炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2008年03月29日

■電子水に強力な味方登場!

最近、イヤシロチについてのお問い合わせに併せ、家庭で日常的に出来る、健康になるための手軽な方法は無いかとのお問い合わせが増えました。

健康ブーム、癒しブームの反映でしょうか。また、相次ぐ偽装問題でも、素材や食品全体に危機感を抱いているのでしょうね。

そこでと言うわけではないのですが、弊社でも是非お勧めの商品をお届けする予定です。

それは、黄金チャージされた”ミネラルの精”つまり、ミネラル分の素です。ご案内の通り、ミネラルと言う、自然界にある健康や、美容、そして免疫力の高揚に最も肝心なものですが、残念ながら体の中で作ることができませんので、食事等で自然の食品から摂津する以外ないのです。

電子水は、言わずと知れた、クラスターの極めく小さな浸透力に長けた、高電位(体に必要なエネルギー要素)を持つもので、血液をサラサラにし、老廃物を排出させ、新陳代謝を促し、免疫力も自然治癒力も高める作用の効果が大きく期待でき、ご案内のとおり、これまで多くの方が、ご健康を取り戻し、見違えるような健康になったご体験談を頂くことに枚挙の暇がござませんでしたが、先にご案内のとおり、更に体に必要な、ミネラル分はそれぞれの体質や、状況、環境にて異なります。

また、ミネラル分で大病や、難病を克服された実例も平素多く耳にしますね。
あるドクターはこの権威で、成功例も数万件あるので安心の太鼓判を押されてます。
(ご参考までに、先生のご説明を・・http://www.super-mineral.com/video/ss/ss_001/index.htm)

この、ミネラルの原液を弊社独自の最高級エレクトロンチャージャーと、理想的なイヤシロの場で作る極めて浸透性の高い、ミネラルの素を開発しました。

これを電子水で割っていただくと最高です。

健康面だけでなく、肌の潤いや、回復、髪の潤いまで、お試し期間のお客様の声は、毎日驚きの声で耐えません。我が家では、家内と二人の娘にとって、正に、美と健康の目的に沿う必需品になってます。(家族に美を用いるのは僭越ですね・・・自己満足のためお許しを)

しかも、価格も極めてお手ごろです。

ただ今、試供品も提供を検討中です、近日グランドオープンです、請う、ご期待!

*お問い合わせ、試供品のお申し込みはいつでもオッケーです。

2008年03月26日

■再構築します

インフルエンザで先週まで寝込んでました。常に、改善を心がけてますが、この数ヶ月忙しさにかまけ、体も手入れを怠ってました。体も、実務も全て再構築しなければなりません。

実は、インフルエンザは初めてでしたが、実際に患ってトンでもない病と言うのが解りました。
熱が引いたかと思うと、又高熱、咳のひきちがれるような痛みに脅かされ、鼻水は本当に水のように流れ、筋肉はたたかれたように、痛い・・・、眼は開けていられないほどショボショボ。
今まで、実際に風邪とあまり変わらないくらいに安直に考えてましたので、人の痛みを察してない自分に大いに反省ですね。
主治医の先生はおじいちゃんですが、インフルエンザのお話は1分間のみ、後はいつも戦争のお話です。なんだか気に入っていただいているのか、軍医をされていた頃の話から、病気で死ぬ確率より、戦争やテロで死亡する確率のほうがはるかに高く、平和な世の中が如何に大切かを、ご体験や、歴史を紐解いて下さりながらご説明くださいます(毎度)。婦長さんが、後の方がお待ちですと、何度も制するにもかかわらず、それよりこの事が大事とばかりに、お話が続き、私は有りがたいやら、勿体無いやらながら。恐縮しておりました。

世界の人々の、心が荒れていると、、、世を憂いて、心を砕かれ、ご心配されるお話は実際涙が出そうでした。(昨年亡くなった、父の話に似ていたし、、、)

そこで、心が荒れる話と、磁場の話とどう関係あるか考えましょうね。
磁場の乱れがどのようになっているかと言うと、ケカレチと言うのは、正に、土地の電位が乱れ続けているのです。
次回にでも、ケカレチの代表のような場所の、大地電位の状態を計測値で計測したものを、ご案内しましょう。
それは電位の状態が荒くれているように、ばらばらで疎なのです。
こんな土地で暮らしていたら、どのような方も、当然直ぐにでも心も体も乱れるでしょうね、と頷ける気がします。
今朝も、花尾山に行って来ましたが、少しなまった体を鍛えようと。中コースを選択。
足をくねらせ、まだ初春のヒンヤリの中、汗びっしょりになって登りました。(東コース、西コース、中コースの登山道が存在します)ここは、3つの中でも自然のままの(昔からある形を保存)道を残してます。そこで、ごつごつした岩も、自然の階段も、道は石だらけなのです。
トレッキングシューズを履いてないと、初めての方などは足をくじかれると思います。途中何度も、石で足を取られそうになり、すべることも度々。慣れているので少しくらいの躓きはものともしませんが、一日中このようなデコボコの上で生活するとなると、心も乱れますよね。
その点、舗装した道、つまり細やかな素材で滑らかに表面をおおっている道路をあるいて、足を取られることも、引っかかる心配も無く安心して歩けますので、安心です。
このように、てこぼこの多い道、石ころが歩むその足を奪い、万一こければ、手を突いてもその手の平も、頭も、体も危険が一杯だし、その心配をしながら、歩いてもそのストレスが心も乱れも起こしてしまうような、環境なのです。これはあくまでも足元だけの段階です、その他にも、障害の材料が常にうごめいているのが、ケカレチの特徴です。
心を穏やかに、細かい心配りも自然に出来るような、暖かい環境に身を置きたいものです。

あなたの、環境に荒れたケカレチの材料は有りませんか?

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-