炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2010年04月19日

■理事会終了

まだどんよりした曇り空が続きますね。

春の霞でしょうか。

早く連休前には、暖かくなって欲しいのですが。

去る土曜日、わが日本いやしろ協会の理事会を行いまして今後の、方向性について活気あふれるご意見もたくさん集まり、新年度の明るい雰囲気の中でも真剣なご意見を多数頂きまして今年の盛り上がりも請うご期待って感じです。

しかし、このご時世はと言うと新政権に代わり多くの期待がありましたが、国民の政治の力にすがる思いとは裏腹に、景気はよくなるどころか益々深刻化する状態です。
世界同時不況と叫ばれて以来、人心も荒廃し家庭内で殺戮が起きるような報道が目に付き、日本は一体どうなってしまうのか?と悲しくなる事も多々ありますね。

でも、こんな時代ですが、理事の皆様の企業はイヤシロの思想と技術を真摯に実行し、日々ご精進の賜物でしょうか、地元経済をぐいぐい引っ張られるほどガンガンリードされて居られる方ばかりです。

新年度も是非宜しくお願いします。

2010年04月13日

■お受験に役立てて・・・嬉しいニュース

感動の嬉しいお知らせが続いております。

この高伝導繊維炭のイヤシロ安眠グッズは、心と身体の平穏を目的に創造したものです。

安眠は勿論ですが、
この度続いた嬉しい感動のご報告とはお受験の結果のお話しなのです。

『お勉強する時に、集中力を高めようと安眠シート・マットを使用してお勉強しても有効ですか?』

との質問があり、
『当然その目的にもかなうので、その事例は沢山ありますよ』
とお話ししてますが

この4月に無事、志望校に入学して楽しい学生生活を満喫しているお子さんのお知らせが
この一月続きました。

快眠と言う視点と、集中と言う視点と切り替えても目的は、心と身体の平穏ですので結果は両方に作用下のでしょうし、それ以上に頑張った皆様のご努力の賜物です。

本当におめでとうございました。

2010年04月10日

■エレクトロンチャージャーの応用

今日は春の霞のような、曇天模様です。

さてテーマにてご案内してる様に、最近になって、エレクトロンチャージャーの応用のご依頼や、問い合わせを相次いでいただきました。

『ちょっと、高齢になって電子水のタンクにある備長炭が重くて取れなくなり、電子水は作ってないのですが、折角購入した思いで深いエレクトロンチャージャーの別の方法はありませんか?』

『電子ベットにするにはどうしたら良いのですか?』

『電子ブロには出来ますか?』

等など、電子水以外に有効利用することが可能かとのお話しです。

勿論です。

電子風呂でも、電子ベットでも、電子椅子でも、電子ガス台でも、色々な使い方が出きます。

それには、お部屋や環境の条件にもよりますが、逆に言うと電子水の製造だけに使っていたのが凄く勿体無いくらいです。

しかも大掛かりな仕事でなくての対応も可能です。

電子生活において一番大変なのがタンクの中の備長炭の取りかえや、洗浄・煮沸でしょう。

例えば、お年寄りだけですとか一人住まいの場合は、一日で飲む量も限られてきますので、そんな場合はガス台をチャージ台に変更する事をお勧めします。

*但し、システムキッチン等ガス台が一体型のものなどは変更出来ません。

ガス台をチャージ台にすれば、飲む量をヤカンでいつでも簡単に作れますし、お料理も全て電子料理です。

電子料理はそれはそれは、食べ物が凄くおいしくなりますし、食材も酸化しにくく長持ちで、油料理なんかは抜群です。
てんぷらやフライも目一杯旨くなります。

それに油も酸化しにくいので凄く持ちがよくなり経済的にも助かります。

まだまだ色々な楽しみ方が有るのですが、一つ一つご案内したいと思ってます。

是非、エレクトロンチャージャーを振る回転させてない方はご一報くださいね。


生活の電子をモットモット楽しんで頂きたいと思ってます。

2010年04月08日

■感謝の日

早朝に目が自然に覚め、仏壇と神棚への挨拶、そして身支度を済ませそのまま事務所へ直行し、お掃除と言うのが私の朝の日課ですが、、、

爽やかな朝の目覚めは本当に気持ちよくて、この日課と言うか、貴重な一日のスタートを気分よく切れるので、本当に毎日快眠できることにありがたく思ってます。

さて、今日はお釈迦様のお誕生日ですね。

これに相伴させていただくようですが、我が家の長女のお誕生日でもあります。

私は、両親からお誕生日と言うのは親に感謝する日なんだと、子供の頃から躾けられていたので、私の子供の頃、自分の誕生日は正直なところ少し嫌な気分もありました。

勿論、両親への感謝をするのですが、なんだか強制されて感謝するのは凄く不自然で、もっと自発性を重んじて欲しい気がしていました。

しかし、両親が亡くなってからと言うものはそれも楽しい思い出です。
今は娘に強制することも無く、自然体でやってます。

そこで、今日はなんだか全ての事に感謝する気持ちを尊重して過ごしたいと思ってます。

何かの対象に限って、心から感謝するという事も必要な時もありますが、感謝をする、と言って大上段に構えるよりも、何かにつけて感謝できるその.ゆとりある感情の方が大切と思います。

実際に、豊かな気持ちでないと何かにつけ感謝しようと思えません。

でも、何気なく『ありがとう』と言える心のゆとりと言うか、感情の豊かさが、素晴らしい働きをしてくれます。

それは色々な事に対しても、気持ちを切り替えてくれるスピードが違うのです。

不足や、不平、不安を感じている時には、小さな事に喜びを感じれませんし、こころの状態が豊かな感情にある時に比べて、これからしなければならないことに対する、やる気の大きさが違います。

更に集中力も格段の差があります。

何かの対象に対して、必要以上に感謝の表現を改めてするというと、幼少の頃の私ではありませんが、余分な感情も出てきます。
単純に感謝するものを探し、ありがたいと思うことで、気持ちの切り替えがずい分早くできるのです。

そして、例え嫌なことでも、角度を変えると感謝できることってずい分あります。

昨日も、

『40肩が治らないし、視力もずい分落ちたな~』

とふと思ったのですが、この視力が無かったら本当に不便だし、肩の痛みはあっても字も書けるし、物も持てる。もし、ご不自由な方からすると、贅沢な話しに聞こえるだろうと思うとそれだけでも、ありがたく思えます。

感謝する対象は別としても、一日を振り返って瞑想する時に、

『今日もずい分感謝すべきことが有ったなあ』と思って、振り返るとそれはそれは、どんどんありがたかった感情が出てきます。

逆に、旨く行かなかった事や、不快な気分のものを探しても、これまたきり無く溢れ出します。

どうせ、溢れる感情なら豊かな気持ちで、前向きにしてくれる感情で意識を充満させた方がずい分と晴れやな気分になれます。

その結果、凄い快眠を得られます。
快眠は素晴らしい目覚めを与えてくれます。

素敵な気分で目覚めて、気持ちよくスタートを切るだけで一日の成果は大きなものを収穫出来ます。

今日は、お釈迦様の誕生日、ついでにわが家の我が儘な姫君・・・

誕生日.jpg


『高校生活を謳歌し、ちょっと生意気な娘』のお誕生日を拝借し、小生も感謝の気持ちで一日を過ごしたいと思います。

心でつぶやく『ありがとう』・・・・・

瞑想時にどのくらい数えることが出来るでしょうか?

楽しみです。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-