炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■いやしろな音

アナログ誌.JPG

6月18日(水) 曇り

この数日、スケージュールが立て込み、雑務の用事も儘ならぬまま、あっという間の一週間でした。が、この仕事をしていて、一切の言い訳は通じないと、知りつつもつい、易きになびきそうになる自分を、取り戻すのに精一杯。でした。

だが然し、こんな時に恥ずかしいのですが、、、、小生が大人の憩いの雑誌、”アナログ”って言う季刊誌に、紹介されたのです。

この雑誌は、文字通りアナログ派、の好みを集中連載しているので、ついのめり込むほどに、私自身も愛読しているのですが、アナログファンにあって、それぞれ其の好みのジャンルも違ってくる。中には、時計あり、カメラあり、ウイスキーあり、万年筆あり、勿論オーディオで言えば、真空管ありの、レコードありなのです。

とにかく、自称アナログが好きですって方は、何でもオッケーって感じでしょうか。

小生は、ご多分に漏れず、レコードと、真空管の虜になって早20数年・・・・其の前は、当然レコードなのですが、真空管に手が出るほど、余裕も知識も無かったのですが、じっくりと時間を重ねるうちに、どっぷりと知らぬ間に(?)填まっていたのです。

私なんかは、アナログのファン、と言ってもそのこだわりの間口は狭く、ビンテージ好みとは言え、ある一点のその周辺が、特に好きッてところで、博識で何でも知っているわけでも無いのですが、、、。

今回、ある方のお声がけで、なんだか取材にこられる方がいて、写真も撮って良いか?
と、のお話が少し前にあり、私なんかはこだわりの枠が狭いので、対象にはなるかならないかは解りませんが、人間性までは、ご批判も無いでしょうし、この十年近く、何もいじくっても無いので、ある意味興味本位で、宜しければと軽口を叩いてしまったって訳です。

そんで持って、これまた何時の発売の雑誌にどう載るとも知らず、気にもならなくなっていたら、先般ご紹介の、黄金のおもちゃ箱オーナーであられる・天才画伯のK先生から、お電話を頂き(設計事務所の先生と近くの和風レストランで一献やっていて、良い気分が回りだした頃)。

「今日、あるところで雑誌を見ると、君が載っているぞ!」
との、お話があり、翌日朝、妻が雑誌社さんから送って来た、袋を持ってきてくれたので開いてみると、この通り写真入で(取材に着たんだから当たり前ですよね)、載っているのです。
しかも、巻頭に程近いページで・・

なんだか、不思議な気分でした、意外に、自分で見てふけたなこいつ!ッて言うのが自分の印象です。

で、肝心の内容なのですが、ご紹介したことが二つあるのです。

一つはビンテージで揃えた、音造りのなんと癒しろな事

二つ目は、この機材全てにイヤシロの黄金チャージを付けているのです。
是非皆様も、この際いやしろな音をご体験して頂けたと思ったのです。

そこで、この事務所のいやしろな音コーナーにていやしろな、理想空間でのゆったりとした、ミーティングと美味しいいやしろコーヒーを、堪能してください。

今日も、夢宝待つ(小倉の電子のお弁当屋さんで、うちの直営店)の宝弁当を買ってきて松下専務理事と、ランチミーティングです。ここは、凄く眺望も良いので、来訪して下さった方は皆様、第一声でそう仰せです。

嗚呼、今度黄金のおもちゃ箱の天才画伯をお招きし、イヤシロな絵の世界も皆様にご披露できるように頼んでみますね。

てな事で、折角アナログファンを暴露したことだし、皆様に開放してみましょうよ!
って言う、松下専務理事のご提案に乗っかり、ご披露した次第です。
それからまた、いやしろな音の世界もじっくりご紹介しますね。

皆様のオーディオルームも、瞬時にいやしとな音の世界に変身しますよ!請うご期待!!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-