炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■自宅のお部屋でイヤシロ体験して見ましょう。

雑菌・有害物質を一掃

昨年は、宮崎の口蹄疫問題が大変でした。

ご当地の方は勿論畜産関連の方のご苦労もまだまだ堪えないものが有ると聞いてます。
漸く復活に向けての意識が整いかけたところで、政府の対応も含めまだまだ環境が整わず実働まで未だ暫く時間も掛かるとのことですが、早くもとの理想的な状態を取り戻せたらと願うところです。

そんな昨今、今度は韓国での口蹄疫問題が発し、隣国ながらうかうか人事と無関心をよそおえませんね。

人の一生は何処に住むかでその80%は決ると言う伝説。

これは、何も『いやしろ』に限ったものではありません。

古来大和民族の優れた精神性や直感力は、これらの力や影響の大きさを法則的にまとめ意識の中にも遺伝子にもその奥儀を叩き込んであるはずですが、文明の進化と共に退化してしまっている部分が多いですね。

まあ、人も植物も、そして食物も風土に合った独自のものが育つと思いますが、招かざるものが、有害物質のウィルスです。

動植物に有害なウィルスは、放置すると何処にでも驚異的スピードで飛んで行きます。

このウィルスは完全に殺菌してしまわないとその猛威は止む所を知りません。

この脅威を遠隔地だからとか、直接の影響を受けないからと放置する事は、ある意味全国的に、地球規模で自殺行為です。

台風や災害などは自分自身では中々防げなくても、ウィルスの撲滅に向けた努力は出来る筈です。

少なくとも今住んでいる場を清浄化する意識や、技術は持ちたいものですよね。
口蹄疫に限らず、鳥インフルエンザも人間以外の動物を触媒として蔓延していきます。
新型インフルエンザに至っては、空気を介して伝染して行くものです。
今の健康を保つ上でも、環境を改善して病原菌から身を守る為にも、病原菌を予防するためにも環境をイヤシロチ化したいですね。

で、そんな事は出来るのか?と言われそうですが、勿論出来ます。

そこでお勧めするのが、自分で超簡単に出来る擬似イヤシロタイムを体感してみるのも1つの手です。

イヤシロ教室で待ってますね。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-