炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2009年07月17日

■価格の確認です(床下調湿炭)

すっかり暑くなってしまって、湿気と暑さに翻弄される毎日ですね。

お元気で過ごしですか?

この湿気に凄く効くのが弊社床下調湿炭シリーズです。
もうすっかりおなじみですよね。

竹炭・備長炭・活性炭とそれぞれ用途や広さ等によって使い分けてくださいね。


ところで、表記の通り高電導竹炭 床下調湿炭ですが
ご案内のページで一袋、価格が3,500円となっているのですが
一部、不具合で2,100円/一袋と表示される不具合が生じている
ところもあるそうです。
現在確認中です、見つかり次第修正させていただきますが、
正規の価格は、3,500円/一袋あたりとなっておりますので、
ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

床下調湿炭.jpg


この時期お部屋の、浄化には活性炭シリーズが一番のお勧めです。

今後とも宜しくいお願いします。

2009年07月12日

■改めて炭の浄化作用を考える

梅雨の週末は、しっとりと汗ばみながら自分を振り返り、一週間の反省に持って来いです。

日々、日本経済の力の劣化と、呼応するような痛ましい事件のニュースにうんざりする今日この頃ですね。

さて、テーマにあげたように、この湿気満タンのこの季節

・お部屋の空気を綺麗にしたい。
・湿気を除去したい

と言うことで、お問い合わせや、ご注文も多いのですが、

もっと確実に、快適な生活を送るにはどうしたらよいでしょうか?

と、聞かれると、

一番素晴らしいのは、
自分が本当に此処がお気に入りと言うところを見つけ、その場所をイヤシロチ化する事です。
これは土地のエネルギーバランスを、取る。

つまり陰陽の力を調整することでその土地の環境を浄化する事です。

しかし、それは大掛かり過ぎて簡単には出来ない。

では、今の環境を快適にするにはどうするか?

と言うと、身近に考えればお部屋を浄化すると言うことになりますが、

その浄化の為に炭の効果は如何でしょうか?
と言うのがその中身として、最も多い質問です。


結論から言うと、浄化と言う視点で言うと、それに会う環境を構築する必要もあります。

炭といっても大変多くの種類があり、素材によっても製造方法によっても異なります。

炭には、単位面積あたり大変大きな表面積を有するものがあり、
その分吸着性も高く、湿気や匂いをそこに封印することも大きな効果の一つです。

その他にも、遠赤効果で好影響を及ぼすこともありますが、それでも限度がありますので

それ以上に飽和状態にしないように、心がけることも必要です。

そこで、炭の特性を活かし、飽和状態を自然に防ぐ方法はあるのかと言えば一つのお勧めが有ります。

それは、自ら不純物を分解する機能を持ったものにレベルアップするのです。
例えば、炭に高品質な光触媒を施したものもありまして、炭による浄化作用
(匂いや湿気の吸着と、分解力)の中では一番と思います。


そして、素材の話に戻りますが
・竹炭
・木炭
・備長炭
・活性炭  等々

もありますが、これも製造方法で、全く品質と効果が異なるため

特に高伝導のものをお勧めします。
そして、その中でも、一番の効果は、活性炭と、それに光触媒を施したものを

適切な配分で混合したものが一番です。

まあ、これは、炭の効果で目に見える範囲の説明ですが
これだけでは説明できない、不思議な効果もあります。


しかし、それ以前に、何より大切なことは、お部屋のお掃除です。

心の中身の整理整頓は、幸せの基本中の基本と思います。

色々な悩みの根本は、心の整理整頓が出来て無いことが多いですね。

心が乱れるとどうしても、お部屋も環境も乱れがちです。

では、その逆説で、お部屋の整理整頓をして気持ちを整理整頓できることもあります。

その上で、炭の浄化作用を体感すれば、一層快適さを敏感に感じ取れます。

お部屋の浄化は、炭の浄化用と、整理整頓。
あわせて綺麗に致しましょう。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-