炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■イヤシロで安全確保

ミニ炭セット.JPG


7月23日  水曜日  晴れのち曇り

小生毎朝3:30~4:00くらいに起床し、さやかな目覚めと供に、直営店のお弁当屋さんの、仕込みの確認に行って、イヤシロの各地を訪れ、それから弊社本業の業務に取り掛かります。

このお仕事に従事させていただいているお陰で、色々な難局を迎えても、年齢以上の健康と体力を維持できて、日々充実感に一日振り返る時も感謝で、就寝できるのですが、、。

最近毎日のように、とんでもない殺人事件のニュースに驚かされます。

昨日も、仕事の躓きで30数歳の青年が、八王子で殺傷事件を犯し、動機は腹いせに誰でも良いから殺したかったとの事。・・人を傷つけたり、暴力はとんでもなく、それが自殺にまで安直に発展するのも良くありませんが、誰でも良いから殺したいと思うなら、自分を殺しなさいと、思わず、憤りを感じる次第でした。

中学生が、お父さんの就寝しているところも襲って殺してしまう時代が、、

なんて恐ろしいのでしょう。もう、この21世紀は破滅に向かっているのでしょうか?
と、嘆いてしまいたくなりますが、この緊急事態(以前から、十分予測はどなたでもつく話ですが)に、ついに私ども”いやしろグループ”も、存在意義の結論を、誤解を恐れず出して行こうと、方針を決めました。

およそ、産業と言われるもの、企業の役割をになう立場では、どの業界も、どの様な企業も、先ず絶対に考えなければいけない前提条件が、”安全”だと思いますし、当社の企業運営に於いても第一番の価値基準に於いてます。

趣味や、芸術等でも、素人とプロの違いは形にあらわされる事で言えば、安全対策を十分に図っていて、本当に実行できているかの違いと思います。

つまり、企業の存在意義の第一番目に安全をおく必要があると感じます。

当社では、住生活の安全と言うことに、いかにお役に立てるかが、これまで求めてきた最重要課題です。

先に、お話したように、日々無茶苦茶な事件が起こる今日、自分で自分の身を守ることが、これから自分の存在意義を高め、更に幸せを実感できるかのポイントと思えます。

つまり、結界を貼ることが、我々のできる最大の使命と思ってます。

外敵を防ぎ、幸運を逃がさない安全地帯をいかに強固に作り上げるかが課題です。

炭埋や、エレクトロンチャージャーの利用や、空気清浄機の利用も、マイナスイオンを発生させ、有害物質を取り除き、有益で安全な場を構築する為の方法論に過ぎません。

それには、健康面、環境面、精神面も必要でしょう。

これらをしっかりやりきることに今後の企業使命をおいて精進することを、将軍様も黄金次郎さんも、夢宝待さんも、HIROSHIさんもご賛同いただいてます。

僭越ですが、先ず自分の身を守る為の場所造りにも十分な対策としてお手伝いさせて戴きたいと思ってます。

つきまして、本年度の新作でもあるのですが、上記写真のイヤシロ備長炭で、有害物質を除去し、有益な運気を逃さない為にも、自分で簡単に出来る”結界作り”に役立つ”いやしろ炭ミニ結界セット”を、ご用意してます。

このセットには、黄金チャージも施してありますので、本当に安心です。

この商品は、直ぐに出来る物として、ご用意させて頂きましたが、是非自分の場の安全を確保し、安心して、一日を感謝で締めくくれますよう、ご愛用ください。

今後、ジャンジャンこのようなご安心のプログラム、商品、サービスを構築してまいります。

安心の場所作り、家作り、環境作りにお役に立てれるよう、ご遠慮なくご一報ください。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-