炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2010年05月30日

■いやしろの夢,一緒に追いかけましょう!

私達は、心と体の平穏な生活の実現を目指してます。

この実現の為には、生活を取り巻く自然環境も、私達の体の細胞の一つ一つも生き生きと本来の機能が活性化していなければ成りません。

そして土地の持つエネルギーも、体の細胞の一つ一つが還元された酸化しにくい理想的な状態に保つ必要があります。

健康は、万人の願いであることは言うまでもありません。

では、逆に疲れや病気の現象のメカニズムを考えて見ましょう。

体が疲れたり、植物が枯れたり、食品が腐食したりすることは共通の物理的変化を伴っています。
それは、分子構造に酸化現象を伴っているのです。

ではその酸化現象は何かと考えて見ましょう。

人体には70兆とも言われる細胞があると言われています。
その細胞を構成する分子を更に小さな単位で見てみると、原子があり、原子核の周りをマイナスの電子が、バランスよく回っています。

このマイナスの電子が、その軌道を離脱する現象を酸化と言います。
その状態の折に酸素と化合しています。

物質の腐食も、体の疲れもこの酸化が進むことでその現象が現れているのです。

では健康な身体を保つには、どうすればいいのかと言えば、体が酸化しにくい状態に保って行く事も大きなその対策でも有ります。

食品の鮮度を保つにも、マイナスの電子が離脱しにくくすれば酸化を防ぎ、鮮度をより長く保持できて安全な食文化とその環境を保つことが出来るのです。

そこで私達”いやしろ”の役割は、心と体の平穏を実現するお手伝いだと言っておりますが、言い換えれば心と体の平穏を保つために、人体や、部室が酸化しにくい環境を創造し、人体の細胞そのものを活性化するお手伝いとも言えます。

言い換えれば”いやしろの叡智”とは、その手法・技法・工学・技術であり、これらを間違いの無い方向へ保てる思考回路の制御、意識の持ち方、生き方、考え方でもあるのです。

しかし、社会生活を送って行く上でこの実現を果たすには、各分野で、各産業界で、各エリアでの同じ志の仲間が必要です。

医療現場にも、食文化の分野にも、住生活の分野にも、教育の分野にも、そして津々浦々の地域においていやしろの知識や技術を実践し、生かせる仲間がいて初めて、安心して生活できる社会が生まれ、私達の目指す、心と体の平穏を実現できるのです。

一言で”いやしろの具体的な技術や、理論、思想”と言ってもそう簡単には、理解し応用できる物では有りませんが、実際に今すぐできる部分も同時に数多くあります。


そこで、これを求められる個人個人へのお手伝いを一緒に実現できる多くの仲間を求めています。

これは自信を持ってお勧めしますが、物質の酸化を抑え、心も人体も平穏に成るお仕事はそれはそれは感動的であるし、お客様のお喜びは何にも変えられない大きな喜びになります。

そして多くの分野と言うより、全ての産業の分野で直ぐにでも活かせる技術や手法も数限りなくあります。

どうか一人でも、この素晴らしい技術や文化をご一緒に活かして見ませんか?

私達、日本いやしろ協会の仲間は、志を同じくする皆様を歓迎いたします。

是非喜びを共有いたしましょうね!。

2010年05月28日

■大和民族の誇り

昨日はちょっと冷え込みましたね、五月末の陽気とは思えませんでした。

夏の入り口まできてちょっと足踏み状態ですね。

私は季節の中では秋が一番好きなのですが、最近私の体内磁場はその秋を体感している様でもあります。

と言うのも、本来一番の楽しみの趣味は、一仕事終えてジャズをゆっくりと満喫する事ですが、この数日は完全に読書の秋ならず、この季節に読書三昧に浸ってます。
まるで秋の夜長状態です。

本来これまで、最も大和民族に生まれてよかった事を実感できた事は、素敵な眺望のする土地や景勝地などを訪れる事もさることながら、日本建築の文化に触れる事でした。

中でもやはり、桂離宮は別格ですね。

ところが、この趣味も、興味の対象も押しのけて、日本の文字の文化に最近新たに目覚めてしまった感じです。

ひらがなも、カタカナも、漢字も全て意味があり、一つ一つに味わい深い奥行き感じます。
一文字に何の意味が込められ、どういう風に受け告げれ来たかを思うと、もう勝手に歴史と文化を想像させてくれ、好きな字を見つめるとそれだけで、ドラマが生まれてきそうです。

そもそも、何でまた今、読書にはまったかと言うと、
この”いやしろ”の起源を今の時代に再登場させてくれた故楢崎皐月翁の残された”静電三法”に端を発し、そのお弟子さんである、故宇野多美恵先生の残された”相似象シリーズ”に残されたカタカムナの80首の古代文化と言える古代文字と言うか、八鏡文字を見つめなおすといつもこう言う副作用が起きます。

この80首のカタカムナ文字を最初に手にして20年弱ですが、この間少しずつ増える宇野先生の最期の力作に向かって、毎年一ヶ月くらい掛けて、読み直ししてますが、ここ数年漸く理解しかけてきた事が、今年になってなんとなく、体感で味わえる感じがして来たからです。

まあ、故楢崎翁でさえ、解読に10年弱、そして宇野先生でさえ数十年の時間を重ねて漸くつかめたものですので、私が簡単に理解するなんておこがましいのですが・・

そなこんなで、日本の文字の想像力は、大和民族ならではです。

そして、味わい深い日本のかな文化、『かなずかひ』には、もう最近ノックアウトされてます。

如何にこれまで勉強してこなかったかを白状するようですね。

やはり日本の言葉は素晴らしいですし、それを表現する文字やその組み合わせで織り成す情景の想像性、創造性は大和民族に生まれて本当に良かったなとじっくり味わってます。

まあ、文字も去ることながら、このカタカムナの80首に秘められた文字を、原文で読めるようになれば凄い文化・文明の伝承者になれるでしょうか、、

もう暫く、この季節に浸りながらこの文化を満喫したいと思ってます。

本当は、お勉強よりもこれを活かす事に試行錯誤しなくてはなりませぬが・・・お許しを!

 

2010年05月27日

■住まばイヤシロチ

今日のテーマは、自分を創り上げてる全ての特性の質を高めると言うことです。

人の生き方や考え方に一番影響を及ぼす要素は、その周りの人と思います。
そしてその人に凄く大きく影響を及ぼすものの一つに、生まれ育った土地の風土があげられると思います。

風土とは、風と土と書きますが文字通りその周りの土地の持つエネルギーそのものでもあり、その空気そのものでもあるのです。

そしてそこに流れる水も、動植物には大きな影響も及ぼしています。

そこの場所や、エリアでしか採れるない植物や、生殖する動物もそこに流れる空気や土地の影響を受けて育つのですから、やはり土地や土地柄の影響は凄く大きな力ですね。

郷土料理や、方言、独自の慣わしや、郷土文化などそこに住む人達の共通の人生観や、気質にまで奥深く影響するのです。

これは私の専門分野の一つですが、、、、
土地の力を、物理的な尺度では地磁気で計測する方法もあるます。しかし確かにその影響は大きなものではありますが、全てではありません。

でもたったその地磁気の特性も、類似した特性を持つ全く違うエリアの地磁気特性を持つ場所やエリアには同種の共通事項も多く見られるところからも、土地の影響は本当に大きなものだと思います。

そして風土が織り成す郷土文化はとっても楽しいものがあるとつくづく感じる時があります。

その土地がイヤシロ地かどうかも重要ですが、その前にその特性をどう活かすかも大きく人生に左右します。

先だって、テレビ番組で、『○○県民の特性』と言うものを、放映していました。
全国の県民を代表した有名な方々がその県や、県のある場所だけに通用する文化や習慣を
ご披露していましたが、これまた実に面白く、どうしてこの食べ物をこんな食べ方をするのか?とか、どうしてこの時期にそんなことをするのかと疑問に思うような習慣を真剣に行っていてまるで地域ぐるみで、イベントを楽しんでいるようにも見え、それを見ているだけであっという間に一時間が過ぎるほど興味深く見入ってしまいました。
この土地の影響を見て、その影響を及ぼす本質は何かと言う事を上げればいくら上げてもきりなく出て来る事かと思うところです。

そして、今日のテーマに戻りますが、自分を創り上げている全ての質にも、この風土の影響があることを認識した場合、いやおう無しに自分自身の中にある郷土の影響を認めざるを得ません。

私も、自分では標準語でしゃべっているつもりでいても、知らないうちに方言丸出しであったり、考え方にも習慣にも県民性や、市民性などモロに出ていると指摘を受ける事が珠にあります。

これは、自分で修正可能なものと、どうしても払拭できないものが有るのでしょうが、私は郷土文化に慣れ親しんだ一人として、これを自負し誇りに思ってます。

特性は特性として、目指す生き方や、生きる方向性の先にあるもの、そして日々の目的や目標にこれを旨く活かしていけば良いことです。
勿論、TPOに合わせ修正もかなり必要な時もありますが、その特性を細かに分析して一つ一つの“質を高める”ことに意識を持っていれば実に楽しいものです。

風土を大事にして、郷土を誇りに思い、その特性を旨く活かして素敵な一日を過ごして生きたいところです。

そしてその素敵な一日を過ごす為に、自分と言う存在の特性を創り上げる全ての要素の質を高めて、あるがままの自分を最高のクオリティに高めて生きましょう!

イヤシロ地に住む前に、自分で自分をイヤシロ化できる方法も沢山有ります。

自分のクオリティを上げることがイヤシロ全体につながります。

面白いですよね。

2010年05月25日

■いやしろの目指すもの

漸く雨が落ち着いた様ですが、全国的にはまだぐづつく模様ですね。

あっという間に、入梅が待ち受けている感じのする今日この頃です。

さて、私たちが目指すものは、イヤシロをご理解できる方が豊かな生活を送れる様にサポートさせていただくことです。

それは、より豊かな生活を手に入れる事や、夢や願いを実現する為に、心と体が平穏に暮らせるお手伝いをさせて頂くかと言うことです。

それを具体的にサポートするには、環境や体質を酸化しにくい状態へと促進することです。

酸化と言うとなんだか難しく捉える方も居られるでしょうが、実はちょっとお勉強も必要です。
人体も環境も、その根源は一つのエネルギーです。
酸化とは、分子構造をなす電子が中和され安定している状態から、電子と言うエネルギーが奪われることを言います。

だから電子と言うエネルギーが奪われにくい状態を作ることが私たちの役割であり、腕の見せ所なのです。

しかし、この物理的な環境をいくら構築しても、それにもまして、最も肝心なのは幸せを目指す本人の意識の高さと方向性が定まっていないと意味がありません。

これは、願いを叶えるシステムにも当てはまります。

いやしろとは、人が豊かになる為の法則であり、これを綴ったカタカムナ文献にも色々な角度でその具体的なものを表現してますが(相似象より)、この願いを叶えるシステムとも一致します。

私たちの目指すものは、豊かに暮らせる為の環境作りであり、体作りのサポートでも有りますが、幸せを目指す貴方自身の、具体的な夢や願いが定まって初めてお役に立てると言うものです。

ですから貴方の意識の高揚のサポートも重要なお手伝いと思ってます。

日常的に意識を高揚するには大変厳しい時代では有りますし、簡単ではありませんが意識の高揚の仕方の具体的なものもこれから、どしどしお伝えして行こうと思ってます。

このブログでもそうですが、メルマガなどを通じご希望の方に定期的にお届けできるよう検討して参ります。

是非いやしろの目指すものを実現し、皆様の夢や希望に無くてはならない世界を構築してまいります。

今後とも、よろしくお願いします。

2010年05月24日

■エレクトロンチャージャーのある生活

梅雨前だと言うのに、よく降りましたね。

雨上がりの朝は本当に気持ちがよく、-イオンの醸し出す新鮮な空気感が溜まりせんね。

さて、週末に行った
”特別ビジネスセミナー”ですがお陰さまで成功裏に終わりました。

お客様の中には、主婦の方も居られますし、経営者の方も、これから独立を考えておられる方と様々な分野でご活躍の方ばかりでしたが、ご質問も活発で二時間と言う与えられた時間もあっという間に過ぎました。
事務局として一番後ろの席で聞かせていただきましたが、
皆様の熱心に拝聴される姿勢に、その納得度も一緒に分かち合っている感じでした。

坂之上先生の、ご指導の

①マイワールドの構築の仕方。
②そして、人に好かれるには、どうしたら良いか。
③自分の最も大事なものは何か、よく掘り下げまししょう。
と言うお話しは、何度聞いても頷くばかりでした。

そしてその度に、私はこの仕事をさせて頂いて本当にありがたいと実感し、イヤシロ化された土地に住めて、家に中には必要数のエレクトロンチャージャーもあり、本当にありがたいし、最も大切なものの一つだと実感した次第です。


さて昨日は、日曜日でしたが、このお話しにある様に、自分にとって最も大事な事を掘り下げることに再確認させられる想いでした。

昨日は週末でもありますし、一週間のとりまとめをしなければと、午前中に商品の出荷を済ませ、午後からスケジュールの調整や、家の仕事を片付けようとしていたら、ちょっとした不注意で、左足の足首に怪我をしてしまいまして、血がたらたらと流れ出し、
『しまったな!』と思う反面
『これだから助かるんだよね。』
直ぐに、気持ちの切り替え出来ます。

そうです、今日のテーマの様にエレクトロンチャージャーのある生活が何よりもありがたく実感できる瞬間でも有ります。

そう、エレクトロンチャージャーで、電子水も作ることが出来ますし、電子風呂も活用できます。

先ほどの出血も何の心配も要りません。
傷口に電子水を付け、ガーゼやタオルで湿らせただけで私の足首の傷からの出血は直ぐに止血しました。

更に電子風呂に入ると、綺麗にその傷口も残らなく平癒してくれます。

これは過去の経験で何度助かったかと言う体験があるので、瞬間芸の凄技です。

日常にこんな、チャージャーを活かせる事が出来て本当に幸せです。

電子水の1Lの容器で、ご体験をする事も可能です、郵送料のみのご負担でいつでもこの面白体験、吃驚現象のような生活も満喫できます。

いつでもお気軽にお問い合わせ下さいね。

2010年05月22日

■特別セミナー開催

特別ビジネスセミナー

今日はいつもと違うご案内です。

人生を思い通りに生きていくためにも、心と体の平穏を図っていただくことが一番大事なことであるとの想いから、電子水や炭埋をはじめ体の健康増進・環境の改善提案を平素はお勧めする私たちでありますが、皆様にとって、この厳しい時代背景だからこそ目の前に困っている悩みや不安の解消について知りたい情報もありますよね。

それは、夢や希望を持っていても、どうしたらそれを経済的なものに置き換えることが出来るだろうかと言うような、具体的方法論も知りたいと言う方の声も多くあります。

そこで、今日はあのマーケティングコンサルタントとしてこの時代の第一人者であられる先生を講師にお迎えし、弊社のクライアントの皆様を中心にしたセミナーを開催するお知らせです。

その講師は皆様ご存知、ビジネス書のベストセラー『富裕層マーケティング』の著者
坂之上博成先生です。

先生はこの厳しい時代にも生き抜く独自のマーケティング理論で、全国に多くの経営者の皆様や、企業を目指す方々から絶大な人気と信用を得て、幅広いご活躍をされています。

私も、この著書を読み、セミナーや勉強会にも何度も出席し深い感銘と、直ぐに役立てるノウハウやご指導を頂き勇気百倍で毎日を過ごせるものです。

先生のお話を聞けば皆様も、たとえ時代がどうであろうと、経験や環境がどうであろうと一番大切な自分自身のマイワールドを如何に熱狂しながら構築するかが重要であり、目の前にあるものに敢然と立ち迎える勇気が沸いてくるものと確信します。

うまくいかないことを他人様のせいにしたり、時代や環境のせいにするような後ろ向きな思考は、何の意味も無いことに気付かされます。

こんな時代だからこそ、自分自身を見つめあるがままの姿を受け入れ、自分自身に隠されたポテンシャルを自分自身の手で切り開ける喜びは何にも変えがたいものです。

自分自身のこれからの夢は自分で切り開きましょうね。

先生のお話や、皆様の様子などまた改めてご報告したいと思ってます。

まずは、当たりの事をきちんとやれる姿勢で、今日の特別セミナーに臨みたいなと思ってます。

2010年05月18日

■常に臨戦態勢を・・

梅雨が来る前に、夏の暑い雰囲気がやって来た感じのこの数日です。

今日から数日、雨が降るとの予報ですが、この雨の予報も先週から、どんどんと言うかずるずると言うか、延びていてお仕事にも若干影響がでてます。

先週の予報では、日曜月曜の二日に及んで雨が降ると言うので、先週の土曜の仕事を今週の水曜日に
延期したのに、それが今日から天候が思わしくないとのことで・・

又今週の段取りは狂ってしまいました。

まあ、大事な仕事は前準備が肝心なので、かなリ神経を使います。

お仕事と言うのは、磁場の調査と、ミニ炭埋なのですが、磁場の調査とミニ炭埋は雨が降ると出来なくはありませんが、後でやり直さなくてはならないことが多く、二日間の天気が続かねば通常は出来ません。

特に、磁場の調査は、地磁気のバランスを計測するだけでなく、自分の身体をセンサーにして、その地磁気との整合性を感知する事が最も大事な事の一つなので、理想的には二日間の絶食をします。

只、近くであったり概ね理解できるところであれば、前の日の一日絶食でまかなえます。(経験上で)

そんなことから、この天気予報がずれてくると、体調管理も都合よく良くいかないのです。

お陰さまで今回は、大きな不都合もありませんが、スケジュールの中にお食事会や、接待などが絡みますと結構大変なのです。

と言うことで、天候に関する愚痴っぽくなりましたが、只の不都合の話でなくて、予測と準備について常に臨戦態勢でなければどんな事にも対応出来ないと思うのです。


まあ、天気の話しでは結構準備も整えやすいのですが、この百年に一度の恐慌と言われて長い経済の天気図は全く読めないだけに、いついかなる場合にも対処できる準備を考えねばなりません。

そこで今、協会を法人化し、会員様の望まれる商品やサービス網を充実させ、併せて協会の皆さん相互の発展にも寄与できる様に準備中です。

生活も、お仕事も常に臨戦態勢が必要ですね。

と言うことで梅雨になる前に出来る、準備は早めに整えておきましょう!

2010年05月17日

■大事な視点を見つめなおして

ちょっと汗ばむような暑さになってきましたね。
寒さは何より苦手、しかし暑さは得意な私にとっては、快適な季節。

さて今日のテーマである“視点“ですが、暑さが本格的になるこの季節にあって、実に爽やかな熱い思いを見せてくれるT社長の経営心情を聞いて感じる事です。

T社長は、不動産業を営まれる傍ら、環境創造と言う大きな視点で今後の人生を構築して行くことが今の夢らしいのです。

そんな夢を実現する為に、ご本業で一番心に留意しておられるのが、常に客様の視点でご案内することだそうです。
これは、T社長の譲れない心がけのようで、お店にお邪魔すると、社員の皆様のお一人お人にも、このことを徹底して居られのがよく解ります。

そ接客態度は、スピーディで毅然としていることに併せて、皆様お優しさが滲み出ているのです。

T社長に、お店のお客様(住み替えや土地の購入などの目的のために)には普段どのような視点で対応しているのかを教えていただいたのですが、これが実に素晴らしいのです。

ネット上での案内は、予測していたものの、時代はここまで来ているのかと思う程なのです。
案件の資料や一覧表などをネットでいつでも見れることくらいならあたり前の世の中・・

しかしそこには、お客様の視点を重要視するT社長ならではのサービスがあるのです。

それが、ウェブ上での擬似現地案内です。

何でこんなことが出来るのかと思うほどに、その仕掛けに驚きました。
まるで3Dの映画を見る感じで案件をしっかりチェックできるシステムにしておられるのです。

ちょっと皆様も覗いて見てください。
概観も、間取りも、そしてお部屋のそれぞれの中までじっくり見れます。
しかも三次元の視点で上からも下からも横からも自由自在の視点で覗けます。

で、ここまでならば、その対象案件だけの話しですね。

でも、このT社長はあくまでも広い意味でのお客様の視点を大事にしておられるのだと、実感するのはこれからです。

一般に住み替えや、新しい拠点造りをするのに最も大事な事は立地条件ですよね。
その環境の、状況が一番気になるところでしょう。

そこでその視点に立って、お応え頂いてます。(勿論全ての、状況は反映できないでしょうが・・)
お子様を育てておられる方なら、一番気になる学校区や、お買い物の場所、近くの医療機関や福祉施設の状況など、これも3次元の画像で見られますし、望遠でも拡大してみる事も出来ます、そしてその対象物に対する、それぞれのコメントも明確に書かれています。

これならば、お店に行って色々とお聞きしなくても、事前にある程度情報を知る事が出来ます。

臨場感と言うか、その場の空気や、身体で感じる雰囲気は流石に現地でないと体感できませんが、情報としては十分ここで疑似体験できます。

そのご案内するウェブページがこれです!

知りたいことを事前に察知して、ここまで準備していただけると、これはもうお客の視点にたったありがたく素晴らしいサービスですね。

視点を大事にして、そのために手間暇を掛けて事前準備を怠らない。そしてお客様の安心を常に考えるT社長の熱き思いは、感動です。

これに習い私も、一日を通して熱き思いを夢に向かって集中し、必要なものを全て引き寄せようと、スイッチオンです。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-