお話をして下さいとの依頼でしたので、45分ほどそのお話しをさせて頂き、残りの半分を質疑応答に当てさせて頂きました。

現在の厳しい環境下にあってやはり皆様の苦戦しているのは、受注活動や情報収集についての様でした。また、私には以外でしたがこの時代にあってホームページや、ブログを活用できてない方が多いのですね。

何故、やっていないかとお尋ねすると

・なんだか難しい
・教えてくれる方がいない
・書くことが苦手
・なにをアピールすればいいのか解からない
・何処から手をつければいいのか解からない
・すべてのやり方が解からない
・時間が無い
・機械が苦手
・何をして良いか解らない

等々で、どれも数年前の私が感じていた事ばかりでしたので、その苦手意識は手に取る様に解ります。
が、何が解らないか、それが解らないという方もいます。

それも解りますが、『何をしたい』と目的の意識を定めなければ、必要な情報が入ってこないのは当たり前ですね、これは自分の中にも毎度感じる所です。


後半の質問タイムに入りまして、ある方が『イヤシロチ』についての質問がありましたので、簡単にご説明すると、矢継ぎ早に、『パワースポットとは・・』『野菜の造り方』『磁場改善の価格』『特定の地域の、パワーの比較』等々の質問を頂きまして、眼に見えない力へのご興味の高いのには驚かされました。

どれも質問の意図がご自身の今困ってる事へ直結して言う様で、それなら興味が有るのも当然だとこちらが逆に納得するところです。

しかし、『炭を使ったイヤシロチ化の方法』や『物質の変成』などの究極の目的は、ご自身の心と身体の健康は勿論ですが、『冷静な判断を自ら行う』『思い通りの人生を過ごす』事にあり、そのためには、土地も環境も食べ物も、そしてご自身も健康・健全・安全でなければなりません。

そこで、いつも申しあげていますが、『論より証拠』です。

物質や環境はこう変るというものを体験してもらおうと、簡単な実験を致しました。

①電子チャージのパンは、押しつぶしても元に戻る弾力性
②瞬時にニオイを消す水
③炭の力で、食べ物の鮮度を変える
を短時間でやったのですが、皆さん目をまん丸にして、大笑い!

『なんでこんなことが起こるのか?』
『そんな馬鹿な?』
『ええ??・・・ホント?』


『でも凄い!』
『初めて見たバイ!』

などなど・・・、

『ダンディさんのお話は本当なんですね!?』
『失礼な!』

なんて冗談も申しましたが、耳で聞くよりも、文字で読むよりも『眼で見て、触ってみて、食べてみて、匂ってみる!』
当たり前ですが、ご自身の五感で確かめる事がもっとも解りやすく、何も説明が要らなく(多少は要るけど)、自分の認識の中で確かめられます。

でも、どれもそうですが『何を確かめたいか?』が一番大事ですよね。

お仕事も、生活も、目的を明確にしないと大事なものを見逃してしまいますし、かえって意識を混乱させますね。

パソコンやネットのお話しもそうでしたが、冷静な判断は、何を知りたいか、何をしたいか、そのゴールを決めないと出来ないのは当然だなと改めて感じたものです。

目的意識や、何が解らないのかの整理って本当に大事ですね。
自分自身ココを強く感じた一日でした。

いやしろについては、驚きの体験が山ほどあります。
どれも論より証拠とご自身の目で確かめる事が大事です。

NPO法人日本いやしろ協会では、いつでも体感セットを用いて室内でも鮮度保持や、酸化抑制等をはじめイヤシロのびっくり現象を擬似体感・擬似体験できるご用意を致してます。

↓   ↓   ↓
ご遠慮なくお尋ねくださいね!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-