炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■いやしろの達人から強くご支援頂けます

kintarou11.gif


6月12日(木) 曇り

*イラストは、いやしろ界の重鎮であり、通称いやしろ将軍です。(写真を極端に好まれず、イラストにて)


昨日の長雨の中、父の故郷であり、私の出生地(私と姉が生まれた後、現在の居住地に引越して来たらし)大分県の日田市役所へ、先祖の戸籍謄本を取りに行ってきました。

理由は、色々あるのですが、この際、知っている祖父、曽祖父、そしてその父まで、さかのぼって見てきました。これって、ある種の感動ですね。

自分のルーツを探るのは、やはり自分で調べてみると、色々な情報や、知ってみると面白いストーリーが浮かび上がるのですね。

この次は、母のルーツを調べるとしましょう。

そこで、昨日もお話した、黄金次郎さんも私同様、二宮尊徳翁の思想に感動され、実際に痩せた地を、沃土に換え、優勢化された田畑で豊かな食文化の礎と、経済を確立されたことに大きな感動を覚えるわけですが、其の中で、先ず、”分度”を確定させることが、大事と言っておられます。

其の分度に添った、至誠を尽くし、分相応の暮らしから目的に向かって、皆で精進し、必ずゴールにおける喜びを確実なものにして行ったのです。

先ず、其の正しい客観的事実を知る。これは、物事の基本と思います。

そこで、カタカムナ・相似象、静電三法を世に誕生させ、今日のいやしろ文化の礎を確立した、故・楢崎皐月翁も、その基本である、磁場の確認、計測に自ら相当のご精進をされ、その事実を知ることがもっとも大事と仰せです。

その磁場に関する計測や、客観的見かたに於いて、私自身が師事する方が、通称癒島金太郎さん、人呼んでいやしろ将軍です。

彼は、やはり先達・賢人の仰せの通り、客観的事実を先ず知ることに、大きなご努力と、ご精進されてます。
その将軍様にも、この度、我がいやしろの杜である、いやしろサポーターズのリーダーとしてご協力・御指導いただけるようになりました。

私としても、非常に光栄で、感動してます。

と、言うことで、次週~間もなく、いやしろバージョンアップのご披露間近です。


トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-