炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■イヤシロチへ向けて『いやしろ教室』

昨日は、一寸早い時間に協会へのご入会希望されるM社長から

『農地をイヤシロチ にしたい』

とのお話から、急遽いやしろ教室・一日コース』の開催となったのです。


本日のテーマは、このM社長の変貌ぶりに改めて

『目的意識の凄さ』を痛感したお話しです。

M社長は、内装業と農園を経営されています。

内装業の方は、お得意様も固定されスタッフンの方が現場を切り盛りされて居られまして、お忙しい中でも自身の時間は見つけ易いらしく、これからの時代背景には農業のあるべき姿をしっかりと確立すべきとの持論をもたれての参加です。

折りしも、この環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に揺れる現在の政治の行く末を見れば一層危機感を募らせるのは当然でしょう。

『以前から有機農法を実践したいと想っていたが、スタッフの育成が揃った事と、この問題が浮上してきていてもたってもいられなくなった』

との事です。

さて、農地をイヤシロ化して有機農法を実行し、クオリティの高いお野菜や米作りをしたいお気持ちは解るのですが、なんとなくではよく解らないので、

『まず、これから向かいたい方向性、目的、目標を教えてください』

と、お尋ねすると、

『いや、ただ必要ですから』

と曖昧なお答えです。

いいものを作りたいし、このままではいけないと言う事は確かでしょう。

気持ちは解るけど、その先の具体的なものがよく解らないので

・いつごろまでに何をしたいか

・その実行した後、何をしたいのか

・どういう状態に自分があれば良いと想うのか

等々を、聞くとどうもイメージが湧いてこないらしい。

目指す、M社長ご自身の存在意義も含め具体的なお気持ちや覚悟をお聞きしないと、

農地をイヤシロチ化し、電子農法のお勧めをしても、それは私の流儀になってしまい、それを活かすM社長のGOARLとは、別のベクトルになってします。

そこで、

『手法や、技術、情報は、いつでも必要な時に学べますのでM社長のお気持ちを整理致しましょう

と言うことで、

いやしろ教室総合講座『③ステップ・マーケティング編』から進める事にしました。

全く難しい作業はありません。
淡々と言葉を整理するだけです。

まあ、一般的に自分が目指す本当のGOARLも、自分の存在意義も、明確に掴んでいないか、表現できない方が殆どですが・・・

『自分の人生のGOARLを決めて、そこにたどり着くためには何が必要か』

ゴール01.jpg


そのエネルギーのベクトルを一致させて頂き、それを常に意識の中に模式化して頂くことがこの段階の目的です。


と、この段階で何か閃いたのか、M社長の目が少年の様に・・

少年の目.jpg


そして、『先生次は、どうしたらいいですか?』

『私は先生ではありませから、名前で結構です』


そして、この3時間後、M社長の大変身が見られました。

ご自身なりに、

『GOARLを決めた』のです。

目の輝きは燦々と照らす真夏の太陽の様に、声のトーンも高くて勢い良く、姿勢も伸びてしまって、全く別人の様になってしまいまして、その変貌は君子そのもの。

『君子豹変す・・』正にその通りでした。

さて、その続きは後半でお話しします。


が、目的が明確に自分の意識に入り込むだけでこんなに変れるのです。

M社長には負けて入れません、私もファイト100発ガンバリます。

色々な能力開発や、啓発のプログラムは数多ありますが、基本は同じ事だと思います。

実際に、自分で真剣に実行するだけです。

イヤシロ教室へのお問い合わせはこちらまで・・

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-