炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■素敵ないやしろプレゼント!

今週のプレゼントです。

一昨日と昨日ニュースで、宮崎産のお米に一寸不純物のようなものが有ったとのトピックスが眼につきました。
最近は宮崎の口蹄液、鳥インフルエンザ、火山の爆発と災難が続き・・、とっても残念に思いますが人間の努力で止められるものも限りがあり、被害がおさまり日本全体の安全を祈願するような気持ちになるのは私だけでしょうか。

そんな中、浄化用の活性炭のご注文が相次いで頂くようになり、こんな時期でもありますので、何か少しプレゼントでもと思った次第です。

ご注文が続いているのは、お部屋の浄化用の炭で、それも活性炭の袋入りのものです。

単にお部屋の浄化と言っても色々な捉え方がありますが活性炭にはウェブサイトでもご案内の通り空気中の不純物を吸着する作用があります。

浄化と言う視点に立てば、不純物を一旦吸着した上で、マイナスイオンの電子をお部屋一杯に充満させ、有害物質の+イオンを中和させることもとっても効果的です。

マイナスイオンをお部屋に充満させるのは、単純にスプレー容器に入れた電子水をシュ~!と散布するだけです。

この極めて単純とも思える電子水のお部屋散布は、その単純な作業に似合わず、とっても新鮮な酸素を吸入しているような実感を与えてくれます。
つまり酸化抑制空間へいざなってくれるのです。

酸化抑制効果とは、文字通りものが腐りにくいということです。
では電子水を散布することが酸化抑制効果につながるのか?それを体感する事は出来るのか?と、質問が良く来ますが・・

例えば食べ物や植物で体験してみましょう!

実験例として、お団子を二つ用意してみましょう。一つはそのままお皿の上にそのまま置いといて、もう一つはそのお団子に電子水を吹きかけて見ましょう(2~3回シュッシュ)で結構です。そして、その後の様子を見てみると・・・
アラ不思議!?何もしないお団子は、お部屋や季節によって違いますが3~6日で酸化が目に見えて来ます(ひからびたりカビが生えてきたりして)。一方電子水散布の方は、何もしないお団子よりも数日間びくともしません。

産業界においてもこれを導入されて、実際に和菓子やお団子屋さん等で、商品に電子水を拭きかけ、旨みを高めたり、鮮度をより長く保持させたりで商圏を延ばし、お客様からの好評を博している方も多いのです。

私も実際に、食べ物を頂く時は良くやりますが旨みもますので、事務所や自宅に遊びに来てくださったお客様に試してみると凄く驚かれます。

また、植物の葉っぱに噴霧しても、全くその勢いが違います。
観葉植物などは、光合成の働きが活発になるので新鮮酸素をより活発に放出してくれてお部屋を浄化してくれる一助をになってくれると思います。


今回、『活性炭のご注文を頂いた方に限定10名様』には身体にe-水の電子水のボトルを一本サービスさせて頂きます。

活性炭と同時に、お部屋の浄化に是非お役立てください。

更に!!今回特別プレゼントです。

お部屋の不純物と言えば、雑菌と嫌なにおいです。
この嫌なもの、有害なものを瞬時に消してしまう凄いモノを開発しましたのでいやしろ消臭剤・ワンダフルピュアのサンプルを一本プレゼント致します。

これは、ペット用と表記していますが、効能は万能です。
お部屋にこもった嫌なにおい、お子様のオムツのニオイ、生ごみのニオイ、タバコのニオイ、おトイレのニオイとなんでもオッケーです。

瞬時に消し去り、しかも除菌まで出来て更に安全と来ています。
是非フル回転でご利用頂き是非、ご感想をいただければ幸甚です。

またお友達等ご紹介いただければ更に素敵なプレゼントもご用意しています。

『大和民族の心と身体の平穏をサポートする』事を大きなテーマにしている当協会ですがまだまだ楽しい環境浄化や、酸化抑制、さらにはコストダウンやビックリ現象をふんだんに楽しめるご利用方法も盛りだくさんです。

ご用命は・・

・活性炭シリーズはこちらから

・ご質問、ご意見はこちらから

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-