炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2009年12月25日

■いやしろの味

人生を益々盛り上げることが、いやしろの目的です。

後、数日で新年を迎える季節、寒さも本番と言ったところ、・・


正月に向けてのこれからの数日、一年で最も、盛り上げたいですね。

先ずは健康管理から、そして一年分のお片付けをしっかり致しましょうね。


と言って、小生もこの数ヶ月の遣り残した業務を整理整頓しながら、何とかかいくぐりきれいな環境で新年を迎えられるよう精進です。

本当に厳しいお話が多い中、最後まで諦めず頑張りましょう。

地道にまじめに、誠実に・・・当たり前の事をきちんとやれることが出来て始めて人生の盛り上げの基礎固めです。

何度も同じことを言うようですが、自分に言って聞かせることでもあります。
これから大晦日までの数日、整理整頓の繰り返しになりますが、新しい年がもっと素敵な一年になるよう希望を諦めず頑張りましょう!

2009年12月22日

■イヤシロの実感

もう年末ですね、後10日程で新しい年を迎えると言うのにまだまだ今年の総括をするには、やり残し我沢山あり過ぎるのです。


まあ、大きな風邪もひかずに今年一年過ごせたので最後に気を緩めることなく精進したいものです。

さあ、人生や仕事を益々盛り上げる為に生かすべくこの”イヤシロの黄金法則”ですが、何にでも応用・適用できるだけに厳しいこの時代にどう生かすか、年末から年始にかけてじっくりと考えて生きたいと想ってます。

まあ、皆様共通して、風邪やインフルエンザには十分気をつけてこの繁忙期を抜かりなく頑張りましょうね。

生きてて良かったと、イヤシロの実感を味わうまで、諦めずに精進しましょう!
あと一踏ん張りですよ!

2009年12月10日

■イヤシロチ化した体

昨日、私どものある会員様がご夫婦で本部にお越しになりました。

先ず、椅子に座ると同時に

『凄い事が起きました。家内の母が電子水を飲み始め、見る見るうちに元気を取り戻し、
肺がんが消えてしまったのです!』

と、仰せです。

電子水を飲んだら、ガンが消えるなどと乱暴なことは言えませんが、
浸透性の高いエネルギーを含んだこの電子水は、

半端ないくらい老廃物を排泄させ、新陳代謝を促進し、
体液もサラサラ、血液もサラサラに効用していく事で免疫力も高まり、
自然治癒力を増進させその結果、細胞も活性化し、がん細胞が流れて行ったのでしょう。

こう言う体験は、日常的であまりに慣れっこになり過ぎて、ありがたさも凄い感動的に表現しなくなったので、無関心に見られる事が多いのですが、本当にこの電子水は凄いエネルギーだと思います。

そのお母様のお話しに続き、電子料理のうまい事、更に腐食しない事。
酸化抑制・鮮度保持だけでなく
食べ物自体が凄く美味しくなるのです。

と、私にその話をとうとうとしてくれました。

特にみかんなど、電子水のタンクに乗せただけで、ぜんぜんかびも来ないし、見た目の変化もない。
一緒に買ったみかんは直ぐに枯れてしまって食べれなくなっても電子みかんは、全く変わらず更に甘くて美味しい。
その甘みの変化は、不思議にも糖度がましたように美味しい!

まあ、本当に日常的にいやしろを満喫される皆様は素晴らしいなと、改めて痛感する次第。

技術だけでなく、本当に感謝を忘れない美しい生き方の皆様に改めて脱帽するところです。

2009年12月05日

■イヤシロチの電子水

昨日、とあるイヤシロチとして有名な場所(神社)を尋ねてみました。

そこの境内地の奥に、沸き出でる水が人気で、知る人ぞ知る賑わいの場でもあるのです。

*厳粛な管理の下、特定の場所は申し上げれないので恐縮です。写真も控えてくださいとのことです。

そこの水を頂戴しまして、早速エレクトロンチャージャー(産業用の超特大SU)にてエレクトロンチャージをし、電子水にして頂きました。

先ずは、元水ですが、やはりのど越しは流石にまろやか、それも水は冷たいのに、暖かさも感じるようです、ミネラル分ガ多く、バランスがいいのかな。

それから、チャージを初め、待つ事5時間。

楽しみに一杯に飲んで見ました。
いや、凄い!やっぱりミネラルが豊富なのか、やはり半端なくまろやかでサラサラ、とろとろとした感じさえ、舌の上で踊っている感じ、しかもあの暖かい心持までする感じ。

なんだか、身体に一層良さそうな気がしてそのまま500CCほど、がぶ飲み。

それで、残りの水で電子柚子を作ってみました。

庭の柚子をあらかじめ一晩チャージして、スライス。
その後、蜂蜜とこの電子水を柚子の5分の一ほど(電子水と蜂蜜1:1)加えてかき混ぜると出来上がり。

これがなんとまあ、凄く美味しい!

お客様にデザートのサンプルとして出すと、初めての方でもがつがつと食べられ、ちょっとした反響です。

電子の力もそうですが、元水の美味しさを楽しむのもイヤシロチの醍醐味ですね。

今日は、ちょっと肩の力を抜いてリラックス・・・

2009年12月04日

■日の丸に思うこと

師走に入り、一層時間の速度が早まっていくような気がします。

さて、テーマに挙げている様に、小生は日の丸のなびく姿を見て、心から美しいと思うのです。

白地に赤く~、日の丸染めて~~~
嗚呼、美しい日本の旗は~!


日の丸縮01.JPG

幼いころ、よく歌ったものです。

大好きだと行っても、
小生が特に、この日の丸に非常に興味を持つようになったのは、
大人になってからです・・

それも父が公共の公園の愛護活動をしてて、地域の大きな公園での掲揚台に、半端なく大きな旗を持って行き、祝祭日には、絶やすことなく国旗を掲揚する活動を、数十年に渡り弛まなく続けていることに興味を持った頃からです。

父亡き後、小生は、現在その活動を継承し、ある二つの公園の愛護活動を仲間と共に
行ってますが、この日の丸の旗がなびく様を見ていると、時が経つのも忘れるほど・・・
全く空きがこないのです。

そよ風が気持ちよく旗に絡みつくように、パタパタと音をかきたてながら
その様を見ていて、いつも思うことは

日の丸・・・これは何時作ったのか、誰が考えたのか
これまで、どれだけの日本人の先達が涙し、
国を憂い、喜びも悲しみも共にして来たのか・・

ある時は、文化やスポーツの祭典で見事に華々しい姿を称えてその姿を披露したり
またある時は、過去の悲しい思い出を鎮魂するかのように憂いを現したり

なんと言っても、まん丸の紅、左右対称、縦横の黄金の比が美しく思えるのですが

色々とその魅力に浸り思いを馳せる時、日本人に生まれてきて本当に良かったと常に感じます。

日本の文化と言えば・・

我が”いやしろ”は、カタカムナ文明がもたらした、上古代の日本特有の文化と智恵を結集して伝えてこられたものです。


この工学や、技術、文明、そして思想から道徳まで込められた奥深いものです。

この豊かな精神性を基調とする、独自の文化を決して曲げてはいけないと思ってます。

時代が進み、どんどん希薄になっていく、日本の大切な文化も
すべてとは言えませんが、決して絶やす事をしてはいけないものが身の回りにも
数多感じます。


年末のあわただしさが加速する今日にあって、今一度大切にすべき
日本の心、日本の魂を見据え、
人生を益々盛り上げる工学の伝承こそ、我が使命と思ってます。

来年には、新しい伝達方法も仲間も増えて参ります、一層精進して
時代に飲み込まれない様、頑張らなくちゃいけません。


この一月が、今年最後の素敵なチャンスと致しましょう。

今この瞬間も、いやしろタイムです。


日の丸の純粋な美しさに負けてはいけません
皆様の人生にも、日本の文化とイヤシロの技術を是非活かしてくださいね!


2009年12月03日

■将来設計は足元から

昨日も、ダンディNAOTOさんの”いやしろ教室”にご相伴させていただきました。


その方は、ある食品会社にお勤めのアラウンドフィフティの男性の方です。

将来設計を独立・企業の精神で頑張ろうとこの1~2年猛勉強中です。

その甲斐あって準備に必要な環境面を整えつつあるのですが・・

感じなのは、目的と手段を絞り込めてない事です。


現状のお仕事から逃げ出したいと言う気持ちが見て取れましたので、その原因と今一番興味があると頃を、ダンディさんもご指摘され、その答えは見る見る内に、その方ご自身で見つけて行かれました。

元々いやしろ教室には、目指す方向として”水を中心とした健康産業を目指したい”だから電子水やその応用方法を教えてくださいと言う目的でしたので、その根源を探ってみたのです。

答えは、意外と足元にありました。


現在のお仕事の中に、素晴らしいヒントと、その答えとなるべくお宝が満載してあることに自ら気が疲れました。

俄然、明日からのお仕事にも身が入ります。

”いやしろとは、人生を益々盛り上げる工学”です。その方の目的にこのいやしろ技術を何処までも生かすことが出来、しかもこれまでの経験や知識、環境もすべて活かせる視点でみると、今この瞬間にも彼が現在のお仕事を通じて、どんどん盛り上げる手法も盛りだくさん現れそうです。

彼の独立心は、今の現状からの逃避でなく、現状を最大限に活かすところから始まる事に気付いたかれは凄まじい気合で帰って行かれました。


これには、彼も平素瞑想を通じ、自分をあるがままに見つめる習慣があったからこそとも思いますが、何事も先ずは足元をあるがままに見ることから始まる事も再認識した次第。


いやあ、素敵な一日でした。

2009年12月01日

■イヤシロチの振動

いよいよ、年末と言う単語が日常会話に入ってくる季節になりましたね。

皆様に於かれては、どんな一年だったでしょうか?


昨年の同時期には、『本当にどうやってを年を越そうか・・』
と言うような会話も出てくるほど、リーマンショックに始まった、世界経済の落ちこみの急転落は激しかったですね。

実際去年の凄まじい落ち方に比べると、落ちるスピード感は緩やかになっても、向上する兆しの話は、最近本当に聴けなくなったなと、実感してます。

経済の話を、日常的な体感で捉えてみると・・
私達いやしろ研究家の者は、物質の変性を通して、物質が持つ固有の振動数を常に、細やかに観察しております。

物質にはすべて固有の振動を持ってます。
それは、物質の分子構造が放つバランスの振動です。

巷では、波動がいいとか、悪いとか・・
波動が合うとか、合わないとかの表現をしますが、この固有振動の周波数が同じものは引き合い、
全く異なるものは、かみ合わないと言うものです。

人の持つ固有振動数が、穏やかであれば、心も身体も平穏を保てます。

この激動の世の中に、この振動数を例えて言うならば常に、振幅も乱れ、波形も反復したり再現性も見られないほどのものを感じます。

イヤシロチにて、平穏で安定した固有振動を体内に相似させ、安定的な思考と、自分の目指す生き方や手に入れたい目標に添った、固有振動を制御する事で、この年の瀬の乱れがちな心の不安定バランスよく安定化させ、安心して冷静な判断が出来るよう務めて生きたいですね。

イヤシロチの振動数については、イヤシロ教室でご案内してますが、いずれにしても・・

自分のぶれないマイワールドをしっかり創り上げて行きたいですね。


トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-