炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■電子水の語源(イヤシロの語源でもあります)

先般、電子水の語源は何ですか?

のご質問を頂きましたが、そのお客様はかなり、相似象をお勉強された方でしたので、比較的お話しも簡単ですみました。


しかし、全く初めての方には、なんだかさっぱり解らない世界だと思います。

そこで、その言葉自体を、開発された経緯について、簡単にご紹介すべきですね。
*詳しくは、このページでは限度が有りますので、別の機会に儲けましょう。

このウェブサイトでは、いやしろと言う言葉も、イヤシロチと言う言葉も多く使いますが、それらの言葉を創造された方が、故・楢崎皐月翁と言う、正に日本が生んだ天才物理学者と言えます。

この方の略歴もこうなると必要ですが、その方が、残された物理の基本、そしてそれを応用する、哲学の基本が相似象と言う形で、その後継者(宇野たみえ先生)の手によって、現在残されてます。

その相似象の基本的概論の中の、構成に語り継ぎたいと思われたベースを”静電三法”として残されてます。


静電三法縮.JPG

この書籍は、ある機関が現在も販売しております。

その中身ですが、三つの変性法で構成されます。
一つは、植物波農法。二つ目は、人体波健康法。三つ目が、物質変性法です。

基本的な考えは一緒ですが、応用目的と言うか、その対象物に応じて少しずつその技法や利用するエネルギーの増幅方法が異なります。

この中の物質変性法に基づく技法が、すべての技法にも繋がるものがあるのです。
これは、対象とする、物質の固有振動数を高め、理想的な安定した電子バランスの状態にするのです。
その方法論として、当時はアマウツシと呼ばれる、機械の開発に成功され、それを基本に完成したマシーンがエレクトロンチャージャーと言うものです。

そこで、地球上の70%が水。私達の身体の70%が水で構成されているところに着目し、”水”と言うものを、理想的な電子状態にし、細かなクラスターでエネルギーの高いもに変性されたものが、”電子水”の始まりであり、語源です。

また、先の人体波健康法、植物波農法にもその方法論として用いられます。

これだけですと、物足りなく感じられるかもしれないし、このページだけですと非常に乱暴な説明ですが、楢崎皐月翁が何故、この開発に成功したか、又何をヒントにこの開発に着手したかなど、その逸話も面白いところです。

詳しくは、資料請求などでお問い合わせください。

面白い逸話は、相似象にも沢山出てまいりますが、天才物理学者の凄いところは、普通の人間では理解を超えた、ご努力と、ご苦労、そして想像力です。

面白いですよ。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-