炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2010年06月28日

■いやしろで梅雨対策

日本全国梅雨景色ですね。

このジメジメとした空気、蒸し暑さは一寸苦手な体感です。
不快指数も上がるばかり。
この季節は、食べ物にとって最も注意信号が点滅する時期です。
一層食生活と衛生に気を使って欲しいと思います。

今年は特に宮崎の口蹄疫問題は深刻で、未だ出口が見えず深刻な問題ですし日本全体の食文化が脅かされています。
国を上げて全力を尽くした対応を求めたいところですね。

私たちも平素、自分の手で、心と体の安全を図らなければなりませんが、この梅雨の時期の食べ物の酸化するスピードは、一年で最も早く進むと言う事をもっと心に刻み、
必要な量を早期に処理できるよう計画的な食生活をも心掛けて欲しいものです。

そこで最も基本的な事ですが、お掃除と同じくらいお部屋の換気は常に行うようにして頂きたいのです。
文字通り、酸化とは物質に酸素が化合する反応、あるいは、物質が水素を奪われる反応などでありますのでお部屋の酸素も新鮮な状態になるよう積極的に入れ替えてくださいね。

そして雨が続くと、嫌な匂いや湿気などが篭もりがちですが、目的のお部屋に適した炭を置く事も有効な方法です。

素材も量もその目的や、広さ、お部屋の構造で適切なものが異なります。
貴方の大切なお部屋にあった炭の有効利用法も有りますので、お気軽に御相談下さい。

いづれにしても、常に風通しを良くすることは食べ物に有効だけでなく、人体にも好影響を及ぼします。
新鮮な空気を吸って、体内の細胞の酸化抑制、疲労回復への準備を心がけて下さいね。

是非、この湿っぽい空気を吹き飛ばすような力強いファイトで、この梅雨を乗り切りましょう!!

2010年06月19日

■エレクトロンチャージャーの修理について

最近、修理に関する問い合わせがありまして、
中でもどうして?と言う感じの質問を頂いたのですが。

『エレクトロンチャージャーを購入して、10年以上になりますが修理は出来ますか?』
『エレクトロンチャージャーを貰ったのですが、メンテナンスは出来ますか?』

当然、
『勿論出来ますよ。』
と。お答えしますよね。

『でも中身が変わるんでしょ?』
と言う、内容の質問が続いたからです。

修理をするという事は、どこか異常があるわけですから、
元の正常な状態に戻すのですが、
『中身が変わるのでは?』
と想われる意味が解んなかったのです。

修理、或いはメンテナンス、点検はどこか異常なところがあれば元の正常なところにキチンと組み立て直します。

そこで、同じ質問が続いたので、『なぜ中身が変わると想われたのですか?』
とお尋ねすると、
当社が解らずに他のメーカー様にお尋ねされたか、そちらの資料などを見られた様なのです。
そこでは、修理は出来ますが中身が変わりますよとお答えされたとのことだったのです。

類似商品は多数ありますし、それぞれの特徴のあるメーカさんですが、
そちらでも、エレクトロンチャージャーのHUS,HUX,TU,TUS,TI,TISの修理はできますと、ご案内をしてる様子が解りました。

はっきり申し上げて、上記の
HUS,HUX,TU,TUS,TI,TISの機種は、
私どもか私どもの代理店様を通じてしかできません。

理由は、中にあるコンバーターが独自のものだからです。

しかがって、私どもでは他社さんの修理は出来かねます。
それぞれ、保証が出来ないのです。

それは他社さんに持ち込まれても一緒のことなのです。

まあ類似称号のものはありますので、混乱はいたしかたないと思いますが、
エレクトロンチャージャーの
HUS,HUX,TU,TUS,TI,TISのものは、是非ご安心して弊社にお任せください。

また、一時使用をやめてかなりの時間が経過したチャージャーは、そのままご利用にならず、
一度メンテナンスをする事をお勧めします。

コンバーターの劣化は、見た目では、解りにくく判断は難しいと想われます。

まあ、少しでも不安や、疑問を感じられたら、御遠慮なく御一報下さいね。

チャージャーは、正しく使えばいくらでも応用範囲が広がりますからね。
宜しくお願いいたします。

2010年06月11日

■いやしろ浄水炭

いや、もう夏本番ですね。

って言うか北九州はその前の梅雨に突入いたしました。
この数年梅雨になると、だんだん激しくなるゲリラ雨も一寸心配の種です

そして、この季節心配なものがもう一つ、食生活の中にある酸化作用です。

食べ物も、食材もこの時期劣化が進み安くなりますね。
その劣化の原因は、酸化(酸化(さんか、Oxidation)とは、対象とする物質が電子を失う化学反応のこと。具体的には、物質に酸素が化合する反応、あるいは、物質が水素を奪われる反応などである。・・以上ウィキぺディア フリー百科事典)が進む事であり、食中毒等の原因の大きな要素です。

私たちのイヤシロの目指す方向性は、この酸化抑制効果の促進と、環境の浄化と言うことになります。

その抑制効果は抜群で、鮮度保持にも繋がり色々なその方法がありますが
まず持って皆様に親しみやすくて手にとって欲しいのが今回ご紹介する
”いやしろ浄水炭”です。

これは、活性炭を小さく砕き、ミル状にしたものをパックにしいます(紐のついていないティバッグ風です)
実は、これが身近に味わえる酸化抑制の源です。

イヤシロによる酸化抑制とは、酸素と化合しにくい状態を作ることです。
(酸素と化合すると言う事は電子が奪われやすい環境になると行くこと)私たちのお届けしたい事は、電子が奪われにくい環境を作ることでもあります。

話しは元に戻りますが、まずは酸化しにくい身体を作ることです。

私たちの身体は、70~80%が水で出来ております。
その水分を含んだ体液が、酸化しにくい状態のものに近づけることが第一です。

そしてその対策として、クラスターが極めて小さく、固有振動数が活発な電子水を大量に摂取し、体液を活性化し、老廃物を方だから排斥する事が一番の基本です。

この事は、また詳しくお話ししましょう。
しかし、この電子水はエレクトロンチャージャーがないと、作ることが出来ません。

また、設備をつけるには時間も場所も、またお金もそれなりに必要ですが、
手軽にこの、特性を活かしてプチ電子水を作るのが、”いやしろ浄水炭”です。

作り方は手軽です、ポットやボトルに入れた水道水(井戸水)にこの浄水炭を一袋入れるだけです。

少し(10~20分くらいつけて飲めます、そのまま浸けっぱなしでもOKです)凄くまろやかで、美味しく飲めます。
勿論、コーヒーや、焼酎などにもご利用で来ます。

更にアルミパックには、固有振動数を活発にさせるチャージ効果もありますので、この水を入れたアルミパックを容器の下におくだけでも相当異なります。

出張や、旅行にも大変便利です。
是非この季節、ご利用くださいね。

いやしろでは、こんな楽しい商品が目白押しです。

(あくまでも生活シーンで、酸化抑制・鮮度保持を体感して欲しいと言う一環なんですが。)


2010年06月01日

■みんなでいやしろ!明るい豊かな世界を築きましょう!

今日から6月ですね!

皆様、如何お過ごしですか?

これから梅雨を迎える季節ですが、ご準備は大丈夫ですか?
生活の中に潤いは必要ですが、お部屋の中のじめじめ、ジクジする湿気はカビやばい菌の発生する元です、空気の入れ替をして、常に新鮮な酸素を取り入れましょうね。

酸素は人体の健康に取って本当に大切なものですが、新鮮なものでないといけませんね。
人体にとっても、動植物にとっても、有害物質お言われるものは+イオンの塊とされ、身体にも好影響を及ぼすものが-イオンと言われてますよね。

この-イオンは、新鮮な空気の中にあり、じめじめ、ジトジト空気の中には+イオンが多く残ってます。

体が疲れたり、食物や植物が腐ったりするのは、物質が酸化している状態です。
これは、酸素と化合しているのですが、その化合する酸素が+イオンを多く含んでいるのです。

地球は水の惑星と呼ばれています。
地球表面の70%が海だからですよね。
人体も、70%が水分です。

自然環境も、人体もこの水分が綺麗な状態であれば、快適な空間と、健康な身体を維持できるのです。

いやしろとは、自然の摂理に基づいた浄化システムの叡智とも言えます。
浄化とは、文字通り綺麗にすることです。

自然の摂理に基づいた生き方や手法、技術、工学を上古代より流れる大和民族の叡智としてこれからも活かせる素晴らしいものです。

心も、身体も、環境も浄化して、大切な私たちの地球環境も、大切な私たちも健康も、私たちの手で何時までも健全に保っていけるよう私達は精進して参りたいと思ってます。

当、いやしろでは、その一部しかご案内できてませんが、何かお役に立てるものがございましたら何なりとご一報下さいね。

商品のご用命だけでなく、快適な環境を私たち自身で創造できるものも沢山あります。

時代背景は、本当に厳しく落ち込んでますが、時代が同であろうと、自分の今の環境がどうであろうと、美しく逞しく生きて行ける方法や意識の高揚の仕方はいくらでもあります。

色々なご意見ご要望、お待ち致してます。

トップページのお問い合わせの、窓からお越し下さいね。

今月も、一月ファイトイッパ~ツ!頑張りましょう!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-