炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2009年02月28日

■新商品ぞくぞく

早いもので、2009年も2ヶ月が過ぎますね。

去年より、色々暖めてきた案件と言うか、プロジェクトを、商品として発売できるように進めて居ります。

基本的には、物質変成法を用いた”いやしろの魔法のような力”は、お客様お一人お一人にオーダーメードで、お届けすることを主力に致しておりましたが、共通のご希望が多いものは、商品化してお届けしたほうが凄く早いので、そのご希望をまとめるのに相当時間と、エネルギーを費やしてまいりました。

それに、お客様が創って居られる商品や、食品のお手伝いは、それ自体が楽しくてならないのです。

この食品を、まろやかにできないか・・

このコストを下げられないか・・・

この生産性があがらないか・・・

酸化防止、酸化遅延・・

商品の品質改善・・

等々、ご希望は様々ですが、エレクトロンエネルギーはあまりに応用範囲の間口が広く、故に、マジックのようだと言われる所以でしょうか。

特に、食品業界や、食堂、レストラン等口の中に入れるもので、安心と安全そして品質改善の効用は目を見張ります。


食品業界のことで、お役に立てれるのは、その実験途中から、役得上味わえる、食文化の発展に寄与しているようで、其れまた楽しくて、可笑しいです。

まあ、食品関連の改善・改良を求まられる方はご遠慮なく、御問い合せ下さい。

楽しくて仕方ない、エレクトロン技術、いつでもご利用のお声け待ってます。

2009年02月08日

■商品開発

”いやしろ”では、数限りない商品開発のお手伝いをしている。

勿論、電子の導入を検討していただいている企業様が中心だが、状況に応じ様々なご依頼がある。

現在、三件ほどの開発のお手伝いをしているが、その中の一つで、大掛かりな水耕栽培を柱に、素晴らし業績を伸ばして企業さまですが、
そのご要望とは、ちょっと贅沢なご希望で、現在の商品のクオリティを高めたい。現在の商品で改善を要すると想われる箇所を、お客差にアンケート調査をしてみたところ
①商品の肉厚を高めたい
(今よりも、もっと歯ごたえが欲しい、洗っても形くづれしにくい方が望ましい)
②鮮度保持
と、言うものが多く、この二つを重点的に補完して行きたいと言うのが狙い。

報徳舎では、エレクトロンチャージ技術をまとめるに当たり、これが最も得意分野。

野菜も、お米も、作物は須らく、根作りが基本といつも、お話してるように其処が出来れば後は占めたものなのです。

下記の写真はイチゴの栽培の比較です。
電子栽培は、根っこ張りと長さが違うのが一目瞭然ですね。

根っこが小さいと、上にひょろひょろと伸びて一見大きそうだが、実際中身は、ひ弱で実も小さなもの。
ところが、根がしっかりしていれば(電子栽培の方)、上に伸びる茎は短くても、太くて青々としていて実がしっかりしてて、美味しくて、実の成りも豊富なのです。

イチゴの根比較.jpg

これに習い、現在、保存試験と、種子チャージ、育苗から出た水槽に電子水の溶液を漬け込んで実験してみた。

工場内にはカメラが持ち込めないので、へたくそなスケッチを撮って観察してみると、なんと一目瞭然、たったの一週間でその違いがはっきり出ている

一般0小.JPG

一般のものは、青さの色が薄いグリーンで、ひょろひょろと背高のっぽで、葉も広がっている。
ところが、電子のものは、色がまるで違うのだ。

電子小.JPG

緑が深緑で、色だけ見ると地物とあまり変わらないのではと想う。
しかも、長さはまだ一般のものに比べると小さめだが、葉の勢いが違う。
葉も厚い様子だし、上に真っ直ぐ伸びている。
根っこにも色がついているのだ。

この段階では根っこの長さの比較は難しかったが・・

いずれにしてもたったの一週間でこれだけ差が出るのはなんとも不思議。

しかし、種子のチャージ、育苗槽のチャージからしたものの変化がもっと楽しみである。

これは、あくまでも事例であって、レタスの水耕栽培なのだが、他の商品も、品質改善には覿面の効果がある。

面白い実験は、見ているだけでも楽しいが、実際に本物しか長続きしない世の中。

本物のクオリティを求め、実践してまいりましょう。

楽しい、電子の話題はつきません、商品の開発についてのお問い合わせは、ご遠慮なくどうぞ!

本物作りのご報告、また続きをお楽しみに!!

2009年02月03日

■イヤシロの節分

いよいよ立春ですね。
年に4回の季節の変わり目には、それぞれにその謂れや、慣わしがありますね。

節分は、豆まきをして、鬼(邪気)を払い、福を逃さない様にして、昔から縁起がいい切り替えをしてきました。

これも、結界の一つですね。

豆を撒く事で、邪気や邪念を払い、恵方巻きを食べて、福を巻き込む事も実際に意識を高揚する大事な事と想います。

今でも節分に限らず、炭埋をして、邪気を浄化し、運気高揚を安定させることで、イヤシロチ化すると、言われて来ましたが、やはり、土地の凄い力を利用することは、運気高揚には欠かせないですね。

ただのおまじない気分や、縁起担ぎにとどめてはあまりに勿体無い。

環境の浄化と、意識の浄化、高揚は一致させなければなりません。

鬼を陰と表現したり、福を陽として表現したりしたことも有ったようですが、力のバランスを図り、邪気を近づけない鬼、運気を逃さない福。

このバランスをとる事が寛容ですね。

環境浄化は、我々の基本事項です。

なんにつけても、バランスを取ることが一番です。

新しい季節の変わり目に、心新たに精進しましょう。


2009年02月01日

■2月のご案内

2月に入りました。

今月も、色々なご案内が有ります。
先ず、エレクトロンチャージャーをお使いの皆様に、電子水を作るための”電極用・いやしろ備長炭”の定期、取替えのご案内です。

報徳舎では、この貴重な電極を創る為に、安心してご利用していただく目的で、一本一本丁寧に、洗浄から、煮沸、乾燥まで全て、エレクトロンチャージャーの力と電子水で、行ってますので、燃焼用の備長炭ほどお安くご提供できませんが、今回は”素敵なプレゼントがあります”。

それは、手軽にお水を洗浄できる、活性炭の”美味しいお水”と、”ハイパー電子蜂蜜”です。

活性炭写真001.jpg

先ず、活性炭のご案内。
ご存知、活性炭(当社はヤシガラ活性炭)は、備長炭よりも、吸着性が3倍あると言われてます。

ご出張や、お出かけの際電子水を手軽に持ち運べない時など、安心して美味しいお水をいただけるよう、小さなパックに詰めてお届けします。

ハイパー電子蜂蜜は、電子水との相性抜群で、美容にも、健康にも、ダイエットにも、入浴剤としても色々な用途が考えられ、とても楽しみです。

今月も、色々と楽しいイベント盛りだくさんです。

寒い季節の本番ですが、ついつい水分補給がおろそかになりがちです、十分に水分補給(電子水)と、休養を図り、寒さに負けない、元気な体で、楽しい健康生活を満喫しましょう!


トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-