炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■小雨の城跡

524ameno.JPG
5月24日土曜日  雨です

今日は、嬉しい嬉しい雨の土曜日・・・しかし、仕事は出来ない。

個人の感情として、雨は単純に大好きです。

もし、仕事や環境を考えずに好きなことをして良いと、天の神様がお許しくださるならば、、
小雨の段階位ならぜんぜん平気で、野山を闊歩し、そのエネルギーをしっとりと独占チャージしたい気分に毎回なるのであります。
これは、尊敬する一級先輩と同じ感性。
この感性が一致する方と知り合えただけでも男として、人生の光栄に感じる程です。

そして、この雨が本降りになればしめたもの!部屋に閉じこもり・・・ここからが私の本領発揮。

只でもですよ、窓を閉めずとも、雨の音にかき消され、お隣様への騒音は少々漏れても大丈夫。
まして、窓を閉めて、カーテン閉めればちょっとした防音装置に早代わり・・・

そうなんです、何をするかは決まっているのです。

真空管のプリアンプのスイッチを入れた後、ターンテーブルの電源スイッチを入れ、パワーアンプのスイッチを入れて待つこと30分。・・・この順番を絶対に崩せないのだ。

その間に、ワインのコルクを慣れた手際よい裁きで開けると、ひやしたワイングラスにひたひたと注ぎ、品定め風に傾けたグラスの淵の色具合をみて、、、、静かに一人自己満足(安物でも高級品と思い込んで)し、冷凍室に隠していた例のあのおつまみを、解凍させながら、チビリチビリ・・・

そんなことであっという間の30分。

”待ちかねたぞ、武蔵!”

モノラル専用のカートリッジを乗せたアームが、私の袖をつかみながら囁きかける・・・

もう待てそうに無い、落ち着くはずの無い心の奥の、本心を慰めつつ、レコード棚から先般買って来た、オリジナルレコードを取り出す。

その時、すでに、買った時からマイルス・デイビスPRESTIGE 70148(通称小川のマイルス)446w50th st NYCを取り出す決心をしていても、、、、、その瞬間に、急遽湧き出でる自分でも解らぬ感情・・・DIPPINの赤いアルバムに目を奪われ、HANK MOBLYとLEE MORGANの神業ユニゾンのRECARD BOSSA NOBAの誘惑に逡巡する予定なき空白・・・平素は、一枚づつ完結させて次のアルバムの選曲をするゆとりの心を大切にしてるのだが、、、こういう時は、今回だけと意味の無い許可を自分に求め、何も知らなかった様に2枚取り出す。

そうこうする間に30分の、貴重な準備タイムは過ぎてゆく。

この30分が、真空管様の真骨頂の心意気を醸し出すのだ!!
して、その間に、調子に乗って酔っ払わないようにちびちびやらねば、酔っ払って、手元を狂わせ、修理の効かないカートリッジでこの大切な円盤を幾ら傷つけて後悔したことだろう。

待ちわびた、カートリッジたちの、”武蔵!”の声に、

心の中の一秒でも早く聴きたい、焦りの本心を見破られないように、佐々木小次郎流に待ちわびる、アナログ版の溝に針を静かに下ろす。

後は、仕事の事と、あの世にも恐ろしいかみさんの声を、出来ることなら、この2枚のアナログ君たちの名演奏が終わるまで、思い出さずに、そして携帯もならないことを祈るだけ。

嗚呼、雨よ、素敵な雨よ、もっともっとジャンジャン降ってくれ!!

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-