炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■いやしろスポットでファイト100発!

三連休は如何でしたか?
あいにくの天気で外にもでれない状況の方も多かった事でしょう。

さて私はと言えば・・・・三日とも楽しく過ごさせて頂きました。
昨日は貴重な日曜、外は3日続きの雪景色。

日曜と雪景色と条件が重なれば当然のこととして向かう先は、当然の事としてある山の頂へ向かいます。

少し変わって性格だからでは有ません。

私にはもう一つの顔があって、ある山の公園愛護会の会長を仰せつかっておりますので、定期的に清掃と、調査や点検に行っているのです。

少々の雪ならば、気にしないところながら、三日も続けばちょっと真剣度が高まります。

北九州ではめったに雪が積もることも有ませんが、断続的に三日続けば枝が折れたり、土砂が崩れる事もありしっかり現地調査が必要です。

当地花尾山は、もともと山城で城跡の歴史がふんだんに残されています。
三つのルートで上る事が出来ますが、それぞれ登山口から20分ほどで頂上にたどり着きますが、中コースは直滑降のごとく、やぐら台、四の丸、三の丸、二の丸、本丸跡へと続きます。


$イヤシロチ講座で超幸運人生の実現


今日は西コースから、山頂へ向かい、中コースを降りる予定です。

$イヤシロチ講座で超幸運人生の実現
三の丸と二の丸の間には、由緒を誇る記念碑が凛々しく鎮座します。

$イヤシロチ講座で超幸運人生の実現


今日のテーマのイヤシロスポットですが、ここには熱気あふれる凄い磁場の場所があります。

立場上その特定できる場所は言えませんが、山頂付近にあります。

$イヤシロチ講座で超幸運人生の実現
これが本丸の跡、山頂です、荒城の月が聞こえてきそう・・・

そのスポットはお写真でお見せできなくてごめんなさい、でも少しその特徴を申し上げますね。

そこは、これまでの炭埋シリーズでお伝えしている様にイヤシロチの特徴の一つを顕著に表現しています、つまり地熱が高まり安定しているのです。

これは電気的特性と磁気的特性のバランスが整いますので当然の帰結ですね。

そしてこのスポットだけは、雪景色に囲まれていても直ぐに分かります。

『なぜかって?』

そのスポットだけは、雪解けが早いのです。

特に炭埋のあとはその炭埋の形のまま土が現れる感じです。
しかも、雪の日でもその上に立って、電位をチャージすれば体内磁場も高まりエネルギー満タン。本当に体中に熱感を覚えます。

寒さに極度に弱い、私でもここでチャージしたあとは半袖一枚で半日は持てそうです。

勿論、標高は低くても山は山ですのでその登山による運動量の勢いも手伝ってくれてますが、その場所でチャージしなければここまでの新陳代謝のレベルにはなりません。

外で仕事をしようとする時は一時間ほどこの登山をかねていやしろスポットでチャージをすれば、その日の仕事の勢いは抜群の効果です。

一日中、蒙ファイトで頑張れます。

どうでしょう!

自らの体内磁場を高揚し、常に安定した感性を磨いてくれるスポットをあなたも見つけてみませんか?

あなたの近くでも探索する事はできます。

イヤシロチや、そのスポットなどの見つけ方は簡単です、しかも科学的に判断する事も可能です。


貴方にとって、いつでもフルパワーを全開できるいやしろスポットはこれからの貴方の人生に大きな力を与えてくれると思います。

ここでご一緒に見つけましょう!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-