炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
2006年08月31日

■冷え性も解消し、電気毛布も必要なくなった

東京都町田市在住 久貝禮子様
 
若い時から冷え症に悩んでおりました。60歳を過ぎてからは電気毛布を離すことが無く体の水分が無くなるばかりでした。今年は、高電導炭・繊維炭の敷きパットと掛けパットを友人に紹介され、早速使わせて頂きました。布団に入ったとき暖かい感じはしませんが、体全体を軟らかく包んでくれる気持ち良さに、夜布団に入るのが楽しみな毎日です。 それと今までは冬になると一日中足の指先の冷えがひどかったのですが、足裏パットをつけるようになり、指先の冷えも全くなくなりました。お話を聞いただけでは解らなかったことが、実際使ってみて繊維炭に感謝するばかりです。

■不眠症で、睡眠薬を飲まないと眠れなかったのが、今では薬を飲まなくてもぐっすりと眠れます。

香川県讃岐市在住 植村光子様

 数年前から夜なかなか眠れなくなり、睡眠薬を飲んでいたのですが、息子から繊維炭の敷きパットと安眠アイマスクを送ってもらい使ったところ、1日目からぐっすりと眠れ、今では背筋も伸び、姿勢もよくなり、物忘れもひどかったのですが、それも減った様です。

2006年08月30日

■ホルムアルデヒドの強い臭いが1日で取れ、とても『さわやか』になりました

壁掛け用ペーパー炭のご利用になったお客様より
埼玉県さいたま市在住 高橋 昇様
 新聞記事を見て、会社に訪問し、ペーパー炭かべ掛けを購入しました。新居に引っ越したばかりで、ホルムアルデヒドの臭いが強く困っていたのですが、このペーパー炭壁掛けを2個部屋に掛けたところ、一日で取れてとても『さわやか』になりました。
 紙がこんなに凄い炭になるなんて不思議ですね。本当に素晴らしいです。

2006年08月29日

■お客様のお手紙

高電導炭の色々なご利用後のお便りや、ご感想を続けてご案内します。
お湯がまろやかになり、湯ざめもなくなりました。
東京都豊島区在住 広田様

 炭には、あまり興味が無かったので、使った事は有ませんでした。今回勧められるままに、「玉石温泉」を購入し、早速使ったところ、お風呂のお湯がピリピリせず、また温まり、久しぶりにぐっすりと眠れ、主人も私もビックリしました。 お風呂の中でプカプカ浮いて入浴の楽しさも増えましたし、浴槽の汚れも普段より少ないようでしたので、風呂掃除も楽です。 
 そして次の日、温石ネット玉、携帯電話用ストラップ、足首サポーター、開運炭玉石などを購入しました。炭と言うのは、不思議な力を持ってるのですね。虜になってしまいました。

2006年08月27日

■生茶葉炭のご利用感想

電子水を日常的に呑めない環境の方には、電子水の体験会員制度をお勧めしてますが、同時に、手軽に健康に良くて、美味しい水を楽しめる、生茶葉炭のご利用をお勧めしてます、以下生茶葉炭をご利用されてのお客さまの声を、御紹介します。

20年続いた糖尿病・一週間で血糖値230→150まで下がりました。
東京都在住・五十嵐様
 とげぬき地蔵近くの健康炭生活館に立ち寄った時に、一ヶ月310円と言う生茶葉炭「おいしいお水」をすすめられ、それを購入しました。「美味しい水」をつけた水を毎日飲んだところ、なんと糖尿病を長期間患っていたのですが、血糖値が230から150まで下がり、体調も良くなり、本当に嬉しいです。また、2年前から左膝が複雑膝関節になり、とても痛くて大きく腫れておりました。病院は勿論のこと、数万円出してゲルマニュームも購入し、膝に張っておりましたが、痛みがとれず改善できませんでした。そこで、健康炭生活館にて繊維炭入りの膝サポーターを購入し、着用してみると、なんと一日で身体も軽くなり膝の痛みも和らぎ、改善してきています。何日で完治するか楽しみです。

2006年08月04日

■登山の薦め

いやしろ地に付いて、学術的なことは、また色々な形でご案内したいと思います。また、初めていやしろ地を体系化された、皆さまご存知の”楢崎皐月先生”の相似象と、静電三法を学術的にまとまられた、楢崎研究所様とのリンクも、現在実務の調整中なので、出来次第ご案内させて戴きます。そこで、私は実生活の中で、体験している、先達のご指導や、自分自身の体験談に基づき、ココでご紹介して参りたいと思います。皆様も実際にやってみると実に面白いですよ。
いやしろ地を知るには、先ずいやしろ地に行ってみる事です。で、いやしろ地の見方は、これまた、言えばキリがありませんが、お近くの山で、できればピラミッドに近い状態(要するに山頂付近が独立した形で、ココが山頂であると明確に解るところ)の、昔から霊験あらたかと言われたり、神社等が祭られているような山で、近隣のお住まいの方から親しまれているところをお勧めします。
私は、北九州の・帆柱権現山と、その中腹の連山で花尾山 と言う山に早朝、毎日登ってます。この、花尾山には、800年前まで山城として、お城が存在してました、現在は頂上に国旗掲揚台と、展望台、そして城跡の、本丸跡があるのですが。この事も少しずつお話します。
つまり、山にはいやしろ地を学ぶ上で、非常に参考になる事象が多いのです、いやしろ地をある角度で見ると、外乱が非常に少なく、電位が高いのです。外乱とは、騒音、振動、天候の変化(気温、気圧、湿度等)等環境を構成する物理的要因です。人間でも、この外乱が常に急激に変化する場所に長くいると当然ストレスが溜まりますよね。線路の横で騒音や振動が多い場所と、海や山の静かで空気のいい場所では、ストレスの感じ方が全く異なるように、、。其処で、いやしろ地はその、外乱が極めて少ないところが多く、結果的に磁場測定器で、計測してみると、いつも同じ値か、ばらつきが少ないのです。一般の場所は、常に温度や気温、気候、天候、時間で全く異なります。其処で、外乱の少ないいやしろ地(このような霊験あらたかと言われる素晴らしい場所)に居ると、磁場を体で体感できるようになれます(熟練も条件設定も必要ですが)また、高邁な目標や目的でなくても、先ず健康にも善いですよね。
この花尾山には、登山口下の駐車場から、約30分ほどで山頂に登れます。登山コースは、東コース、西コース、中コースと有りますが、中コースが一番勾配がきつく身体を鍛えるには持って来いですが、不思議と他のコースと大幅に所用時間が異なる事は有ません。ここの山頂には、国旗掲揚台があると先にお話しましたが、実は数十年に渡って、地元にその国旗を管理して、揚げる方が居られ、代々続いてます。これも、別にお話しますが、私の父が20数年間この役割をさせて戴き、この前まで、その3代目のお役を果させて戴きましたが、高齢でもう登山が無理になりましたので、1年数ヶ月前から私が4台目として、継承しておる次第です。この、国旗掲揚も、山頂近くの公園掃除も、大きな目標ですが、この活動を通じ、この磁場の確認を毎日することで、外乱の状況も、磁場の変化もじっくり出来ると言う訳です。しかも、いやしろ地に毎日身を置くと、本当に体の健康にも、心の健康増進にも相当な効果があると確信してます。
そこで、このいやしろ地の周りには不思議な、面白い相似象が潜んでいるのです、皆様も観察することが出来ます。
今日も、旗を掲揚して来ましたが、(毎日公園掃除はしますが、国旗掲揚は晴れの日のみ・・風が強い日や、雨の日は旗が痛むので降納します)この旗が、いやしろ地でなびく姿を見るだけで清々しい気持ちになるのは、気持ちのせいだけではないと思います。
この様子を事例として皆様にもご紹介し、ご参考にして頂きたくこのページにてご案内させて戴きたいと思います。なんだか、日記的ですがよろしくお願いいたします。

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月
● 2011年01月
● 2010年12月
● 2010年11月
● 2010年10月
● 2010年09月
● 2010年08月
● 2010年07月
● 2010年06月
● 2010年05月
● 2010年04月
● 2010年03月
● 2010年02月
● 2010年01月
● 2009年12月
● 2009年11月
● 2009年10月
● 2009年09月
● 2009年08月
● 2009年07月
● 2009年06月
● 2009年05月
● 2009年04月
● 2009年03月
● 2009年02月
● 2009年01月
● 2008年12月
● 2008年11月
● 2008年10月
● 2008年09月
● 2008年08月
● 2008年07月
● 2008年06月
● 2008年05月
● 2008年04月
● 2008年03月
● 2008年02月
● 2008年01月
● 2007年12月
● 2007年11月
● 2007年07月
● 2007年06月
● 2007年03月
● 2007年02月
● 2007年01月
● 2006年11月
● 2006年09月
● 2006年08月
● 2006年07月
● 2006年06月
● 2006年04月
● 2006年03月
● 2006年02月
● 2006年01月
● 2005年12月
● 2005年11月
● 2005年10月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-