炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2008年06月30日

■雨のイヤシロ

蓮の花.JPG

6月30日 (月曜日)

ついに、月末ですね。月末業務はどうしてこうも忙しいのでしょう。

雨の降り止むことなく、しとしとと、夜中に降ってました。

朝目覚めると、其の雨で、ごみが流されてないか心配していたのですが、今回は期待が外れて良かった悪かったか。

相似象は、お掃除からと、威張って言っている自分が悲しくなるような、事務所と自宅周辺の草事情。
この一雨ごとに、ぐんぐん伸びる雑草の憎らしいことと言ったら、、、、。

昨日は、それでも正午前後を挟み、雨も降りそうで降らなさそうな隙間を縫って、今がチャンスと、2時間ばかり、我が軍が誇るトマホークを倉庫から取り出し、早速、草刈開始。

このトマホークとは、父の形見になってしまったですが、最も頼りになる、草刈機なんです。

ビニールカッターなので、ねこぞぎやっつけられるのですが、、其の分、歯の取替えが面倒なのですね。
もう慣れっこになってしまいましたが、5分から10分に掛けて必ず、チェック!

作業も、2時間たち、雨の模様も、機嫌が悪くなりそうな為、切り上げようとしたところ、丁度ガス欠。

最近の、ガソリン高騰に、混合油も湯水のようには使えず、きちっと計画通りにしなければ・・
(ガス欠の言い訳にしては、あまり説得力がないですね)

そこで、ひとまず、草刈の機材一式の片付けと、次回の準備を整え、小倉の電気屋さんに託物を取りに行って来た、帰り・・・

ふと寄り道したくなって、河内の貯水池を通ってイヤシロな山道を抜けて帰ろうと思って気分よく、アジサイの湯の前に差し掛かると、なんと工事中のため、迂回しなさい、とのこと!

ここで、”聞いてないぞ!!”と、舌打ちをして、当然誰にも、聞こえないような独り言を言いながら、少しがっかりの気分で回り道を、、、。
ふと、待てよ!!、回り道の回り道もあるぞ!
と、思ってたまに行く神社の横の公園に行って見ました。

まあ、天の神様も味方してくれて、少し晴れ間が覗く瞬間をもたらしてくれ、公園に咲く池の花をパシャ!

この時期、色々な美しい植物と遭遇できますが、この蓮の花の綺麗なこと!

掃き溜めに鶴、もいないような、この世知辛い世の中に有って、じっくり見つめられる美しさは、流石!

この蓮を見習って、周りが幾らどぶのように、よどんで居ても、俺だけは綺麗でいようと、思ったのもつかの間。事務所に帰ると、難しい問題が待っていた・・・。
月末処理を、思いだしたあ。

すぐさま、この現実の厳しさに引き戻されたのですが、この時期しか見れない美しい蓮を見れただけ、やる気を喚起し、更に精進です。

バリバリ働き、明日からの7月を健やかに気分良く迎えられるよう、ファイト一~発!!

2008年06月29日

■”きわみちゃん”です、宜しく。

きわみi.gif

6月29日(日曜)  雨上がりの瞬間です。

昨日は、某勉強会にて持ち出しの講座があり、有意義っていうか凄く実践的なご指導を受け、感銘した感情を更に、暖めるべく、その終了後、お仲間と3人で一献させていただきましたが、人生の目的が一致している方々とのお話は、全て結論から入ることができ、あっという間の数時間でした。

心や、魂の叫びって感じがするほど、人生を掛けて取り組んでみたいプロジェクトや目的を持つことはそれだけで心も安定し、ひいては、体の隅々まで充実した感覚を持てます。

美と健康は、心や生き方のイヤシロ化とも言えると思ってます。

ゴールを鮮明にイメージし、その、逆算の道をたどれば今自分の環境をどこまで、イヤシロに持っていくかでもその距離や時間が短縮されると感じます。

その大きな目的に添い、日々の習慣をイヤシロ化することは、実際難しく感じることもあるのですが、食生活をイヤシロ化することはさほど難しくなく、むしろ面白く楽しい事ばかりと思ってます。

細胞の一つ一つを、イヤシロ化し、サラサラ血が綺麗な体液を充満させ、新陳代謝が活発になり、免疫力も高まり、色々な体にとっての外敵に自然治癒力が高いレベルで活躍すれば、豊かで頑健な体力を促進し、正に健康が幸せをつかさどり、健全な精神は健全な肉体に宿ることにも置き換えられ、実現も可能と思ってます。

電子水は自然の中から生まれた、極めて小さなクラスターの構成物です、飲用水が全て電子水レベルであり、楽しく美味しい食生活の、全ての食材がこの電子レベルに仕上げ、理想的な自然治癒力で楽しい人生を創造できる頑健な肉体を作って見ましょう!

自分で出来る食生活の改善に、電子に加え、自然の中で取れるミネラルを豊富に取り入れることが出来る、商品も”きわみ”として間もなく販売できます。

マスコットガールが上のイラストの”きわみちゃん”です。

近日発売開始です。

楽しくて面白い人生は、理想環境の創造と、美しい食生活でぐっと近づけることが出きます、細胞の活性化、充実させて行きましょう。

2008年06月27日

■出雲のイヤシロチは・・・

出雲大社測定001.JPG


6月27日(金)  晴れ

ひさしぶりの晴れ間は、気持ち良いですね。

まあ昨日の運の良い事と言えば、ただご神仏のご加護に感謝するしかないと思う位ラッキーでした。

そうです、早めに出張先に伺いますと、いとも簡単なミーティングの後、用件は済みまして・・・

と、言うことはこのまま出雲大社にまっしぐらしかないよね、って感じで、松下専務理事と一直線です。
そう、目指すは、出雲大社なり。

車を走らせるも、全く地図など不要の、直感でまっしぐら(って言うか誰でもそう思いますよね)で目的地へ到着。
と、同時になれたものとは言いながら、松下専務と瞬時の役割分担ミーティングとは、磁場測定自動操縦です。

写真は、境内を本殿へ向け、はやる気持ちを抑えつつ、本殿前と周辺の磁場測定の目測しながら歩いている、白衣のおじさんが私です。

もう、表の鳥居からして、その荘厳さは凄まじさを感じました。

境内の中にある、大きな松並木のような境内も流石にバッチリ安定し、凄く心地よく歩きまして、不謹慎ながらウキウキする気分でした。

2時間に及ぶ調査の結果から、印象を申しますと流石に凄く安定していて日本の神社の特徴を全て反映しているような安定度、平均473μT(マイクロテスラ)*一軸測定で、三軸で測定すると46.5μT位の極めて高いレベルの素敵なイヤシロチでした。

詳しくは、データーを集積し、その分析を、通称いやしろ将軍に相談してまたレポートにまとめますが、紛れもなく代表的いやしろの世界を満喫できます。

計測中、色々なハプニングがありました、、、、

其の1
凄い説得力のある方々との遭遇、紛れもなく霊能者の方とお見受けしました。
其の2
巫女さんの暖かいご質問タイム。
其の3
此処は!!凄いかも?って、スポットを発見し三軸で測ると、其の通り!!
新スポット発見につい浮かれて、感動の握手(男同士で、気持ちの悪か~!ですかね)。

そんなこんなで、汗びっしょりの2時間でしたが、其の後の、出雲蕎麦の旨いことが、最高でした。しかし、執着したり、忘れられない思いを引きずってはいけないと、途中のSAって言うかドライブインで、尾道ラーメンで〆ますと、松下専務は一気にスープを飲み干し、これまたお気に入りの絶品にご指定!との、ご感想でした。

そんで、今から更なる詳細分析をいたしますが、いや、凄かったス。

折に触れ、レポートをさせて頂きます。

よのケカレチに住む方々は、是非一度このイヤシロをご体験され、如何に運気をあげるほどの、イヤシロの土地にて、日々大切な寝食を頂いて欲しいと希う一日でした。


2008年06月25日

■石鎚の荘厳な力

石鎚山.jpg
6月25日 (水)  一日雨らしいです。

昨日、夕刻前、少し晴れ間が出た合い間を見繕い、妻が事務所周り(実は自宅横)の草の一部を綺麗にしてくれました。

この雨のエネルギーはどこまで、雑草たちを野放しにしてくれるのか!と思ってますが、草を刈っただけで、あまり気持ちの良くない匂いが、周囲に立ち込めてましたが、朝は、すっかりその臭いも、夜半の雨に浄化されたのか、かき消され、雑然とした庭が、随分と明るくなり、禊のさわやかさを醸し出してくれました。

事務所の下等は、まだ荒れ放題ですが、イヤシロの理屈のその前に、先ず、伸びきった雑草の草刈が、この夏至から秋に掛けての季節の基本動作ですね。

事務所から見る、帆柱5連山も素敵なのですが、なんと言っても7月の声を聞く季節には、石鎚山の山開きが気になって仕方ありません。
写真は石鎚の頂上から、岩場を臨んだ光景ですが、絶景と言うか、近くで見ると壮大で、霊験あらたかさを、魂に打ち付けるほどずっしりと応えます。

私の我が魂の故郷って感じで、思い出すだけで、なき両親に逢えたような懐かしさをこみ上げてくれます。

生活の環境や、社会の環境、経済行為の中での雑多な仕事に埋没し、ついつい、自分の本当の魂の叫びのような、本性も忘れがちですが、我が魂の故郷に常に帰郷する鎮魂のひと時は本当に大切ですよね。

昨日、就寝前に、ある方から頂いたパワーのあるプレートを胸に抱き、正座してふと、考えてみました。

如何に、心に落ち着きのない生活に慌てているか、、、
目の前の小さな現象に、日々一喜一憂し、人生の志のずれを少しずつ忘れているような気がしまして、じっくり考える時間を作らねばと、猛然と反省。

明日は、松下専務理事にお付き合い戴き、島根県のクライアントの磁場測定に行ってまいります。

出来れば、出雲大社にお寄りしたいのですが、此処からだと車で7時間らしいです。

じっくりと自己を見つめなおすには、よき磁場のいやしろの場が必要ですね、少しの時間でも相似・共鳴してリフレッシュを図りましょう!

2008年06月24日

■連日雨

事務所裏.JPG

6月24日(火)雨

連日雨が降りますが、私の個人的見解はこの梅雨時期、何かとこまることも有るのですが、嬉しい気分にもなります。

ただ、降りすぎると崖崩れや、災害も心配ですが。

写真は、事務所2階の窓から臨む、南側の山々の光景です、雨の切れ間とかは、本当に見事な穢れを洗い流してくれたような清清しい様子と、山のくぼみに残る霧が、其の凹凸をくっきりさせてくれて、陰陽や、磁場の流れの様子を映し出してくれ、まるで、実写の映画を見ているようです。

山の高みの線を追いかけるとイヤシロの磁場がくっきりと描かれますが、この現在の環境破壊の進む世の中、それだけで判断することは大変危険でして、必ず私は、磁場測定をしてみないと、そのイヤシロチの判別はいたしません。

この、磁場計測も一軸では、大方の目安であるのは否めませんが、日々計測して無いと、常に其の変化が現れるので、其の日の目安も知っておく必要も有るからです。

この6月末に向けて、急転回の事態が目白押しで、一つ一つの事象に100%の真剣エネルギーを傾けるべく、日々、確認作業が必要になって来ました。

ただなんとなく、これまでの習慣で、出来ない実務や、環境にそぐわない条件の進捗が、社会構造をもって進化か、変化かは解りませんが、進んでいるように感じます。

エネルギー問題に取り組み、数年の年月を重ねましたが、一年一年ごとに、将来の見通しと言うか、我が日本も、この国の将来のことだけを考えて、行動できるモノでも無いし、国際社会との関連でそのエネルギーの将来像を見つけるのも、安く行くものでもなく、見通すための条件設定も、精度を高めなければ判断がことなく気がします。

と言うことで、電子の基本、いやしろの基本は、より細やかしくです。電子水もより、高いレベルの水分子、クラスターの細やかしさが証、そこにチャージする、固有振動数もよりきめ細かく無いと、できません。

仕事も、人生の設計もこと細やかしくする必要がありますね。

スモールベースボールってイチロー選手が言いってまたが、スモールマーケティングもビジネスの基本だと感じる今日この頃。

細かい粒子の雨がふっれくれればいいですね。

2008年06月21日

■ガソリン代を黄金チャージでコストダウン

USライセンス.JPG


6月21日(土)  雨です

苦節って言葉は、あまりに不遇な境地をくぐってこられた方が、そのご努力の積み重ねの期間を言うようで、自分にそれを使うのは適切ではない様な気がするのですが、このテーマを掲げて6年間その間、全くジレンマに襲われない事のない様な日が続く中で、この度、アメリカよりライセンスの証を送って来ました。


日本の特許は、一昨年の10月に頂きました。
だが然し、同時並行で進めていたこのアメリカの特許も、一端はすんなり進捗性も進歩性も、産業の貢献度あり、オッケーとの審査内容が帰ってきたので、さてそれならば、登録をと、登録を進めると、前回の審査結果とは違う内容が送ってきました、似ているようで全く異なる技術に抵触するとの見解でして、再申請をし、其処との違いを修正主張しました、最終審査となって待つこと更に半年、漸くオッケーを貰い、其処から登録の手続きをし、まあ待つこと数ヶ月・・・その結果、漸くこの一年半のずれを持って、日米の特許を並べることが出きるようになりました。

これは、オイルの変成をし、燃焼室内の、粘性を和らげ、油性を損なわない一見矛盾したような、エネルギーの改質です。

其処に、黄金チャージと、黄金比率の運輸を掛け合わせて理論完成。

実際に、いやしろサポーターズのHIROSHIさんは、フォルクスワーゲンの新しいタイプのものを愛車にされてますが、平素8.5キロ/1L平均だったものが約10キロ/1L辺り、にまで伸びたと言っておられます。

勿論、特許申請する6年前から大いに其の実証と証明をして来ましたが、上記のHIROSHIさんは最近の卑近な例です。

この外にも、燃料の黄金チャージ、燃料に添加する添加液の製造法等で特許は申請中ですが、総合的に使うことで、私達は、何とかこのガソリン代の高騰時に、一つ前の値上げ前のコストで助かってます。

これは、ガソリン車が主に対象ですが、潤滑油の黄金チャージ、添加液の利用で総合的に使うことで、
10~25%のガソリン代のカットが出来るのです。

しかも、目茶苦茶コストが掛からない。

この設備をして自分で製造しようとするならば、当然設備費は掛かりますが、潤滑油と、燃料に添加する方法なら全く初期費用や余分なコストも要らないし、不思議なくらい便利です。

いやしろって言うと、なんだかおまじないのように言う方が居られ、人を変わり者の様にされル事もあるのですが、極めて当たり前の合理的、科学的なのです。

ただ、今まで類似したモノを、身近で体験してなかったことが其の方々の印象を、勝手に決め付けてこられたのでしょうが、素直に自然界の成り立ちを考えれば極々当たりまえなのです。

自然界のエネルギーや法則を、正しく楽しく、素直に使いましょう!

2008年06月20日

■この時期、これに限りますね

寺のアジサイ.JPG


6月20日(金曜日)

今朝も早くから、週末に似つかわしく無い雑務の連続。

仕上げの原稿や、出荷の商品を仕上げてしまいたいのに、、、。
毎夜、就寝前に、部屋の明かりを消し瞑想とまでは行きませんが、心を沈め、ベッドの上で明日の行動予定を、細かにチェックし、漏れの無いようシミュレーションするのですが、悔しいことに、予定外の緊急な出来事や用事が飛び入りし、思うことの半分も進まない事が多く、その意識の低さや読みの未熟さに、
歯がゆい思いの毎日。

環境に対し自由自在に適応したり、臨機応変の処置をてきぱきとこなせる、スーパーマンのような方がたまに居られますが、どのような精神構造なのか、と、羨ましがったり、ひがんだり、はたまた、食べ物が違うのではとか、ご両親様が素晴らしい方だったとか、訳の解らない、自分のごまかし的理由づけ。

其の点、このアジサイ、7色に自分の色を自分の意思で表現できて凄いなと、思うのです。

写真は、お客様を訪問し、客間にて待たせて居たところに置かれて居た花瓶の素敵なこと!と、覆った瞬間、新聞記者になったような気分でシャッターを押してました。

いや、雨の中も、このような満開に自己表現できるアジサイさんに、少し僻んで、学習能力の無い自分に反省。

むむむ・・・いや、意識をコントロールできるシステムを知りながら、活かしきれない自分に言い訳等、通用しないですよね。

それなら、自分の意思を尊重し、就寝前に、一曲仕上げのジャズで、意識を展開しよう!っと。

折角、ジャズを好きになっていく年月・・今日は、いや、今夜から好きな曲で仕上げをするとなると、またそれで選曲の悩みが、、

アジサイ様にちなんで、先ずは、バド・パウエルのアメ-ジングvol.1から聞きますか!

*一応、梅雨なので雨とアメージングを掛けたのですが、イマイチですね、許して!

2008年06月19日

■炭で気分のいやしろ化

癒し炭.JPG


6月19日(木)雨・・この後大雨との事ですが、心配ですね。

北九州は毎年のように、台風の通過があってその季節は本当に大変ですが、現在、東北の被災された地域の皆様の一刻も早き安堵がなされればと思います。
今尚、ご不明な方もいらっしゃるとか・・この雨が災いしないよう祈るばかり。

梅雨は、気分が少し落ち込むのは、運動不足ともう一つ、オーディオの調子が今ひとつ悪くなるからです。
まあ、良いこともあるのですが、こんな時ですので、調子に乗って、はしゃが無い様にしないと・・

そこで、どうしても運動不足で、新陳代謝の循環も良くなく、心理が落ち込み加減のときは、私は先ずこの方法から、始めます。

写真は、机の横にある、茶棚の上に飾った、ガラスの花瓶(りんごの形は、以前PCをマックを使っていて、其の形にかぶれてしまった名残です)に、濡らした黄金チャージ済みの、備長炭小丸を二本入れ、更にこぼれない程度に水を差します。

更に、気分を変えて、もう一本載せます。

それを見ながら・・・・濡れた炭って、断面が綺麗なのです。ぴかっと光る奥に、ミネラルやそれを創っていく段階での歴史を感じさせる気持ちよい誘いを垣間見れます。

そして、机の下に、3本ほど、やはり濡らした、備長炭(黄金チャージ炭の半割り)を敷き、素足で其の感触を確かめるように軽い指の運動。

そうすると、電子水、備長炭の遠赤効果や、黄金チャージの力が発揮するのか、体がぽかぽかして、血行が良くなり、心も浮かんで来るような、上昇気分。

これで、今日も一日頑張れます。

だがしかし、其の前に、部屋の片付けと、床の拭き掃除は基本ですよね。

2008年06月18日

■いやしろな音

アナログ誌.JPG

6月18日(水) 曇り

この数日、スケージュールが立て込み、雑務の用事も儘ならぬまま、あっという間の一週間でした。が、この仕事をしていて、一切の言い訳は通じないと、知りつつもつい、易きになびきそうになる自分を、取り戻すのに精一杯。でした。

だが然し、こんな時に恥ずかしいのですが、、、、小生が大人の憩いの雑誌、”アナログ”って言う季刊誌に、紹介されたのです。

この雑誌は、文字通りアナログ派、の好みを集中連載しているので、ついのめり込むほどに、私自身も愛読しているのですが、アナログファンにあって、それぞれ其の好みのジャンルも違ってくる。中には、時計あり、カメラあり、ウイスキーあり、万年筆あり、勿論オーディオで言えば、真空管ありの、レコードありなのです。

とにかく、自称アナログが好きですって方は、何でもオッケーって感じでしょうか。

小生は、ご多分に漏れず、レコードと、真空管の虜になって早20数年・・・・其の前は、当然レコードなのですが、真空管に手が出るほど、余裕も知識も無かったのですが、じっくりと時間を重ねるうちに、どっぷりと知らぬ間に(?)填まっていたのです。

私なんかは、アナログのファン、と言ってもそのこだわりの間口は狭く、ビンテージ好みとは言え、ある一点のその周辺が、特に好きッてところで、博識で何でも知っているわけでも無いのですが、、、。

今回、ある方のお声がけで、なんだか取材にこられる方がいて、写真も撮って良いか?
と、のお話が少し前にあり、私なんかはこだわりの枠が狭いので、対象にはなるかならないかは解りませんが、人間性までは、ご批判も無いでしょうし、この十年近く、何もいじくっても無いので、ある意味興味本位で、宜しければと軽口を叩いてしまったって訳です。

そんで持って、これまた何時の発売の雑誌にどう載るとも知らず、気にもならなくなっていたら、先般ご紹介の、黄金のおもちゃ箱オーナーであられる・天才画伯のK先生から、お電話を頂き(設計事務所の先生と近くの和風レストランで一献やっていて、良い気分が回りだした頃)。

「今日、あるところで雑誌を見ると、君が載っているぞ!」
との、お話があり、翌日朝、妻が雑誌社さんから送って来た、袋を持ってきてくれたので開いてみると、この通り写真入で(取材に着たんだから当たり前ですよね)、載っているのです。
しかも、巻頭に程近いページで・・

なんだか、不思議な気分でした、意外に、自分で見てふけたなこいつ!ッて言うのが自分の印象です。

で、肝心の内容なのですが、ご紹介したことが二つあるのです。

一つはビンテージで揃えた、音造りのなんと癒しろな事

二つ目は、この機材全てにイヤシロの黄金チャージを付けているのです。
是非皆様も、この際いやしろな音をご体験して頂けたと思ったのです。

そこで、この事務所のいやしろな音コーナーにていやしろな、理想空間でのゆったりとした、ミーティングと美味しいいやしろコーヒーを、堪能してください。

今日も、夢宝待つ(小倉の電子のお弁当屋さんで、うちの直営店)の宝弁当を買ってきて松下専務理事と、ランチミーティングです。ここは、凄く眺望も良いので、来訪して下さった方は皆様、第一声でそう仰せです。

嗚呼、今度黄金のおもちゃ箱の天才画伯をお招きし、イヤシロな絵の世界も皆様にご披露できるように頼んでみますね。

てな事で、折角アナログファンを暴露したことだし、皆様に開放してみましょうよ!
って言う、松下専務理事のご提案に乗っかり、ご披露した次第です。
それからまた、いやしろな音の世界もじっくりご紹介しますね。

皆様のオーディオルームも、瞬時にいやしとな音の世界に変身しますよ!請うご期待!!

2008年06月13日

■産業用電子の達人登場

弁当.jpg


6月13日(金)  天晴れ!!


写真は、お弁当ですね。

そうです、いやしろのサポーターズにお弁当屋を経営される無法松の一生ならず、宝弁当の社長さんが、実践の業務を通じ色々と電子活用や、そのお仲間のイヤシロについて、ブログを立ち上げられてます。
其処に、巻き起こるご商売の様子を織り交ぜ、日々の楽しいお話を聞かせてくれます。

この宝社長は、本当に小倉で生まれ、遠賀郡で育ち、今は八幡西区にて住まいを構え、ご商売は小倉北区の西港で、工場・倉庫の立ち並ぶ地域で、もう30年近くお弁当屋さんを営んでおられます。

夢を追いかけ、宝の山を追いかけようという共通の仲間ですが、育ちの関係からも、無法松の一生に出てくる、無法者の松さんの様に、威勢が良いのですが、極めて真面目で、研究熱心な方で、10数年前より、産業電子を導入し、電子弁当を創られてます。

自らの夢を追い、宝を待っての一日一笑ということで、無法松の一生ならず、夢宝待つの一笑と呼び、ご精進をされてます。
どのような、活用にもご体験上のアドバイスは気軽にしてくださいますし、何より日々実践されてのご意見は説得力のある話で、しかも面白い。

何か、ご質問でもあれば忌憚なく仰せ下さい。


今は、ライバルも増え、ガソリン価格の高騰に始まり、各資材の高騰で、厳しいご商売が多い中、日夜工夫を凝らしておられ、見ていて非常に頼もしい限りです。

次週にはご案内できると思う、いやしろサポーターズの皆様共々、ご案内が遅くなりましたが、是非宜しくお願いします。

2008年06月12日

■いやしろの達人から強くご支援頂けます

kintarou11.gif


6月12日(木) 曇り

*イラストは、いやしろ界の重鎮であり、通称いやしろ将軍です。(写真を極端に好まれず、イラストにて)


昨日の長雨の中、父の故郷であり、私の出生地(私と姉が生まれた後、現在の居住地に引越して来たらし)大分県の日田市役所へ、先祖の戸籍謄本を取りに行ってきました。

理由は、色々あるのですが、この際、知っている祖父、曽祖父、そしてその父まで、さかのぼって見てきました。これって、ある種の感動ですね。

自分のルーツを探るのは、やはり自分で調べてみると、色々な情報や、知ってみると面白いストーリーが浮かび上がるのですね。

この次は、母のルーツを調べるとしましょう。

そこで、昨日もお話した、黄金次郎さんも私同様、二宮尊徳翁の思想に感動され、実際に痩せた地を、沃土に換え、優勢化された田畑で豊かな食文化の礎と、経済を確立されたことに大きな感動を覚えるわけですが、其の中で、先ず、”分度”を確定させることが、大事と言っておられます。

其の分度に添った、至誠を尽くし、分相応の暮らしから目的に向かって、皆で精進し、必ずゴールにおける喜びを確実なものにして行ったのです。

先ず、其の正しい客観的事実を知る。これは、物事の基本と思います。

そこで、カタカムナ・相似象、静電三法を世に誕生させ、今日のいやしろ文化の礎を確立した、故・楢崎皐月翁も、その基本である、磁場の確認、計測に自ら相当のご精進をされ、その事実を知ることがもっとも大事と仰せです。

その磁場に関する計測や、客観的見かたに於いて、私自身が師事する方が、通称癒島金太郎さん、人呼んでいやしろ将軍です。

彼は、やはり先達・賢人の仰せの通り、客観的事実を先ず知ることに、大きなご努力と、ご精進されてます。
その将軍様にも、この度、我がいやしろの杜である、いやしろサポーターズのリーダーとしてご協力・御指導いただけるようになりました。

私としても、非常に光栄で、感動してます。

と、言うことで、次週~間もなく、いやしろバージョンアップのご披露間近です。


2008年06月11日

■磁場測定の達人ご紹介

kinjiro4.gif

6月11日 (水) 雨(今は未だ降ってないけど、この後大雨の模様)

昨日ご紹介した、いやしろサポーターズの中でも、一番若くて行動派の金次郎さんです。
ご本人は、黄金チャージに出会って完全に填まってしまい、自ら金次郎から黄金次郎に進化を遂げたと改名までされ、益々、パワーアップでエネルギー全開です。

彼は、お仕事の傍ら、北九州にあって最高レベルのイヤシロチの一つ、帆柱5連山の一角を占める、花尾山(花尾城祉)公園愛護会と、河頭山公園愛護会の会長をも勤められ、日々就業前に、一時間くらい掛かると思うのですが、この二つの公園を登山して愛護活動を進められてます。もう既に、お父様の時代から数十年の歴史を持つこの愛護会だそうですが、お城の築城から800年以上たち、その歴史や、文化をもお伝えしていきたいと、ライフワークにされ、3年以上毎朝勤めされてます(お父様が先達より継承され、3年前に黄金次郎さんにバトンタッチされたそうです)

彼は、報徳爺さんの血筋ですが、その名の通り、二宮尊徳翁の報徳の精神に魅かれ、生き方や、技術面での尊徳翁 の専門分野を今の時代にあった、カリスマを目指されて居るようです。

日々、活動の中で、磁場測定器の1軸測定器やお掃除道具を持ち、各方面の磁場測定を行っておられ、山々のパワースポットを、見事な手さばきで測定し、こまめに記録されてます。

最初は、将軍様より、手ほどきを受けたようですが、今では1軸に関しては右に出る方はいないほどの
技術を身につけられてます。

報徳の精神では、先ず分度と言うものを確定させる必要があるらしく、その土地の分度に当たるものが磁場測定と仰せです。

何は、ともあれ黄金次郎さんの何かにつけての、報徳の精神には頭が下がりますが、いやしろには、いつもご協力を頂き、日々感謝して居るわけですが、彼の日々の愉快なパトロール活動にこちらまで、そのお話を満喫させていただいてます。

以前から、お話はさせていただいてましたが、このほどいやしろサポーターとして、そのブログを通じ、コミュニティにご参加いただけます。

請う。ご期待!

2008年06月10日

■報徳の精神を、爺さんより伝授いただきました。

houtoku7.jpg

6月10(火曜日) どんより雲

週末は、会長様や、皆様と、公園の愛護会活動に行ってきまして、くたばってました。

偽装問題に端を発して、日本の食文化が根底よりその信頼を揺るがせられ、石油価格の高騰に各資材やコストの跳ね上がり、年金問題や、政治の腐敗に関する不信、その由々しき問題をあざ笑い象徴するかのように、日々新たな目を覆うような殺人事件などが後を絶たず、この日本の先行きはどうなるのかますます心配になる今日です。

エネルギー問題や、食文化の刷新、身心の癒しや、環境改善など、社会的にも我が社の技術や、研究その貢献をしていかないとならない、使命を感ずるのですが、この社会に留まらず、わが社も、ある転換期を迎え、心新たに、しっかりした機軸や座標軸を確定し、この後半戦に向かいたいと思ってます。

そこで、企業の進むべく方向性は、エレクトロン技術に立脚したものである事は、紛れもなく、そこの礎となるものは楢崎皐月翁の提唱された、相似象、カタカムナ、静電三法をしっかりと更なる高みを目指して頑張って参りますが、あわせて、私の心から愛して尊敬する、二宮尊徳翁 の報徳の精神をも、経営の根幹に置いて、そのゆるぎない座標軸に定めて参りたいと常々思ってました。

そこで、イラストの報徳のお爺さんは、我が師匠ですが、弟子仲間の黄金次郎君も、日々精進される中で、その実践に精進されて居られます。

しかも、鋤鍬一本で日本の各地の荒野(ケカレチ)を沃土(イヤシロチ)にたゆまぬ努力で、成長させて行った文字通り、いやしろ=報徳の精神に学び、黄金次郎さんをはじめ、イヤシロの実践者で、その分野のカリスマ的協力者の皆さんの賛同を得、近々別途ウェブにて、その活動をご披露しながらパワーアップを図っていく所存です。

現在のところ4人の皆様のサポートからスタートしますが、多くのご協力者に集っていただけるコミュニティにして参りたいと思ってます。

詳細は別途させて頂きますが、報徳爺さん(我々はそう呼ばされておりますが、実にやさしい大大大先輩です)爺さんもまた、別途ご紹介させていただきます。

取り急ぎ、皆様へのご案内まで。

2008年06月06日

■イヤシロチシートの黄金チャージ

大丈夫.JPG
6月6日(金)  小雨後晴れ

前回、黄金チャージのシートをプレゼントと言う、大胆なサービスを公表したところ、凄く大好評でした。
そこで、この第二段って言うか、リクエストにお答えして、大!大!大!大丈夫!なシートにパワーアップして、更にプレゼント!

このシートですが、黄金チャージが完璧に入り、スッゴイパワーです。

前回のお客様に、その日の内に、数枚のプレゼントをさせていただきましたが、、、

一様に感動の御礼メールやら、電話やら、、、すばやい反応。

説明として・・・・殆どがエレクトロンチャージーをお持ちの電子水愛好者なので


この、シートは黄金チャージ済みですので、電子チャージに似た効果をもたらせてくれます。エレクトロンチャージャーの効果は、皆さん良くご存知のとおりですので、電子チャージをするようにこのシートの上に、果物や、ジュースなどお好きな食べ物で物質の変成が、なされている事をお試し下さい。
と、ご案内したのです。

勿論、電子チャージのように絶縁は不要なので、極めて簡単。

お客様からのお電話の一例 (山口県の大谷様53歳)

・弟に勧められて、始めた電子水ですが、先般送ってくれた備長炭のおまけに頂いた、シートですが、吃驚しました。初めて、エレクトロンチャージャーを買って、色々と食品の変化を試してあまりに、面白く楽しかった時と、全く同じ感動で驚きました。
シートの上に、乗せた野菜や果物、夕飯のおかずもとってもまろやかで、なんだか勿体無く感じるくらいです。とっても素敵なプレゼントに凄く感謝してます。

との内容でしたが、お電話口でも、小躍りするような姿を彷彿するようで、私も嬉しかったです。

良く考えると、私どもではゴク当たり前の現象ですが、驚かれるのも普通かなと。

ご案内の文章は、リクエストにもお応えしてますが、全ての願いが叶うことも、同じ現象ですので、今回より、”大丈夫!”を強調してみました。


食べ物の味がまろやかに成るのは、電子では当たり前ですよね。

高電動炭のご愛好者の皆様も、不思議ではないと思いますが、この次には、その他にもあるとっても、面白い黄金チャージの事例をご案内しますね。

今日は、寝不足で体がだるいのですが、私自身も、黄金チャージでファイト一発です。

2008年06月05日

■天才画伯とその癒し

niinoの旅504.JPG

絶好のイヤシロ日和の、6月5日 大雨でしたが、少し小降りです。この後天気へ向かうらしい。

今日は大雨で吃驚するほど大きな雨音で目が覚めました。

しかし、いつもそうですが、ドサーッと降った雨が急に上がって、雲の切れ間にお日様さんが顔を覗かせてくれると、どうしてあの雨が落ちて来たのだろうか?と、不思議に思えるさわやかさ、清清しさ、まるで
サウナから上がった後のコーラを飲んだ時のように、(ぁあ、此処では立場上、電子水を飲んだあと!と言うべきかな・・でもそれも良いが、炭酸のさわやかな気持ちの良い事なんすよね)スッゴク汚れた心を洗ってもらった気分になるのは、私だけでしょうか。

写真はですね、夕べの集まりの話ですが、あるレコード屋さんから、気の合う仲間たちとお客様を迎えて一献やろうじゃないかと、飲んだ後、最期まで残っていた方々の写真です。

そこで、話は、この中のある、登場人物の話です!!

是非、皆様にご紹介したいのですが、私の最も尊敬し、その方の文章に魅せられる癒し効果抜群の持ち主がこの中に居られるのです。

その方のお姿は、勝手にご想像下さい(真ん中や短髪のおじさんではありません。)

ご職業は、有名な画伯です。

その方の、素晴らしさは、先ずもってその絵です。と、言うのは当たり前すぎ。それは当たり前すぎて、答えではありません。
さっき言ってしまったけど、その天才画家に相応しい創造力が、おりなしている、頭脳の中に潜んでいる、のか”物事の見立ての手法”からする文章能力や言葉にて伝えうる世界観です。

例えば、同じ場所で、同じ時刻に、同じ対象物を見ても、単純にその対象物の形を見るのではなく、他の意味や、現象を表す見立てをされるのです。
それこそ、
レコード盤を見ても、他の方には、ただのレコード盤にしか見えなくても、この方には、それが美しい女性の心と体を指しておられる風に見えるらしいのです。
当然、男性はターンテーブルに乗っているアームとカートリッジですね。
その二つがあって初めて、愛が育み、美しくも儚いドラマや人生劇場が映し出され、人々の感動や、喜びにつながって、その世界が巡りめくると、楽しく引き込まれるようにお話してくれて、解りやすく子どもでも理解しやすい簡単な文章でご案内してくれます。

私は、この方のお話が楽しくて楽しくて、いつも心に和む、強烈なイヤシロチを発見します。

皆様のリクエストがあれば、次回たんまい教室の折に、ご案内しようと思ってます。

そんでもって、話を此処で終わらせれば、夕べ画伯に再会した意味が無い。

そうです、この方のアトリエが凄いのです。正に究極のアトリエ、私は勝手に”黄金のおもちゃ箱”と呼んでます。
見事に設えた、そのイヤシロチ(たんまいを1.5トンしてます)なのですが、磁場計測以上の安定度と、抜群のすんだ空気感。住宅街にあって、あの九重高原を髣髴させる爽快感は、炭埋の効果以上!

やはり、人の人生は、全ては土地で決まるといつも言ってますが、それはあくまでも環境の話、カニは甲羅に似せて穴を掘ると言いますが、正にこのK画伯は環境をも凌駕するイヤシロ人間。
更に、遊びに行けば、ちょっとした遊園地気分にしてくれます。

強制的に目に飛び込んでくるのは、少年時代の、夢とロマンの雨嵐。

ありとあらゆる、おもちゃが(今で言う、フィギュアから、子どもの時の憧れの道具が綺麗にずらり)貴方を
ピーターパン状態にチャージしてくれます。

私は、時折福岡(福岡市南区)に行って時間があるときに、人の迷惑顧みず、勝手に遊びに行くのですが、(実はきちんと磁場の変化の測定をしているが、いつも素晴らしい!)そこに通う、絵画教室の生徒さんも大変素敵な方々ばかり。

良い場所に、良い人が集まり、良い仕事や、素敵な関係が成り立つと、いつも言ってますが、その見本のようなアトリエ、”黄金のおもちゃ箱”

人生素敵な目標をもって、素敵な心の癒しを満喫される”K画伯の見立ての手法”に学び、いやしろの道を究めて生きたいものです。

いや、いつも癒しのお言葉に感謝します。K画伯これからも大活躍期待してます!

2008年06月02日

■黄金シートのプレゼント

黄金シール001.JPG


6月2日 (雨)

ついに6月ですね、本当にあっという間の半年。

いつもご指導を頂くマーケティングの塾長より、
「日々お客様のことを考えれば、逆に自分が何をしないといけないかが解るでしょ!」
とご指導を受けて、頭では解っていても具体的に、お客様へのご愛顧への感謝の気持ちをどのようにするかと、いつも頭をめぐらしている訳ですが、今、出来る最高のプレゼントを改めて考えて見ました。

写真は、感謝の気持ちを形にした、”黄金シート”です。

そう、これまで、ご注文を下さり、速やかにご入金を頂いた方に、いつも御礼のお手紙か、おはがきにて感謝の気持ちをお伝えしてましたところ、、、感じよく受け取ってくださり
「素的な絵ですね、和む言葉は癒されます」
「こうなプレゼントは始めてなので、飾ってますよ」
と言った、お礼のお礼をお電話や、お手紙を頂くことが良くあるので、これこそ、もっと感謝の形にすべきと思ってました。

写真のものは、あくまでもそのサンプルですが、この絵手紙そのものを”黄金チャージ”し、いやしろの世界を体験して頂こうと思った次第です。

黄金チャージって、あまりにも凄いパワーがあり、その力の凄まじさや、不思議さが尋常でない為、言葉だけでは信じて頂けず、説明もすればするほど、混乱することがあったので、敢えて割愛してました。

では、どう凄いかって、、、先ず体験談から
その①
この黄金チャージした、物(このシートでも、炭や私どもの各商品)を握って居るだけで、炭埋の上で過ごしているよう。
その②
これを手にして食事をすると、全てがまろやかに美味しく食べれて、子どもの好き嫌いがなくなった。
その③
わさびや、コーヒーの味も信じがたいくらい変化した、勿論まろやかに。
って、これもほんの一例ですが。

で、おやっと思われた方も多いと思うのですが、これは、チャージャーをお持ちの方なら普通の答えとして「エレクトロンチャージしたものと同じ効果ですよね。電極も、絶縁碍子も無いのに不思議」って皆様が仰せです。

そんな事も在って、
6月1日~7月30日まで、弊社の商品の全商品と、数量に限らず、ご用命とご入金後の御礼に、須らくこの黄金シートを、プレゼントさせて頂きます。
勿論、皆様のリクエストには出来る限りお答えさせて頂きます。

但し、弊社の商品や、弊社の営業活動にご理解をいただける方に限らせて頂きますが、今までご愛顧いただく中で、皆様凄くご協力的な中、恐縮ですが、宜しくお願いします。

これって、創っている方が手間は掛かるものの、凄く面白いのです。

色々な商品を黄金チャージしてまいりたいと思ってます。
沢山の、リクエストもお持ちしてます。

今週は雨のスタートですが、しっとりした空気の中でも味わい深い、一週間になるよう面白さ、楽しさ満載で頑張ります。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-