炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2008年07月29日

■冷やしたイヤシロ”備長炭小丸”

ひやし炭.JPG


7月29日  カンカンの天気

凄く暑いですね。

こんな身も焦げるほどの暑さに、少しヒンヤリとした、イヤシロを即席に作りましょう。

用意するもの、いやしろ備長炭(電子水とミネラルで黄金煮沸したもの)の、大小どちらでも、、、
それを適量。

手順1、冷凍庫の空いたスペースに、数時間入れて置くだけ。

後は、写真の様に、カゴに入れてもよし、皿に盛ってもよし・・・貴方の思いつく儘に、創造力をフル回転するだけ。

この炭は、ミネラル豊富な電子水で煮沸・洗浄しておるので表面から、ミネラルの電子(マイナスイオン)満載のさわやかなミストを発散してくれます。
と言っても、シャワーのようには行きませんが、実にさわやか。

私は、机の周りに於いてます。暑くなっらた手にとって、首筋に当ててその、電子シャワーの素晴らしいこと・・。

なんだか、イヤシロの空気が充満し、即席ながらすっきり空間。

このイヤシロ炭は、冷凍庫に入れても当然、凍りませんし、冷凍庫のヒンヤリ感をそのまま、炭の内部の表面積に濃縮するように、詰まってますので、机もベちゃベちゃになりません。
手にとってもあら不思議冷たさは継続しても、濡れた感じもせず、持つだけですっきりさわやか。

冷蔵庫のいやなにおいも吸着してくれます。それも使用後、お鍋で軽く煮沸すれば元通り・・何度でもご利用できます。

夏の涼しい小川のせせらぎが聞こえて着そうな気分。

少し疲れた目の上に置いても、すっきり爽やか。

即席イヤシロチの気分、味わってみませんか?

2008年07月24日

■イヤシロな結界は、隅々(炭々)まで

沖縄の注連縄.jpg


7月24日  木曜日 朝からうだるような暑い晴れ

昨日結界のお話をさせえて戴きましたが、数人の方から、早速のお問い合わせをいただきましてありがとうございました。

お問い合わせの半分の方は、種類に関してでした。

そうです、目的によって色々と異なります。
単に、体を癒すため、とか、空気の浄化の為とかもありますが、商品は、それぞれにご用意してます。
①お受験セット
②熟睡セット
③金運セット
等など色々です。

また本来の由来である、注連縄や、地鎮祭の時の結界の事もご案内したいのですが、今回は、その事例から・・・沖縄編。
お写真を注意深く見ていただきたいのですが、ご案内のように、
沖縄では、お正月のお飾りとして、どの家庭でも注連縄に、炭をぶら下げる習慣があります。
これは、その由来は、縁起を担ぎ、一年の無病息災、家内安全、商売繁盛と言った、新しい年を迎えるにあたり、邪気を遠ざけ、幸運の運勢をもたらせる為に、門松を一緒に玄関に飾って良き一年の、一念を
祈願いたしますが、その門松は、本来土地の四隅、家の周りの四隅に結界を貼ることを、毎年行うのは難しいので、門の両端に、つまり角に於いていたのです。角(隅)に結界を貼るので、炭を用いてました。
当然、炭の効用の素晴らしい事は、上古代より認められていたのです。

御目出度いことに、松竹梅や、それを象徴するものに凝縮されて行ったのですが、今でも地方では、毎年新しい炭を、門松として、用いてます。

毎年新しく福を迎えるためにも、炭の門松は本来の必需品です。

その角松に比べて、室内の(大きさは一部屋から~)四隅に於くことが理想ですが、陰陽のバランスを考え、2つで代用することも可能です。

なぜミニ結界なのかと言うと、前述のように、本格的な炭埋(1200㎝の直径*深さ1200センチの穴)、
炭門松に比べて非常に手軽で、誰にでも置くことが出来る優れものなのです。

生活のシーンに、目的にあわせた結界も楽しいですよ。

いやしろの本来の語源であり、目的は、理想的な空間で理想的な生活をすることです、そのためには、
貴方の大切な場所を、パワースポットに高め、運気を高揚する空間に押し上げ、邪気や有害物質を取り除き安全な場所にて、幸運ゲットです。

地磁気の安定は、人体に悪影響を及ぼすストレスを和らげてくれます。

理想空間にて、いやしろな生活を満喫しましょう。

2008年07月23日

■イヤシロで安全確保

ミニ炭セット.JPG


7月23日  水曜日  晴れのち曇り

小生毎朝3:30~4:00くらいに起床し、さやかな目覚めと供に、直営店のお弁当屋さんの、仕込みの確認に行って、イヤシロの各地を訪れ、それから弊社本業の業務に取り掛かります。

このお仕事に従事させていただいているお陰で、色々な難局を迎えても、年齢以上の健康と体力を維持できて、日々充実感に一日振り返る時も感謝で、就寝できるのですが、、。

最近毎日のように、とんでもない殺人事件のニュースに驚かされます。

昨日も、仕事の躓きで30数歳の青年が、八王子で殺傷事件を犯し、動機は腹いせに誰でも良いから殺したかったとの事。・・人を傷つけたり、暴力はとんでもなく、それが自殺にまで安直に発展するのも良くありませんが、誰でも良いから殺したいと思うなら、自分を殺しなさいと、思わず、憤りを感じる次第でした。

中学生が、お父さんの就寝しているところも襲って殺してしまう時代が、、

なんて恐ろしいのでしょう。もう、この21世紀は破滅に向かっているのでしょうか?
と、嘆いてしまいたくなりますが、この緊急事態(以前から、十分予測はどなたでもつく話ですが)に、ついに私ども”いやしろグループ”も、存在意義の結論を、誤解を恐れず出して行こうと、方針を決めました。

およそ、産業と言われるもの、企業の役割をになう立場では、どの業界も、どの様な企業も、先ず絶対に考えなければいけない前提条件が、”安全”だと思いますし、当社の企業運営に於いても第一番の価値基準に於いてます。

趣味や、芸術等でも、素人とプロの違いは形にあらわされる事で言えば、安全対策を十分に図っていて、本当に実行できているかの違いと思います。

つまり、企業の存在意義の第一番目に安全をおく必要があると感じます。

当社では、住生活の安全と言うことに、いかにお役に立てるかが、これまで求めてきた最重要課題です。

先に、お話したように、日々無茶苦茶な事件が起こる今日、自分で自分の身を守ることが、これから自分の存在意義を高め、更に幸せを実感できるかのポイントと思えます。

つまり、結界を貼ることが、我々のできる最大の使命と思ってます。

外敵を防ぎ、幸運を逃がさない安全地帯をいかに強固に作り上げるかが課題です。

炭埋や、エレクトロンチャージャーの利用や、空気清浄機の利用も、マイナスイオンを発生させ、有害物質を取り除き、有益で安全な場を構築する為の方法論に過ぎません。

それには、健康面、環境面、精神面も必要でしょう。

これらをしっかりやりきることに今後の企業使命をおいて精進することを、将軍様も黄金次郎さんも、夢宝待さんも、HIROSHIさんもご賛同いただいてます。

僭越ですが、先ず自分の身を守る為の場所造りにも十分な対策としてお手伝いさせて戴きたいと思ってます。

つきまして、本年度の新作でもあるのですが、上記写真のイヤシロ備長炭で、有害物質を除去し、有益な運気を逃さない為にも、自分で簡単に出来る”結界作り”に役立つ”いやしろ炭ミニ結界セット”を、ご用意してます。

このセットには、黄金チャージも施してありますので、本当に安心です。

この商品は、直ぐに出来る物として、ご用意させて頂きましたが、是非自分の場の安全を確保し、安心して、一日を感謝で締めくくれますよう、ご愛用ください。

今後、ジャンジャンこのようなご安心のプログラム、商品、サービスを構築してまいります。

安心の場所作り、家作り、環境作りにお役に立てれるよう、ご遠慮なくご一報ください。

2008年07月22日

■電子風呂で、イヤシロ化

7月22日  火曜日  晴天です

この連休は、ずっと初盆の準備・・・と言っても、草刈り機で、事務所下の敷地と、拙宅の庭木の伐採と剪定で全く余裕の無い二日間でした。

先ず、日曜日は朝から草刈り木との格闘・・昼過ぎに燃料が無くなって、手作業。死ぬほど汗が出ました。その後、伝票の整理。

月曜日は、同様に朝から木の剪定・・・一ヶ月程ほっておくだけで伸び放題、その上この数ヶ月の急がしさで、十分な手入れができず、それは凄い状態。

夕方には終わりましたが、顔も、背中も真っ黒け、なれない両手の道具、電動の自動剪定機の重いこと
、特に高いところには、脚立を立ててその上で作業をしますが、両手を伸ばしてこの機械を操るにはあまりにも不慣れ、余分な力が入りまくり・・・
作業後は、両手の力が入らず、握力はゼロに近い感覚。
鉛筆も握れないほどで、夕飯の時にはお箸を持つのも辛いくらいでした、、、。

だがしかし、最近暑いので、省エネをかねてお風呂の湯船には浸からず、シャワーで済ませてましたが、
此処はきっちり体のメンテナンスを考えて、電子風呂でゆっくり電子チャージ

いつもながら、この電子風呂の回復力は凄いです。
電子水、ミネラル原液”きわみ”の凄さは、そのクラスターの細かさから、浸透性や、吸着性が高いためぐんぐん電子が老廃物をだしてくれて、血行を良くし、体の活性が促されるのですが、、
この電子風呂は、また別格、体の毛穴と言う毛穴から直接、マイナスイオンのチャージは入りまくり、
半端無い老廃物の排出が、実感します。筋肉痛など、本当に和らぐ不思議な世界

疲労度もそんなに、後を引かなさそうだし、しめしめと喜ぶのも相当の実感がなせる業。

凄いのは、老廃物の搾り出しと言った感じの大量の汗で、気持ちの良い新陳代謝が解ります。

お風呂に入る前、15.8%まで下がった体脂肪率ですが、電子風呂を上がった後は13%フラットでした。
これにも驚きますが、、何といってもその回復力。

今日の朝も、4時起床でしたが、すっきりと快眠を体験して、さわやかな目覚め。

筋肉痛も殆ど無し。これまでの経験で、同様の作業後次の日、一日体がきついと悲鳴を上げるほどでしたが、今回全くなし。
食事療法も大事ですし、環境のイヤシロ化も大事ですが、お風呂の入り方によって手入れのレベルが異なります。

イヤイヤ、まだまだ電子風呂の底じちからを表現するには、口幅ったいですが、疲れた時は電子風呂。

先ず、これです。

2008年07月18日

■言葉でイヤシロ化

雨にも負けず.jpg
7月18日 今日も晴れ 

昨日は、父の友人であったJAZZピアニストの加藤さとるさん主催のコンサートに行ってきました。

加藤さんの人脈は広く、計り知れなくていつも驚くのですが、、、今回もその凄さにおどろかされました。父のことをアンちゃんと呼んでくださり、父の最期にも気を使ってくださり、父の鎮魂の歌も作ってくださって、それを通夜にも葬儀にも流させて頂き、本当に今でも和ませてくださいます、しかも、一週間ほど前に、お手紙を戴き、奥様(JAZZボーカリスト)からもお電話戴き、是非、今回も皆で連れ立って来てくれとのご支持でしたので、楽しみにしてました。

前日、父と親しくして下さっていたご近所さんから、一緒に行くから車でつれってって~!とのリクエストに、丁度良いや!と、楽しい道中におしゃべりしながら行ってきたのですが。

会場には、少し早めに着き、そのコンサート会場の1階に、みんなの集いの場があり、そこで簡単に弁当をつまみ(これが奥さんの手作りで、目茶苦茶旨かった・・特に、から揚げと、筍の似た奴は絶品でした)
遠足気分で、幕が開くのを待ってましたが、その来場者の多さに吃驚!

テーマは、【音楽で「北九州文学散歩」】となってまして、九州や山口にゆかりのある方の詩を、ジャズ風雨にアレンジし、奥様の見事な歌と、絶妙な面白い話術で堪能しました。

ゲストも、ポピュラーソングの方、詩吟の先生ご夫婦、そして当地の名人にゆかりの方など、それぞれに歌やお話のタイミングありでこれまた、飽きさせない。

文学って言うくらい、金子みすずさん、宮沢賢治さん、村田英雄さん、夢道さん等の、詩や歌に曲を乗せて奥様がその美声をうならせたのですが・・・旨いのと、お話が楽しいので、2時間があっという間ですた。

たくさんの作品のご披露がありまし他が、中でも私は宮沢賢治さんの詩がやはり一番印象的でした。
作品があまりに有名なのと併せ、モデルとなった方のご苦労されたエピソードなどを、更に楽しく且つ、興味深く説明してくれましたので、一層ひきつけられたのは事実ですが。

写真のように、その朴訥なけれんみの無い生き方が胸を打たれます。

雨にも負けず


雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

そして忘れず


野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろといい


日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしはなりたい

とても私には出来ませんし、野心も、夢も、希望もありますので不遜だと思いますが、

やはり、言葉で、無く仕掛けていた勇気や、情熱も理想の目標に少し軌道修正してくれそうです。

いやしろとは、イヤシロチに代表される美観地帯・・つまり、酸化を防ぐ還元された土地や環境と言った、限られた状態を指すのではなく、人も動植物も含めて、癒される理想的な状態や、結果を指します。

言葉で、心も和み、体も疲れが取れたような安らぎを与えていただき、正にイヤシロの夜でした。

加藤さんご夫婦はじめ、メンバーの皆様、お疲れ様でした、ありがとうございました。
                     
                                                           合掌

2008年07月17日

■心と体の健康診断

きわみi.gif

7月17日 (木) 晴天です。

なんだか、台風発生とのことですね、当地北九州では、あまり台風による大きな、災害が少なかったため、若い頃は、台風を凄く甘く見てまして、車であちこち出かけて行った記憶があります。

就職をし、二つ目の会社では、建設現場で監督の仕事の見習いみたいな仕事をさせていただきましたが、其の会社は鹿児島県の中でも大きな地元のゼネコンでした。そこで、台風時に、ある療養施設の改修の現場で、大きな煙突が突風でなぎ倒され、危うく大惨事になるところでしたので、人生初めて遭遇した、天変地異の恐ろしさを初めて知り、以来、自然の恵みと同時に、突然やってくる自然の恐ろしいまでの無情さ、悲惨さ、そしてその被害のもたらす経済的、精神的、肉体的な破壊的影響を心の傷の様に刻まれました。直接私個人の生活や、身体的自由を奪われたわけでは無いにしろ、若かっただけに、周りの人が他人に見えず、何も出来ない自分に小ささや、悲しさを覚えたものです。

でも、若くして、多くの災難を克服されてこられた方を見ると、私自身、生死をかけるような切羽詰った体験が無いだけに、突発的事故や、トラブルにあたふたするのも大人になりきれ無い未熟を感じる今日この頃です。

先般、心の健康診断ということで、生命鑑定や、九星表、手相等、何でも一応達人の域にあって、専門分でのご相談をされて居られる先輩を、将軍様に、ご紹介して頂きました。

流石に此処に関する専門化、凄く聞き上手で、絶妙のタイミングで相槌や、ご意見、ご質問をされます。

感じ的に、極めて素直なお人柄に見えますし、その対応ぶりには、子どものような穏やと、純粋さを感じます。

電子の関係で、色々な健康関連の、お話を頂きますが、健康のお話も、心の健康の基本は一緒だなと、
感じるのが正直です。

さらに、きわみチャンと言う、商品もご案内させて行きますが、この健康のお話も、心のお話もかなり共通のキーワードや、価値観が多いなと感じます。

素直でなければ良い情報、システムの話など、自分に向かって入ってこないのは当たり前のような気もするのですが、台風の話では無いですが、突然やってくる人生上の災害や災難も素直に、現状を受け入れ、全てを素直に対処でいる意識で無いと、健康にもたどり着いてない方が多く、それも自然かなと思うのですが、、、

果てさて、今日も素直に、業務をこなして生きたいと思ってますが、、スケジュール帳を見ると、ちょっと素直になれず、言い訳が崎に立ちはだかりそうです。

素直に、素直に、、、、頑張りましょう!

2008年07月15日

■イヤシロチの穏やかさ

本堂より.JPG

7月15日  (晴天)

昨日は、にわか雨あり、落雷ありって感じでしたが、友人に聞いてみると、私が出向いた場所ばかりのよう。

小倉や、八幡は降って無いらしい。

どこへ行ったかって申しますと、筑豊の田園地帯。
お客様(喫茶店経営)の方から磁場の計測を依頼されましたので。

とても素敵な磁場でした。
穏やかな、振幅でレベルも高く安定し、間口も、奥行きも変わらず。
お部屋の中まで、綺麗な磁場でした。

それも其のはず、其の付近には綺麗な山々にかこまた田園地帯。
直ぐ真正面に、八幡様・・・この神社の磁場も凄く高く、この喫茶店と
相似している様子。

さらに、この喫茶店の隣接地は、結界のある田園。

もう満点のリッチ条件。

ご商売人は普通、基本的な願いとして商売繁盛をご神仏に祈るのは当然でしょうね。
その根源である、リッチになる為の条件は、立地条件、アクセスの方法や、近隣の
利便性もそうでしょうが、其処が気枯れていては、全く無意味。


しかも、其処に済んでいる方が、揃って其の磁場を気持ちよく共鳴させ、
お顔も、笑顔も素敵、気品を感じます。
気品?とは言えなくても、お人柄のにじみ出る明るさや、逞しさは勿論
振る舞いの気持ちおよさは、其の磁場が織り成す魔法と手品を見ているよう。

昨日は、ハーブティをおご馳走になりました。
その磁場で培った御花やお野菜も見事なもの。

其の名も"夢の軽井沢”一度行ったら、あの空気と風は病みつきです。

ケーキもバリうま。

何でもかんでも旨くて気持ちよく戴けます。

田園の周りには、用水路が流れ、水の流れる音が絶え間なく耳と心を
やさしく奏でてくれます。

音のシャワーは、風のいたずらを連れて、夢の世界へ誘ってくれそう、
私なぞ、お茶を戴きながら、田園や山々を見つめてつい居眠りしそうでした。

*お断りしておきますが、お仕事が終わって、お疲れ様のお茶時間でしたので
決して遊んでませんバイ・

この次は、是非、皆様をお連れしたいです。
場所も解りやすいので、いつでもご紹介します。

お湿りのにわか雨は、田園の水や、用水路のふくよかな水が、蒸発し
豊かな水蒸気となって、雲に誘いかけ、雨雲となって、又雨の恵みをもたらせてくれ
自然界のありがたい循環にも、感謝を思う光景です。

眺望って、目も癒し、体の芯まで安らぎを与えてくれそうで、絶対に大切な
栄養のように感じます。


帰りに、お寺に寄ってきました、ご本堂の階段から、ふと山門を振り返ると
入り口の明るさと違って、入ってこられる方(ご門とさま、とお客様も)を、ただひたすら
お待ちしてますって感じで、其のおくゆかしい、佇まいについシャッターに手が伸びました。

入ってくる来る時に見えるあの広大な緑の光景と、奥でお迎えする力強い穏やかさ、
山門が中心に結界をなし、穏やかな磁場は振り返って見ると、安心のお導き。

イヤシロチにて、俳句でもひねれば様になるのでしょうが、
無作法者は、ただ写真にとどめるので精一杯でしたが、
胸の中のさわやかな風は、夏の素敵な光景を残してくれたのでした。

2008年07月14日

■朝顔に、つるべ取られて・・

朝顔001.JPG
7月14日 晴れですが、何かにわか雨も降るそうで蒸し暑いです。

この季節は、お花といえばアジサイから朝顔にイメージが変わるんですよね。
とっても身近ですが、夏の到来と力を実感します。

もう一月で、お盆と思うと瞬間瞬間の時間が勿体無くまた、裁けない自分に気合を入れないといけないのか、方法論や、精神面を鍛えなおさないといけないとか、一応は殊勝なことを思うのですが、ついついいつものペースで、電話や用事に翻弄される次第です。

お盆と言えば、ご先祖様のお墓や納骨堂をきれいにお掃除が必要ですね。

良き人生、実り多き人生、思う通りの人生には、それなりの環境に身をおく必要がありますが、(イヤシロチに)どのような環境であろうと、先ずお掃除をして、綺麗にしておかなければ、綺麗な人生には相似象として、反映できませんね。

昨日、庭の草刈りを半日掛けて4分の一程度終わらせましたが、夕方家内が、折角芽を出しかけたアジサイの葉、を切ってしまったと、叱られまして、、大慌て。

幾ら、綺麗にしようとしても、せっかく育てた、植物まで、草と間違うようでは、これは準備不足、確認不足の攻めにあっても仕方ないですね。

相似象は環境にも大いに関係しますが、其の前に、意識の方が大事です。無意識に、ただ思うことをやっていても素晴らしい人生は興味しませんね。

先ずは、意識を明確に目指すゴールに向けて、其の逆算を綿密にしなければなりません。

最近、目標を一層強固なものにする為、あるものを用意しました。

お客さんには、皆さんにその全体像を少し見て頂いてます。これは、強烈にイメージが出来るものです。
って言うかストレートな目標設定に必要なものです。
だから、初めて見る方は、殆ど目を丸くして驚きながら、笑います。

ストレートな目標設定・・・いいですね。誰でも、欲しいと思うもの、手に取りたいと思うもの、奇麗事を言っても必ず最後は必要なもの。

これは、意識を明確にする上で欠いてはいけないものですね。

併せて、そのために必要な実行スケジュールも、出来ることから手を抜かずに綿密なものを用意しなければ・・・頑張りましょう!

2008年07月10日

■イヤシロチとは外乱が極めて少ないこと

7月10日(木)

今日も天気が良く、朝から厚い事務所で汗を拭いてます。

東のほうでは、凄く雨が降ったらしいですね、心配です。何故か、東西では極点なバランスですね。
この天候のバランスが悪いのは、この季節起こりやすいですが、この極点な二極化は直ぐに天気の回復で戻りやすいのですが、景気や、社会現象の二極化はその激しさを増すばかり。

教育も、経済的な貧富の差、企業の業績にしても、環境への意識も・・・

この二極化は、人の意識への影響も、もどうやらかなり其の傾向が見られるようにも思います。

いつも不安に思って、懐疑的になる方と、本物かどうかをいつも其の方の座標軸に照らし合わせ、信念に基づき行動する方と。

昨日も、相見積もりをご希望される方の話をさせて頂きました。
相見積もりはシステムであり、その有効性は、素敵なシステムと思いますが、全てシステムを使い間違うと大きな失敗につながることを知るべきだと思います。

どこで買っても、誰が買っても同じ商品ならば、企業の方針や、状況によって、その価格も変わってくるでしょうから、当然相見積もりにも有効性は、益すことも考えられます。

しかし、形に出来ないもの、目に見えないサービスや、知識、信頼といったものは、其処には繁栄してませんね。

私どもでは、この目に見えない磁場や、土地のエネルギーのお世話をさせていただき、本当に本物の効果と、客観的な計測でビジュアルにも反映できる地磁気のバランスのこともお勤めさせていただいてますが、不安定な世の中だからこそ、しっかり責任あるお仕事に練り上げた、技法や、目的に対する責任をしっかりとお勤めさせていただく覚悟です。

私達も、本物を見極める正しい力を持っていなければ、自信と信念をもってお仕事が出来ないことをしっかり認識し、日々精進が必要と、再度、肝に銘じております。


今、日米の特許を戴いたことで、これまでの研究成果を認めていただいた様で、極めて光栄に感じ、嬉しい気持ちで正直、浮かれそうでしたが、これを機会に、これまで以上に再度しっかりと商品の見直しを図って居る途中です。

新商品も重なり、繁忙の日々で、どこかに落とし穴が潜んでないかを冷静に見つめ、悲観的に準備し、楽観的に行動できるよう、何度も検証を重ねて居りますが、更にもう一歩100%を目指す必要のある社会情勢だと感じる今日この頃です。

暑さに負け無いよう、頑張りましょう。

2008年07月09日

■本物を見つける目

7月9日(水)  天気

今日も。、梅雨明け10日の象徴するような蒸し暑い天気。

最近、お問い合わせで、よそのやり方と比較してじっくり検討すると言うお話が続けて有りました。
勿論相見積もりなど、意味の無いお話には、お客様の目的をお聴きし、その目的に対する克服するべき課題などを含め、先ずは、目的に添ったお手伝いをすることで、その点は、十分納得していただけるのですが。

自画自賛の宣伝活動は、信じれない。と、何が自分の本当の目的なのか、相手の技術や才能はどうなのかを資料を見て、顔を見て判断が出来ないのか?と、疑問でたまりませんですが。


私どもでの生きがいや、存在価値は、独自開発の癒しや、美と健康、そして結界を貼る環境作りを通し、お客様そのもの自体が社会に役に立つようなサポートをさせて頂き、正にお客様にとって、より理想的な空間のサポートを提供させて戴くことです。

結果的に抑えきれない喜びや、其処に至るまでのプロセスも含め、確実に変わっていく様は、自分で抑えようの無い、沸き起こる感動と、掻き立てられる熱い思いが其処に存在し、自分自身が感動できるお仕事に従事させて戴き、最高のお役をさせていただいていることに感謝です。

収益性が良いからとか、お客様が多いとかは、その現象の一部であって、お客様の本当の目的や、喜びは、それを果たしてみて、やっと其の現象がついてくるように思います。

つまり、お客様も、自分も本物の見極める目がなければ、経済的な損得に関係なく遠回りをし、結局瞬間的な喜びは、長続きしないのと同じように感じます。


お陰さまで、黄金チャージとのご縁を得て、全てが大丈夫に感じる、毎日ですが、自分の目指すカタカムナ~カンナガラ=魂を磨くことが、ひいては本物作り、自分の本当の心から感じる感動につながると思ってます。

何が本物なのか、再度熟考し、わかりやすくご提供できるよう精進する覚悟です。

本物作りの定義が、世界共通でもないですし、個人によっても異なりますが、自分で納得できるものを高めて探すことは一番楽しくて、一番近道ですよね。

生きがい探し等も高齢者にも必要なことを言われるこの頃ですが、生きがいを事業の中で満喫できる喜びに感謝してます。

この、天気の良さに負けないよう、心も燃え滾らせないと。

2008年07月07日

■梅雨が明けて、いよいよ七夕です・

天の川02.JPG

7月7日 (月)  凄くすっきりした晴れです。

梅雨明け宣言が12日位、例年より早いそうで、仕事はし辛いところもありますが、夏の仕事に向け、頑張りましょう・

天の川は、本当に自然界の神秘としても美しいですね。

夜が楽しみで、待ち遠しいいです。

眠い目をこすりながら、朝早くから仕事してきまして、こんなにも天気が良いと、少し休息を取って、再開した方が、能率が良さそうな気がします。

夏は、何かと体調を崩しがち、水の事故も、熱中症も、良く考えれば未然に防げる事も有ります。

身の回りの変化に、いち早く感じきり、自然の摂理にのっとり、一つ一つ問題点をクリアーにしてけるよう、慎重に大胆に、この暑さを吹き飛ばして、お盆を迎えましょう。

お盆が過ぎればあっという間の年末。

ウキウキ気分は、あの入道雲にそそられますが、常に冷静にたくさん、電子水をのんで、頑張りましょう。

2008年07月06日

■ひここ杜画伯へ

kinjiro4.gif


最近超多用な毎日です。

新しい仲間を紹介するよう、画伯にはお話してまして・・・そのままに。

リンクを張るように準備中です、そこで、取り急ぎURLだけでも
お知らせいたします。

暇な時に遊びに来てくださいね。
http://mr-iyashiro.com/

2008年07月02日

■いやしろの夜明け

朝焼け.JPG
7月2日 (水)  降ったりやんだりの雨ですが、今は薄明かり

今朝も4:30に事務所を出発し、小倉のお店へ。

この季節、朝焼けがやけに、まぶしいのですが、じっくり見ていると夜が明けて、仕事になりませんので、
ぎりぎりのところで、事務所を出発し、出掛けにパシャッっと、シャッターを押してみたのですが、事務所から見る、帆柱5連山と左上に、ちょこっと見える月がとっても可愛くて、思わず素敵な光景に目を奪われました。

今月から、我が事業にもあたらしい夜明けが始まろうとしてます。

振り返れば、建設業から、環境に良いことを模索し、炭素埋設~電子全般~磁場改善~産業電子の応用~磁場測定~地磁気の分布の発見~電子パワーを活用したエネルギー削減と、ガソリン代の削減~いやしろの総合的展開~黄金パワーのフル活用~~~~~等々、、、

色々と、電子や相似象、静電三法に、報徳精神の実践、黄金の力まで、数年間は、開発の仕事に傾注することに少し体重の掛け方の趣をおいて参りました。

ガソリン代の200円時代は、もう直ぐそこまで来ております。
これまでいち早く、黄金チャージの活用で20%前後の燃料費削減は事業の中で凄く助かってます。

これからのこのようなハイパーインフレの時代にあって、確実に富と貧困の2極化への、其の勢いに拍車を掛けることが間違いなく訪れるでしょう。

コスト面だけでなく、人々が理想的な暮らしが出来るような磁場環境であるイヤシロの完成を通じ、本当に人々が、見も心も、経済的にもゆとりのある生活が実現できるのは、土地のいやしろ化は全く持って、不可欠です。

そう言う観点からも、美と健康という観点からも、総合的に”いやしろ”できるお手伝いへ向け、私どもも
夜明けを実感し、精進の日々に浸かる覚悟で、頑張って行く所存です。

お一人お一人、直ぐに活かせるいやしろ技術是非、ご活用ください。

何なりとご質問お待ちしてます。


2008年07月01日

■いよいよ7月です

雨あがり.JPG


7月1日 (火曜日)  晴れ

一年の半分が過ぎてしまいましたね、もう後半戦です。

静かに闘志を燃やし、ガンガン、バリバリやって行きます。

写真は、昨日雨が上がった瞬間の事務所からの眺望です。この、山の隙間に、霧が立ち込め、静かな闘志を今から燃やしていいよ!って、勇気付けられているような感じで、とっても好きです。

実際、磁場を測る前に、少し水をまき、塩をまいて清めて、心も体も冷静に穏やかに着手するのですが、まるで其の状況を自然環境と、天候が重なったように思えるこの瞬間でもあるのですが。

今後色々と新作を準備しておりますが、其の資料や、ご案内のイベントの準備に追われ、本来目指すお客様とのコミュニケーションにまでたどり着くまでに至らず、実務遂行能力を高めていかなければ追いつきません。


なんと言っても、電子も、イヤシロもおくが深く、間口も広大で、業務用から、家庭用までたくさんの皆様に、ご愛顧になっている喜びをかみしめ、もっとお近づきになれるよう、この後半戦に、チャレンジして参りたいと思ってます。

前半の雨が、地を固め、力強い基盤として、精進して参ります。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-