炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■いやしろ化された食事で、心も身体も平穏なり

先週末に、日本いやしろ協会の理事会がありまして・・・
理事会終了後、理事一同あの例のいやしろ料理で有名な”BLSAMO”さんに行って参りました。

 NPOの承認申請が終わった事でそのけじめではありませんが、一つの区切りとして一寸決起大会と言う事をかねてお食事と美味しいお酒を力一杯堪能して参りました。

ココのお話をすると、話しは一辺には終らないのですが、取り急ぎ感動の一こまをご紹介します

副理事長も、専務理事も、常務理事も始めての訪問です。

私が、かねがね

『その旨さの秘訣は電子にあります。
これは食べたらその一口目で解ります。
もし解らなかったら電子を薦めるいやしろ家として、もぐりです』

と、言っておりましたので皆さん表情は、食べる前からやる気満々です。

* 私の宣伝文句が大げさなのか、各自自分の舌の味らい(みらい)感覚が鈍かったらどうしようと一寸緊張も含んで居たようです。

気になるメニューはコースでお願いしました。

お任せのお料理と、呑み放題にしてたったの5,000円?
と、本気で言えるほど、超納得の感動の味!でした。


まあ理事の皆様が一様にその感動を口に出された共通の内容は大体、下の5つでした。


① 店内の空気が綺麗(いやしろちの様)、気持ち良い

② 出される料理が兎に角旨い

③ お水が美味しい

④ いくら食べても満腹にならない

⑤ 独創的な味が素敵ですが、喉越しも全て爽やか

空気が綺麗なのは、
わが協会特製の空気清浄機が厨房にあるから当たり前のようですが、厨房とホールはかなり離れているのです・・・

まあ、色々言っても仕方ないのでまずは
お勧めの定番てんぷらの盛り合わせです。

天才シェフの中本社長が自ら電子であげているので、旨いのは当たり前!
と言ってもらっては話しが直ぐに終ってしまう・・

フライヤーごと電子チャージしているので、油が全く酸化していない。

しかも、初めて体感する感覚のパリパリ感に、外の理事の方は、一口 口に入れた瞬簡に

『何?この食感は!』

この感動の一言で、私の話が大げさでも、なんでもないことを証明するようなもの。

私も、少し安心。

そして、中でも吃驚するのが『車えびの丸ごとてんぷら』です!

見ただけでもその、輝きに驚かされるほど芸術的な美しさ。

『これは、頭の角みたいな部分を取って・・・』と、皆さんに説明していると、

ウェイトレスの方が、

『これは頭からそのまま、美味しく頂けますよ!』

と、アドバイスを頂いて、まずは専務理事がそのままガッツリと!

感性豊かなその専務理事の目が、まん丸になって口を押えながら・・

『無茶苦茶うまいです!』

と、何度もクビを縦に振りながら感動の目が開いたまま!


それを見て、慎重派の常務理事が(私にはかなり疑った目に見えました)

次は僕が行きます。と言って丸ごとドン!

バリバリと、食したその次の言葉・・

『これは本物です!この食感は初めてですが、バリバリのジューシーですね』

と言って焼酎のロックをグイグイ。


このロックの氷も電子水なので風味を損なうことなく、まろやかな旨みに最高に合うとのことです。


そして、副理事長と私と一緒にイッキ食いです。

『ウマ~イ!!!!!』

つい、大きな声が出てしまいました。

この、電子のてんぷらは、野菜から魚介類まで痺れる旨さです。

兎に角、チャージしながらあげているので、どんな魚介類もあのエグミと臭いガ全くないのです。

まあ、電子チャージしてあげるてんぷらの旨さは、もうやめれません。

日本人に生まれ、

この旨さを体感できるのが幸せと思えるのは本当にありがたい。

そして、この感動を家庭でも味わうことが出来る事を知らない方は、ちょと勿体無さ過ぎ!

ここで、御理解いただけた方は、素晴らし感性です。

素材や油が酸化しないで、しかも鮮度を保ちながらの旨さは、油が冷えてもその旨みが変らないのです。

まあ、一寸お店の宣伝ではありませんが、

論より証拠で私も食べてみたい方は是非どうぞ!


黒崎のBALSAMO (バルサモ)さんです。
 http://balsamo.bal-21.com/

これが、嘘でないのは食べなくても行けば解ります。

この長引く不況に黒崎の街は、閑古鳥が餓死しそうな寂しい状態。

どんな素敵なお店でも、滅多な事で満席なんて夢のまた夢のよう。

しかも駅前のメインの商店街から、歩いて5分ほどかかるのです。

が、ココだけは別格のいやしろち・・知るお客様の好評ぶりは今も尚、進化を続け平日もほぼ満員です。

週末になろうものなら、予約なしでは難しい状態です。


勿論、ホームページもあり誰でも知ることが出来ますし、過去にテレビを始めとする報道番組にも取り上げられたりと言うこともありますが、宣伝としてはこのネット上のアピール以外は口コミだけです。

私は今回、空気の綺麗なお店を味わって頂きたかったのですが、理事の皆さんは、このてんぷらだけでも、味の虜になると言っては大はしゃぎです。

その旨さのご紹介は又改めますが、

酸化抑制効果抜群の環境で食べる食事は、身も心も平穏になる事を改めて実感です。

是非論より証拠で、イヤシロ料理をご堪能してみて下さい。

癖になっても保証なし。

ファイト100発の、いやしろ料理万歳です!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-