炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2009年04月24日

■いやしろ教室を卒業して

先般”イヤシロ教室”を終了されて、お店に電子のエネルギーを導入される
”Keiko社長の・・・セイラム”です。

■いやしろ教室の卒業生です

先般、受講されたKeiko社長は、自然農法で取れた新鮮野菜を中心にした
へルシーなショップと、ヒーリングやリーディングのご案内もされていて、
全国から、ゾクゾクとその癒やしを求めてこられます。

今度、エレクトロンチャージャーを活用して更にパワーアップを図ります。

http://www.youtube.com/watch?v=rqtwunojOIg

ご様子は順次ご案内させて頂きますが、電子水や、フライヤーなど
その準備もご多忙の中進めておられます。

一度覗いてみてください。

2009年04月21日

■情報は此処から

イヤシロの商品開発や、創造活動の仲間です。

src="http://mr-iyashiro.com/iyashi-p/banner/support-ba.jpg" alt="いやしろサ
ポーターズ" border="0" onMouseOver="this
.src='http://mr-iyashiro.com/iyashi-p/banner/support2-ba.jpg'"onMouseOut="th
is .src='http://mr-iyashiro.com/iyashi-p/banner/support-ba.jpg'">

■いやしろの声

奇跡の唄と、聞いてましたが、”正にいやしろの歌声!”
驚きました。

いやしろの商品化に、勇気百倍、ジャンジャン作ります

その前に一寸ご紹介。

http://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0

2009年04月10日

■”いやしろ”とは、崇高な工学です

いやしろとはなんですか?

の質問は、毎日のように、そして初めてあった方は100%お聴きになられます。

『先ず、日本の上古代より、独自の素晴らしい文明がありました。』
と、言う台詞からお話しするようにしてますが、
その昔、日本の上古代に、ず~~~っと、遡ると、声音記号(カタカナ文字)が存在していたのです。

天才、楢崎皐月翁は、現在の兵庫県芦屋にて大地電位を計測、研究中にひょんなことから、このアシア文化の、秘伝書(巻物)を拝することができ、その内容を記述によって、全て記録した後、永年の時間と努力を咲いて、見事に解読されたのです、、、

この古代文献(古事記)を読んだ楢崎翁は、(*解読すれば。←もちろん、すべて楢崎翁の読み解きによる)

・・・この時代(上古代)の文化を支えた有能な日本人は、直感物理によって大自然の法則を悟っていて、現在においては俄かに信じがたい、驚嘆に値するほどの高度な、物理や哲学を熟知し理解していたことを発見したのです。

して、この古事記は、カタカムナと呼ばれる音声記号で記され、
是が現在のカタカナに発展したと言われてます。

天才楢崎翁は、それまで培ってきた自身の独自の開発している技術・技法も、
この高邁で、崇高な物理、哲学と相似したり重複する部分を再確認し、更に慎重に照らし合わせながら、後に相似象や、静電三法なる、指南書にて後世にその貴重な秘伝を残してくれたのです。

その、楢崎翁の記録文の中に、
”日本神話は、世界最高の学問文化である”と、仰せです。
また、先の古事記に中にも多くの崇高で、高度な工学が記されてあるのです。

その崇高で、高度な工学の具体的なものは、天才楢崎翁の発明発見した数々の技術・技法の源にもあってます。

この文献の中にある、数々の工学を総称して”いやしろ”と呼んでます。

つまり、古代日本文化が生んだ、崇高で、高度な技術そのものなのです。

素晴らしいこの文化を、現在の時代に合った形で、”新いやしろ”的に、
身近な、形を一つづつお伝えして参ります。

ご意見、ご質問、なんでもお気軽にどうぞ!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-