炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2009年06月27日

■安眠グッズが再デビュー

本来の癒しの本質は、眠りにあると言えます。

快適な睡眠こそ、免疫力を高め、本来の自分自身の健康を取り戻せます。

いやしろの技術の粋を結集し、装いも新たに再デビューです。

ウェブサイトも、スクリーニングいたしました。

是非ご来店ください。

http://anmingoods.com/
です。

2009年06月22日

■エレクトロンチャージャーについて

いやしろ・には数多くの武器と言うか、イヤシロ化に向けた方法論や、手法、機材、機械、商品化されたものも多く有ります。

これは、静電三法や、相似象にお出て来るものですが、目的は
物質や、環境が持つエネルギーの陰陽のバランスを旨く調整すること。

その結果、酸化防止、鮮度保持と言う効果をもたらせ、人体の健康においても、食材のうまみを引き出し、鮮度保持がなされ、結果的にコストダウンに繋がったり、健康面での一助の効果をもたらせたりするのです。

物性の電子配列適正化し、更に分子構造もきめ細かく、緻密に活発になり、固有振動数を高めるなどの効果をもたらせる効果を、輩出する機械にエレクトロンチャージャーがあります。


電子水チャージャー.JPG


写真の物は、家庭用のものですが。

更に業務用の力強いものもあります。

これらは、随分とたくさんの皆様に永きに渡りご愛顧いただいておりますが、そのメンテナンスや、ご利用方法など、今もご相談に見えたり、お問い合わせも多々あります。

が、以外に、その質問、やご意見も初めて聞くような話が多いのです。

そこで、この機材と言うか、機械のエレクトロンチャージャーについてご説明もしなければないと思ってます。

併せて、ご利用方法に限らずどんな小さなことでも、ご遠慮なくお声掛けください。

こな事が、と思うような小さなご質問が殆どですが、それも当然なのです。

まずは、ご遠慮なくご一報から。

お待ちしております。

2009年06月21日

■究極の癒しを届ける、イヤシロ安眠グッズ。

いやしろとは、大切な人生を、益々盛り上げる為の、黄金手法であり、体系化された工学でも有ります。 イヤシロチとは、土地のエネルギーを陰陽の調整(バランスをとって適正化された状態)を図り、そこに住む人をはじめ動植物の力をパワーアップさせてくれる土地や場のことです。 その力を最大限に生かすには、それにふさわしい高い意識も当然必要ですが、生き方も平素しっかり整理整頓しておかねばなりませね。 このとこは、いつも申し上げて居りますが、イヤシロチの特徴の一つに、そこに居れば本当に、目的に対して集中できるのです。 つまり意識の高揚をも図ることが出来ます。 だから、そのイヤシロチに入ると、本当に気持ちよく、瞑想にふけようとすれば凄く気持ちよく、メディテーションタイムの完成です。 イヤシロチを尋ねた方や、我が家をイヤシロ化(日本たんまい協会方式)され方のご感想も、それはそれは様々で、喜びの視点も又様々ですが、直ぐに感じる事で一番多いと思うものは、 ・本当にぐっすり眠れたこの一言、これに尽きます。 このメカニズムの奥に眠る全てを知ることは自然会の神秘を知り尽くすくらい極めて大変なことでしょうが、この長い、イヤシロの研究で、 得る事が出来た再現性を、幾度の挫折と改善を繰り返し、安眠の世界を、家庭内、お家の中で体感していただくことに心血を注いできまして、漸く自信を持って多くの皆様にお届けできるレベルに達することが出来ました。 安眠の為に、特殊の繊維炭を開発し、炭の遠赤効果などを発揮できるレベルから、数段のレベルアップを図り、エレクトロンチャージャーでの物質技術をこの繊維炭にチャージすることから、いやしろ安眠アイマスクにて、物質を穏やかに編制する事の再現性を得ました。 これは、論より証拠です。 実体験が、凄いのです。 あの深い眠りと、夢の世界を鮮明に記憶できるくらいくっきり感が冴えます。 目覚めも凄く爽やかで、安眠の世界が本当に感謝に変わります。 アイマスク単体001.jpg 一度、体感してみませんか? これから購入して、実際に体験した方の声や情報をお伝えしてまいりますが、いやしろのパワーを、安眠グッズにしたためる技術は当社だけの手法ですが、開発者として自信を持ってお勧めする快適な目覚めを、是非ご体感ください。 安眠グッズの世界はこちら↓ http://anmingoods.com/
2009年06月17日

■イヤシロ講座(瞑想教室)

夏と梅雨の入り口ですが、雨の勢いがつかず、仕事は旨く行っても、生態系や自然の恵みは適切に働いてくれないと~全体のバランスがくずれてしまうので、ちょっとわがままな心配の、今日このごろ。

いやしろは、人生を益々盛り上げていける生活環境、住環境を創造する技術のすべてを指し、人生がますます栄える”いやさか”と、向いている先は同じです。

つまり、どちらも未来永劫の幸せに願いをかけ、実現させるものです。

では、本当の願いや願望を、皆さんかなえてますか?


当、協会では、切なる望みや願いは必ず叶うものと思ってます。

その第一歩に、イヤシロ化された場で、静かに自分の中の本質を見つめ、その本当の切なる願いとは何かを見つめることが大切ですし、そう言う場や、機会に平素触れることが少ないと言う、ことを知りまして、
この度、イヤシロ講座の一環で、瞑想教室を開催致しました。

それなりの、場を事前に準備することが必要ですし、その場のイヤシロ化も去る事ながら、特殊な瞑想効果の高まる技術・環境・設備も必要です。

その準備に1月の用意と、幾たびのスタッフの事前研修で万全を期してお迎えさせて頂き望んだのですが・・・。

初回と言う事で、地元の方ばかりにお声掛けさせて頂きましたが、5名の方でご参加を締め切りさせていただきました。


瞑想とは、如何に集中するかです、その集中の中で、本質的な自分の再発見が出来るよう誘って
いけるよう、特別講師の先生にも応援いただき、初回からトランス状態に近い集中と、歓喜を体験された方もあり、次回開催をまた切望され、今後定例化してまいりたいと思ってます。

イヤシロチの特色の一つに、凄い集中力で瞑想できる体感を得られるか・・とも言えるのです。


素敵な時空の中で、切なる願望を叶える喜びを体感して見ませんか?

2009年06月10日

■プチ・いやしろ教室

私どもでは、毎月いやしろ(イヤシロ)教室を開催し、いやしろ(イヤシロ)に関するカテゴリーの情報をお伝えしております。

イヤシロチ、ケカレチの見分け方や、イヤシロの再現方法をはじめとして、
近代いやしろの提唱者・故楢崎皐月翁の残してくださった、
相似象、静電三法の基本や、
産業界での応用や、家庭での実用的なものを事例を元に、お伝えしてます。

この講座では、皆さん自身が、
イヤシロチ・ケカレチの見分ける基礎的訓練と、ミニ炭埋を通して、イヤシロチの基礎をマスターし、
自分である程度の施工まで出来るようお手伝いしております。

イヤシロチとは、大切な人生を益々盛り上げていけるような素晴らしい環境(土地)です。

又、それを作り上げる、技法、作法、総合技術がいやしろです。

これは、土地や環境に限定することなく、健康面にも産業のコンテンツの開発にもあらゆる分野でも応用が利くので、不思議であり、楽しいものであると、皆さん驚きの連続です。

更に、私どもでは、独自開発の、魔法のような技術を体感することが、できます。

これは、あるものを利用するのですが・・・・・すると、
自分が立っている(場)が、瞬時にいやしろ化されるものがあります。
つまり、イヤシロチの疑似体験をすることが出るのです。

皆さん驚きのあまり、魔法のようで、自分が信じられない!
と、驚かれる方も多い~と言うか、皆様表情や、表現が異なるだけで、凄い感動と驚きで帰られます。

まあ、色々と基礎的なお勉強も必要ですが、論より証拠です。

イヤシロチってどんなことなのか、一度体感して見られることが、先ず先決であると思います。

その具体的なものを少しずつ、ここでもご案内してまいりたいと思います。

しかし、そんな疑似体験だけならば、難しい理論や、技術は強いて必要ではない場合もあります。

そこで、この度私どもでは、2時間コースの
”解り易い、体感できるミニいやしろ講座”を開催します。

時間が2時間コースなので、私どもの空いた時間で、予約さえしていただければ、手軽に設定できます。
ただ、私どもののスケジュールもかなり、ハードなものですので、なるべく早めの時間設定をお勧めしますが・・・・。

まずは、論より証拠。

体感することから始めるのも、楽しいことですよ。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-