炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2008年10月21日

■黄金の光を放つ、チャージ

昨日、古くからの、お客さまとお会いして、健康状態や、世情の厳しさや、これからの展望等をお話していたのですが、、、、

ここへ来て、
『最近ストレス解消が出来てない方が、本当に多いことを、頻繁に見聞きするよね。』
って、話になって、

色々な事件や、災難に巻き込まれるのも、ある意味運命かも知れませんが、引き起こす犯人も最初のストレスに、押しつぶされて自暴自棄になってしまい、取り返しがつかない状態になってしまうことが多いですね。

又、そのきっかけと言うか、最初の段階で、なにか自分で、積極的に取り組める気持ちになれば、もっと対策を打てただろうにと、解決に悩む方の話も、聞かされる事も良く有ります。

昨日のお客様とも、最初は、その話で盛り上がったのですが、しかし、そのストレスで睡眠障害になることは、出来れば避けたいよね。私は、あの安眠マスクで随分助かったし、今はなくてもぐっすり眠れるとの事でした。

しかし、話を進めていくと、
『たまに、ふとしたことで、幾日か眠れない日がある』
らしいのです。

それで、ある疑問が?

『もしかして、古い商品で、黄金のチャージしてない時の商品かな?』
と思って、確認すると、案の定!

ああ、ご案内が遅れて悪いことしたなと、想い
『今は、相当進んで、高伝導繊維炭の遠赤効果だけでなくて、黄金チャージがあり、これがチャージするととんでもなく素敵な、エネルギーが入って、更に爽やかな目覚め、快適な夢も見るって、評判ですよ』
と、宣伝してしまいました。

そこで、それはなんね?
と、当然仰せなので、事務所で早速その実験。

黄金チャージのアイマスクをつける前に、それを握って、感じる波動の感想を聞くと、、
『よう解らん・・』との事
ならば、コーヒーを呑んで、その後そのコーヒーを黄金チャージ済みのアイマスクと握って、飲み比べてみると
『なんか、知らんけど、柔らかい気がするね。まろやかって言うか、苦味が美味しく感じる。これのせいね?』
と、かえって来たので、もっと驚かせて見ようと、今度はわさびを持って、少しだけその、刺激を比較してもらいました。こんどは、明確に解ったらしく・・
『何ね、凄いねこれ!本当に、これね、、あんた、何かしてない?一緒のもの?』
と、驚きです。当然ですが、そうなると興味が段々、人体実験的に・・

次は、タバコを比較してみてもらいました。
私は吸わないので、銘柄は良く知りませんが、キャスターと言うものでした。

『凄い!味がぜんぜん違う!これ、旨い!』

とのこと、最近薄いって言うか軽いニコチンの物があるらしく、軽いものだと、わかりにくい方も居られるようですが、これは明確に解るとの話でした。

喜んだお客さんは、
『これ欲しい!あんた、なし早よ、言わんとね』

という事で、お叱りを受けながらお二つご購入されました。

先般、ご案内のように、これは熟睡を直ぐに誘うって感じの効果より、寝ている間の熟睡度と、夢をはっきり見る、しかも、鮮明に覚えていて、起きたら直ぐ行動できるって、声が圧倒的です。

私自身、凄く素敵な夢で助けられてます。

厭なことも、なにかの別な示唆に変えてくれている感じで、、、。

兎に角、”いやしろ”には、感動の毎日です。私が、一番熱狂しているつもりですが、更にウワノ手が居られると、勉強不足、研究不足、感謝不足に反省する毎日。

2008年10月20日

■一週間の始まりは、素敵な安眠から

商売柄、日曜も祭日も無く、一年を通して自己管理の下に、自分のペースに有った休日を取るようにしてます。

昨日は、日曜日でしたがお客様のお打ち合わせと、業者の社長さんと商品の制作に関するすり合わせで、夕方になりました。そこで、一端休憩。

自宅に戻って、一週間の総括をすることに・・・

これは、仕事でなく、まるでルーティン的になったもの、、、そうです。

"笑点”を見ながらビールとつまみを片手に、愉快な時間を過ごし、後はお風呂に早めに入って、家内が作ってくれる、夕食を待ち、娘達との歓談を楽しみにして私の一週間が、ひと段落となります。

”いやしろ”の朝は、早く、3:30起床4:00仕事開始なので、このペースは非常に大切なのです。

そこで、いつもに増して日曜日は、早めの就寝。
となれば、欲は深くなり、じっくり安眠を満喫したいもの・・・

自画自賛になりますが、”イヤシロの安眠アイマスク”が大活躍。
これ無しに、一週間が持ちません、繊維炭や、活性炭の遠赤効果もさることながら、イヤシロのパワーを結界のように転写してますので、兎に角不思議な、快眠なのです。

一番多く言われるのが、目覚めがすっきりと言うのにあわせ、不思議な夢を見を見るのです。
鮮明な夢を見る、見たかった夢を見る、いくつもの夢を見続ける、、、等々。
しかも、普段うる覚えの夢が凄く頭に残って居ると言う声は、非常に大きいのです。
素敵な睡眠は、快適そのもの。

私も、昨日は父の夢を見ました。生きていればこんなことを聞きたいのにと、平素思うことが多い中で、現実と夢の中での話が交じり合い、すっきり気分の物語りでした。

寝不足を補うにはこれが、欠かせません。

これも、不思議で感動的な体験です、やはりイヤシロは、感動が付き物ですね。
目が覚めても、父の病院に行かないといけない気持ちであったり、少年の

2008年10月19日

■新作の打ち合わせ

昨日も、新作のお打ち合わせ中に、別のお客様と一緒になり、たまたま知り合いなので、

『時間も時間だし、お食事ご一緒にしませんか?』
『良いですね、是非是非~!』

って言うことで、某ホテルの喫茶から、中華のお部屋へ移動。

メニューを頼むよりも、バイキングに目が奪われ気になって仕方ないところ、、、。
直ぐに、ウェイトレスの方が、メインメニューの一覧表を指さし

『メインメニューを決めて頂き、後はご自由におとり下さい。』
とのことで、
私とある議員さんは、ふかひれスープの中華蕎麦を頼み、もうお一方は、中華丼をお願いし後は、お皿をゲットして、出来るだけ多くならない様に、お肉と野菜のコンビネーションを色とりどりに、適量の盛り付け完成!

三人ともそれぞれの、好みのお皿にて

『お先に、頂きま~す。』

程なく、『メインメニューをお持ちしました』
との、綺麗なアナウンスと共に、現れた、ふかひれスープの中華蕎麦!んと?ちょっと量が多い?!

食べきれるのかな?と思いながら、お皿から、箸を移し、スープを口へ・・

『旨い!!』
なんだか、TVの試食番組の方のわざとらしい口ぶりのような、台詞が思わず口をついて、出てしまいましたが、実際に旨いのです。
多いと、思った量も、以外や以外、、食べると一気に無くなり、程よい満腹感。

実は、ここは・・A首相のお膝もとの、飯塚にある○○プラザでしたが、これで1,050円は安い!
*中華丼をご注文の際は、この量も多いので、お皿のお好みは少な目が賢明かと思いました。

旨い料理は、消化が早い!と申しますが、ここは絶品のひと時の体験です。

宣伝ぽいですが、電子の料理は、この段をもう一つ駆け上った感動を味わえます。

と、言うのも、食味の旨さは、抜群ですがなんと言っても、素材をチャージして更に電子チャージの料理にした場合、凄く消化が早いと言うより、運んだお料理が口の中で、ふわっと細胞に浸透し始める感じがするほど旨いのです。

大げさに聞こえるでしょうが、本当に本当!

近くの電子を取り扱ったレストランや食堂で、是非ご体験を!

この感動も、凄いです。だから、きっちり電子をふんだんに使ったレストランは本当に繁盛中です。


そして、話はお客様との打ち合わせに戻りますと、お陰でその途中参加の方も、いやしろファン。
話が弾み、次回はその方もこの商品開発に参加して、販売までやってみたいとのこと!

兎に角、電子や”いやしろ”は、話がまとまりやすく、紹介が多い!
喜んでばかりも居られなく、途中呼び出しの電話で、次回のアポイントを取り付け解散しましたが、正に
いやしろの仲間は、行動的。

いや、そのパワーにも感動すると共に、環境に感謝です。

2008年10月18日

■初めてのイヤシロ体験は・・

最初に”いやしろ”の感動に遭遇したのがもう、二十年近くになるのですが、住宅のインテリアに関する展示場をリフォームする際の出来事でした。

それまで、透析の病院にテナントとして賃貸していたスペースなので、兎に角消毒の匂いや、下からさすような感じの厭な雰囲気を、どうにかしないといけない思う傍ら、人工的に視覚に訴えられるものをより美しく見せることが出来ても、体感するものが、心地よくなくては居心地に繋がらなく、意味が無いのでは?

との、不安も過ぎってました。

抱いていた仕上がりのイメージは”雨上がりの小川のほとりの、癒やされるような落ち着き”見たいなものを、頭に中に描いていたのです。

雨あがりの沢.jpg

それに、『磁場の悪いところは、においや湿気が常に溜まっている』
とも、聞いてましたし・・

この匂いからしても、多分ここは、磁場も悪いのでは?の心配は的中するかのように、電子の専門化に来て頂いた時は、その様なご指摘でした。

この展示場を開設するには、『まあ、ここしかない』と言う、条件下のもとでしたので、其処の磁場を良くする以外にない。でもその、磁場って言うものを説明したり、人に伝える力量も知識も無い時でしたので、無謀な冒険のように言われた時は、正直迷いや抵抗ももあったのですが、其処は信じてやるしかないと!
そう、決意し、磁場の改善に着工しました。施工は、事前に穴を掘っていたので、一日で終了しました。

途中、工事を進めるその様子も、凄く印象的でしたが、ここで、生涯忘れることが出来ない感動は、翌日やってきたのです。

そう、翌日朝一番にこの展示場を訪れて、全く自分が自分で無いほどの感動が、体中を突き抜けました。

『全くあの匂いが消えている!』
『それで居て、凄く爽やかな気分!しかも、なんだかヒンヤリする程の心地良い引き締まり』
『ここに居るだけで、体が軽くなった気分』
『視界が綺麗に見える!』

・・等など、私の後に来た社員の皆様も、異口同音感動の声!

正に、イメージしていた、『雨上がりの沢』にたたずむ世界が広がっているのです。

そうして、磁場改善(当時は単純に炭素埋設のみ)の場所の上に、日本酒を置いていました。

他の場所においていたお酒と、記念に於いていた、お酒を比較する為、恐る恐る試飲(本当に舐める程度ですよ)してみると、見事に味が変わっている。

何だか柔らかくて、匂いも気にならないまろやかさ・・

もう感動の渦で、呼吸するのも勿体無い気分でした。

あの感動は、生涯忘れられませんが、それもほんの序曲であったとはこの時は全く気づくことは無かったのです。

一日で、磁場というものが生まれ変われるものなのでしょうか?

でも、全く体感も、視覚も違っているのも確かだし、疑う余地もない絶対の価値観が新たに埋めれたように感じます。

その時、これで運気は向上間違いなしの確信を得ました。

途中、紆余曲折ありましたが、この展示場の磁場改善は、何よりも宝の山を積み上げる、最初の一手!

いきなり、完全スイッチのフル全開モードです。

その後の、感動の連続は言うまでもありませんが、内容は次回にとっておきましょう!

2008年10月17日

■”いやしろ”は、感動の共有財産

昨日、法制顧問を頂いている、ご当地の凄腕弁護士の方にお電話を頂き、
『最近先月の24日以来、ブログの更新してないね~』
との、ご指摘を頂き、正直頭をカキカキ、苦笑いしながらお話いたしました。

お話は、趣味の集い(JAZZとオーディオ)のお誘いでしたが。
それは、折を見まして又別途ご報告・・

さてこの間、何をしていたんでしょうか?

実は、新商品の開発の仕上げに心血を注いでました。
そのご案内も随時行って行きますが、今回の新作も凄いですよ!こんなに、効果が有ってこんなに廉価で”いやしろ”が、体験できるのか?って処。

開発の作業を進めながらの、この2週間ほどは、自分を振り返り、自分の人生の中で
”いやしろ””相似象””静電三法””電子物性の変成技術”などに出合ってからの約20年間、凄い感動の連続だった。と、そのことに感動を覚えている次第です。

じゃあ、何を感動したかと言うと、

見るもの聞くもの初めての体験でしたが、どれもこれも、あんなことが有ったらいいな!とか、こんなことが出来たらいいな!とか、まるでドラえもんのどこでもドアで、吃驚体験をしている、少年の純粋な感動そのままであった気がします。

きっかけは父の経営していた、建設業で、環境に良いものを、平素の業務を通じ、何か有限実行できるものは無いかと、思っていたことが直接のきっかけのような気がします。

少し高邁なものにあこがれていたのかも知れません。また、幼稚で下手な、考えでした。

①社会貢献にも繋がるようなものでないと・・
②実益にも結び付けたいし・・
③自分達か、健康や、幸せを感じるようなものも欲しいし・・
④誰もやってないこともしたいし・・
⑤国や、公共団体など認めてくれるような権威でも無いと・・
⑥お客様に取って、最大のメリットもお届けしたしたいし・・

等々、頭の中で巡るのは理想の状態で、しかも都合の良い妄想のようでした。

だが然し、ある書籍に、

『商売はそれを行う土地でその盛衰が決まり、幸せな家庭生活は、住んでいる土地や家の状態で運気や健康まで変わる・・・』

と、言うフレーズに目が留まり、その時、直感的にこれが、求めるもののすべての答えではないか!
と、感じたのを鮮明に覚えて居ります。

そして、そのアクションの始まりは良かったのですが、電子や”イヤシロチ”に、直ぐにたどり着いたのではなく、ある課題を解決するテーマが持ち上がったのです。

そのテーマとは、
”いやなにおい消して、素敵な香りがする場を作りたい”とのテーマがにわかに持ち上がったのです。

匂い袋.jpg

そんな、事は出来るわけも無い!と自分で否定的な気持ちと、いや、土地の浄化?でも神様にお願いするか、仏様にでもお願いして、できるかも?と言う、絵空事のようなものも含めて、色々と当たってみようと思った事も、有ったように思います。

だが然し、その絵空事のように思っていたことが、物理的なものを学問として捉え、科学的に実践している研究集団があると、聴き、明るい希望がさした時、其処から一気に電子との出会い、”いやしろ”への感動が始まったのです。

ある実行後、直ぐに実現したのです、鼻を突くようなきつい消毒の匂いが充満するお部屋が、匂い袋を一つ置くだけで、広い部屋中が素敵な匂いのする異空間に、一晩で生まれ変わった感動が、今でも続く最初の大きな感動で、以来新しい感動が次々に湧き起こり、どんなに窮地に立たされてもいつの間にか、環境が元通りになる運び、喜びが何倍にも何十倍にもなった喜びの連続でした。

まず、この小さなきっかけですが、行った出来事というか、体験を少しずつ次回より、紐解いていきましょう!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-